相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6276件 1925~1928件目を表示

2019年07月08日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,290円(-37円)、パラジウム5,972円(+38円)、銀59.61円(-0.76円)、プラチナ3,151円(-87円)と、国内貴金属はパラジウムを除いてマイナス圏での値動きに。金は連休明けのNY相場が利確売りに押された事を映して、国内でも値を下げ続落。また、銀も値を下げ3日続落した一方、パラジウムは唯一プラス圏で推移し反発。直近高値を抜いて、3月27日相場(5,870円)以来およそ3か月半ぶりの高値更新となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月06日週末5日 海外貴金属相場

【5日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1400.10ドル(-20.80ドル)

銀:1500.10セント(-33.50セント)

パラジウム:1564.20ドル(-1.60ドル)

プラチナ:811.40ドル(-32.20ドル)

本日は当社定休日のため、通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月05日16:00現在の金・パラジウム・為替相場

16:00現在の金相場は1トロイオンス1418.85ドル、パラジウムは1564.90ドル、為替は1$107円95銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年07月05日国内金相場は横ばいながら小幅続落したほか、パラジウムは上値追いが一服し4営業日ぶりに反落↓

【金相場】4日のNY貴金属相場は、米国の独立記念日のため休場。

国内の金相場は、横ばい圏ながら小幅安で推移し続落。小売ベースでは1gあたり5,327円(-7円)と、マイナス圏での推移となりました。

《10日間の金相場価格推移(小売)》

07/05  5327円 (-7円)

07/04  5334円 (-32円)

07/03  5366円 (+125円)

07/02  5241円 (-20円)

07/01  5261円 (-53円)

06/28  5314円 (+14円)

06/27  5300円 (+2円)

06/26  5298円 (-42円)

06/25  5340円 (+65円)

06/24  5275円 (+55円)

10日間の金相場平均価格:5,306円/g


【パラジウム相場】4日のNY貴金属相場は、米国の独立記念日のため休場。

国内のパラジウムは、4営業日ぶりに値を下げ反落。小売では1gあたり5,934円(-27円)と、前日に付けた約3か月半(3月27日相場)ぶりの高値から後退し、上値追い一服となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

07/05  5,934円 (-27円)

07/04  5,961円 (+38円)

07/03  5,923円 (+21円)

07/02  5,902円 (+27円)

07/01  5,875円 (-54円)

06/28  5,929円 (+135円)

06/27  5,794円 (+27円)

06/26  5,767円 (-75円)

06/25  5,842円 (+108円)

06/24  5,734円 (+81円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,866円/g


12:55現在の金相場は1トロイオンス1420.90ドル、パラジウムは1561.55ドル、為替は1$107円85銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6276件 1925~1928件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら