相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5693件 4281~4284件目を表示

2016年05月16日本日の地金価格-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金4,860円(+16円)、パラジウム2,327円(-11円)、銀67.82円(±0円)、プラチナ4/046円(+1円)と、国内貴金属は週末の海外相場の値動きや、為替要因から売り買いまちまち。金はNY相場が小幅高に振れた事から、国内でも3営業日ぶりに値を上げ上昇。月初来高値を上抜いて、先月末28日相場以来およそ2週間ぶりの高値となりました。また、銀は値動きなしの横ばい、プラチナもほぼ横ばいながら小幅に値を上げた一方、パラジウムは軟調となり続落しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年05月14日週末13日 海外貴金属相場

【13日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1272.70ドル(+1.50ドル)

銀:1713.20セント(+2.90セント)

パラジウム:592.40ドル(-4.25ドル)

プラチナ:1052.10ドル(-1.90ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年05月13日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1276.15ドル、パラジウムは599.30ドル、為替は1$108円73銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日の為、休業となります。週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年05月13日国内金相場は横ばい圏ながら小幅安に。また、パラジウムは前日の上げを戻し3営業日ぶりに反落↓

【金相場】12日のNY金相場は、米国の週間新規失業保険申請件数が市場予想に反して増加したことから一時買いが強まるも、外為市場ではドルが買い戻される場面では割高感に押され売りが優勢となった。中心限月の6月限は1トロイオンス1271.20ドル(-4.30ドル)と、マイナスに転じて取引きを終了。日銀の追加緩和観測やユーロ圏の3月鉱工業生産の落ち込みなどを受けて、対円や対ユーロでドル高傾向にあったことから、序盤は割高感による売りが先行し軟調となった。その後、発表された米国の新規失業保険申請は季節調整済みで29万4000件と前週から2万件増加、市場予想の27万件増も上回り、2015年2月以来の大きさとなった。これを受け、雇用環境の悪化懸念から対ユーロでドルが軟化、ドル建てで取引される金商品は割安感から買い戻され、相場は午前中に一時プラス圏に浮上した。しかしその後、再びドルの買い戻しが優勢になると、金は割高感に押され再びマイナス圏に沈下。一方で、欧米株価が軟調となったことや、安全資産としての買い支えから下値は限定的となった。

国内金相場は、マイナスに転じた海外相場安を映すも為替要因から全体では小動きな展開となり、ほぼ横ばいのレンジ推移。小売ベースでは1gあたり4,844円(-1円)と、前日相場同様に方向感に乏しい展開となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

05/13   4844円 (-1円)

05/12   4845円 (±0円)

05/11   4845円 (+52円)

05/10   4793円 (-48円)

05/09   4841円 (+39円)

05/06   4802円 (-9円)

05/02   4811円 (-50円)

04/28   4861円 (+16円)

04/27   4843円 (+32円)

04/26   4811円 (+5円)

直近10日間の金相場平均価格:4,830円/g



【パラジウム相場】12日のNYパラジウム相場は、前日までの連騰に対する利益確定売りや、ドル高による割高感に押され相場を圧迫。中心限月の6月限は1トロイオンス596.65ドル(-11.40ドル)と、3営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。この日のパラジウムは、買いが優勢となった前日相場の流れを引き継ぎ序盤は小高く推移した。その後、前日までの連騰に対する利益確定売りが出たほか、発表されたユーロ圏の3月鉱工業生産が市場予想に反して低調な内容となった事が意識され、相場は次第に売り優勢に反転。加えて外為市場ではドルがユーロや円などに対して上昇したことから、ドル建てのパラジウムは割高感に押され下げ幅を拡大した。途中、発表された米国の週間新規失業保険申請件数が予想に反して増加し、ドル高が一服した所で一時買い戻される場面もあったが、その後再びドルが買い戻されたほか、原油相場の落ち込み、欧米株価の下落や、軟調となった他貴金属の値動きを眺めてパラジウムも売りが進み、この日はマイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、海外相場がマイナスに転じた事を映して上昇が一服。小売では1gあたり2,338円(-38円)と、前日の上げ幅をそのまま値戻し、3営業日ぶりに反落しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

05/13   2338円 (-38円)

05/12   2376円 (+38円)

05/11   2338円 (+65円)

05/10   2273円 (-70円)

05/09   2343円 (+27円)

05/06   2316円 (-76円)

05/02   2392円 (-54円)

04/28   2446円 (+16円)

04/27   2430円 (+17円)

04/26   2413円 (+5円)

直近10日のパラジウム相場平均価格:2367円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:20現在の金相場は1トロイオンス1268.85ドル、パラジウムは594.70ドル、為替は1$108円86銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5693件 4281~4284件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら