相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6208件 589~592件目を表示

2021年01月29日国内貴金属は軒並み値を上げ堅調に推移↑金は6営業日ぶりに反発し、パラジウムは約1週間ぶりの高値に浮上。

【金相場】28日のNY金相場は、リスク投資意欲の改善を背景に売り優勢となり6日続落。中心限月の4月限は1トロイオンス1841.20ドル(-7.70ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。28日朝に発表された2020年10~12月期の米実質GDP(国内総生産)速報値が前年比3.5%減と、リーマン・ショック後の09年以来11年ぶりのマイナス成長となったが、事前の市場予想に近い伸びとなり、米週間新規失業保険申請件数も2週連続で改善した。これを受け、株式や原油などリスク資産への投資意欲が回復し、金は序盤より売りが先行し軟調となった。一方、外国為替市場ではドルが対ユーロで下落し、ドル建て商品の割高感が和らいだほか、欧州でのワクチン供給に遅れが出ている事で、金を買う動きもあり下値は限定的となった。

国内の金相場は、円安要因や引け後の海外相場の戻りを受けて上昇。買取ベースでは1gあたり6,739円(+20円)と、6営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/29  6,739円 (+20円)

01/28  6,719円 (-2円)

01/27  6,772円 (+24円)

01/26  6,753円 (-14円)

01/25  6,767円 (-30円)

01/22  6,797円 (-4円)

01/21  7,016円 (+1円)

01/20  6,725円 (+31円)

01/19  6,694円 (+69円)

01/18  6,625円 (-109円)

10日間の金相場平均価格:6,734円/g


【パラジウム相場】28日のNYパラジウム相場は、安値拾いやリスク投資意欲の高まりを背景に買われ上昇。中心限月の3月限は1トロイオンス2322.80ドル(+11.80ドル)と、6営業日ぶりに反発して取引きを終了。この日のパラジウムは、前5日間の下落による売り過剰感が意識され、時間外取引より安値拾いが入り上昇した。また、28日朝に発表された2020年10~12月期の米実質GDP(国内総生産)速報値が市場予想に近い伸びとなり、米週間新規失業保険申請件数も2週連続で改善。これを受け、株式や原油などリスク資産への投資意欲が回復したほか、外国為替市場ではドルが対ユーロで軟調となり、割安感が意識された事も買い材料となり、相場は一時2355ドルまで上げ幅を拡大した。その後、欧州で英アストラゼネカや米ファイザーが開発した新型コロナワクチンの供給が遅れていることや、コロナ対策で規制中の中国による需要減、米国株の急伸が一服した事で上値を重くするも、そのままプラス圏を維持して引けた。

国内のパラジウム相場は、買い優勢に転じたNY相場や円安の動きを受け急反発。買取では1gあたり8,547円(+126円)と、6営業日ぶりにプラスサイドに反転し、22日相場(約1週間)ぶりの高値に値戻す展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/29  8547円 (+126円)

01/28  8421円 (±0円)

01/27  8421円 (-49円)

01/26  8470円 (-61円)

01/25  8531円 (-110円)

01/22  8641円 (-22円)

01/21  8663円 (+39円)

01/20  8624円 (-22円)

01/19  8646円 (-22円)

01/18  8668円 (-143円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,563円/g


11:20現在の金相場は1トロイオンス1846.90ドル、パラジウムは2353.70ドル、為替は1$104円51銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月29日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,848円(+20円)、パラジウム8,600円(+127円)、銀101.31円(+4.95円)、プラチナ4,034円(+29円)と、国内貴金属は軒並み値を上げ堅調に推移。金はNY相場では小安く推移し軟調地合いが継続するも、国内では円安要因や引け後の戻りを受けて上昇し6日ぶりに反発したほか、銀も急反発し8日相場以来およそ3週間ぶりの高値に回復。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を上げ、パラジウムは6営業日ぶりに急反発。22日相場(約1週間)ぶりの高値となり、プラチナは5営業日ぶりにプラス圏に反転する展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月29日28日 海外貴金属相場

【28日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1841.20ドル(-3.70ドル)

銀:2592.20セント(+53.30セント)

パラジウム:2322.30ドル(+11.80ドル)

プラチナ:1072.40ドル(-6.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月28日15:50現在の金・パラジウム・為替相場

15:40現在の金相場は1トロイオンス1845.50ドル、パラジウムは2309.85ドル、為替は1$104円28銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6208件 589~592件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら