相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5588件 1~4件目を表示

2021年01月15日国内金相場は横ばい圏ながら小幅安となった一方、パラジウムは急反発し約2ヶ月ぶりの高値を更新↑

【金相場】14日のNY金相場は、次期政権が発表する米経済政策の行方に注目が集まる中、手仕舞い売りに押され反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1851.40ドル(-3.50ドル)と、横ばい圏ながら小幅安に転じて取引きを終了。バイデン次期米大統領が、新型コロナウイルス危機対応の包括的な経済対策を発表する予定で、市場では最大2兆ドル規模の大型支援策を打ち出すのではないかとの観測が広がっており、米長期金利の高止まりを背景に外国為替市場ではドル買い・ユーロ売りの流れが継続。ドル建てで取引される金商品は割高感に押され、朝方にかけて軟調に推移した。ただ、米労働省がこの日発表した週間新規失業保険申請件数は2週連続で悪化し、昨年8月以来の高水準を記録。これを受けて徐々に金の買い戻しが進んだほか、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言が報じられると値動きがやや荒くなり、一時プラス圏に浮上する場面もあった。

国内の金相場は、マイナス圏での値動きとなったNY相場を受け小幅安に。買取ベースでは1gあたり6,734円(-3円)と、横ばい圏ながら値を下げ続落となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/15  6,734円 (-3円)

01/14  6,737円 (-35円)

01/13  6,772円 (+24円)

01/12  6,748円 (-229円)

01/08  6,977円 (+29円)

01/07  6,948円 (-68円)

01/06  7,016円 (+1円)

01/05  7,015円 (+184円)

12/25  6,831円 (+20円)

12/24  6,811円 (+31円)

10日間の金相場平均価格:6,859円/g



【パラジウム相場】14日のNYパラジウム相場は、追加経済対策への期待感や株高を背景に買いが強まり続伸。中心限月の3月限は1トロイオンス2423.30ドル(+26.20ドル)と、7日相場以来およそ1週間ぶりの高値を付け、同日ぶりに節目の2400ドル台に浮上して取引きを終了。バイデン次期大統領が最大2兆ドル規模の経済対策を計画しているとの観測から、市場のリスクオンムードが高まり株式相場が上昇。パラジウムも連れて上昇し、序盤より堅調に推移した。また原油相場が約10ヶ月ぶりの高値となったほか、パウエルFRB議長が米金融当局による早期の利上げはないと示唆したことも相場の押し上げ材料となり、そのまま高値圏で引けた。

国内のパラジウム相場は、大幅続伸したNY相場を映し4営業日ぶりに急反発。買取では1gあたり8,811円(+104円)と、節目の8,800円台を突破。年初来高値を抜いて、昨年11月11日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/15  8811円 (+104円)

01/14  8707円 (-5円)

01/13  8712円 (-6円)

01/12  8718円 (-66円)

01/08  8784円 (+17円)

01/07  8767円 (-28円)

01/06  8795円 (+220円)

01/05  8575円 (+33円)

12/25  8542円 (+138円)

12/24  8404円 (+44円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,682円/g


10:55現在の金相場は1トロイオンス1857.60ドル、パラジウムは2426.90ドル、為替は1$103円74銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月15日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金6,843円(-3円)、パラジウム9,064円(+105円)、銀96.91円(+1.10円)、プラチナ4,170円(+59円)と、国内貴金属は金を除いて堅調な展開に。金は小幅安に転じたNY相場を映し、国内でも横ばい圏ながら小安く推移し続落。一方、銀はプラスサイドに反転し値を上げたほか、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を上げ上昇。パラジウムは4営業日ぶりに大幅反発し、年初来高値を更新。節目の8,800円台に乗せ、昨年11月11日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を付けたほか、プラチナは3連騰と上昇基調を継続し、2016年8月10日相場以来およそ4年5ヶ月ぶりの高値を更新しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月15日14日 海外貴金属相場

【14日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1851.40ドル(-3.50ドル)

銀:2580.20セント(+23.00セント)

パラジウム:2423.30ドル(+26.20ドル)

プラチナ:1126.40ドル(+15.70ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月14日国内貴金属はプラチナを除いてマイナス圏へ↓金は反落し、パラジウムは横ばいながら3日続落。

【金相場】13日のNY金相場は、インフレヘッジ目的の買いが優勢となり反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1854.90ドル(+10.70ドル)と、買い優勢に反転して取引きを終了。米連邦準備制度理事会(FRB)が13日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によれば、経済活動は昨年終盤に緩慢なペースで拡大した兆候が見られた。これを受け、外国為替市場ではドル高が進行。ドル建ての金商品は上値を重くする場面もあったが、バイデン次期大統領が公約する大型財政出動への期待が高まる中、インフレ高進を見込んだ金買いが再燃しプラス圏に反転浮上した。

国内の金相場は、マイナス圏に転じ反落。買取ベースでは1gあたり6,737円(-35円)と、値を落とす展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/14  6,737円 (-35円)

01/13  6,772円 (+24円)

01/12  6,748円 (-229円)

01/08  6,977円 (+29円)

01/07  6,948円 (-68円)

01/06  7,016円 (+1円)

01/05  7,015円 (+184円)

12/25  6,831円 (+20円)

12/24  6,811円 (+31円)

12/23  6,780円 (-45円)

10日間の金相場平均価格:6,872円/g


【パラジウム相場】13日のNYパラジウム相場は、財政支出拡大への期待が高まっていることや、新型コロナワクチン接種の年内本格化に伴い景気見通しが明るくなっていることが引き続き意識され堅調な展開に。中心限月の3月限は1トロイオンス2397.10ドル(+20.90ドル)と、プラス圏に反転して取引きを終了。米連邦準備制度理事会(FRB)が13日公表した地区連銀経済報告では、経済活動は昨年終盤に緩慢なペースで拡大した兆候が見られ、製造業ではほぼ全地区で回復が続いた事が意識され、パラジウムも序盤より堅調となった。また、バイデン次期大統領は14日にも経済対策方針を発表する予定で、大型財政出動への期待が高まっている事もプラス材料となり、この日は買い優勢の展開となった。

国内のパラジウムは、マイナス圏での推移し小幅安に。買取では1gあたり8,707円(-5円)と、前日同様に横ばい圏ながら小幅安で推移し、3日続落となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/14  8707円 (-5円)

01/13  8712円 (-6円)

01/12  8718円 (-66円)

01/08  8784円 (+17円)

01/07  8767円 (-28円)

01/06  8795円 (+220円)

01/05  8575円 (+33円)

12/25  8542円 (+138円)

12/24  8404円 (+44円)

12/23  8360円 (+22円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,636円/g


13:40現在の金相場は1トロイオンス1847.50ドル、パラジウムは2393.10ドル、為替は1$104円06銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5588件 1~4件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら