相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6222件 329~332件目を表示

2021年05月14日18:25現在の金・パラジウム・為替相場

18:25現在の金相場は1トロイオンス1839.50ドル、パラジウムは2922.75ドル、為替は1$109円35銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年05月14日国内金相場は7,000円台に値戻し、約4ヵ月ぶりの高値を更新↑一方、パラジウムは小幅ながら値を下げ3日続落↓

【金相場】13日のNY金相場は、米長期金利の低下を眺めて押し目買いが入り3営業日ぶりに反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1824.00ドル(+1.20ドル)と、小幅ながらプラス圏に反転して取引きを終了。米労働省が発表した週間新規失業保険申請は前週比4万4000件減の47万3000件と、新型コロナウイルス危機後の過去最低水準を更新。また、4月の卸売物価指数(PPI)は前月比0.6%上昇と予想より上振れする良好な結果となった。ただ、米長期金利の指標となる10年物国債利回りはこのところの上昇が一服し低下。前日に売られていた金はインフレヘッジの買いがやや優勢となり、この日はプラス圏で引けた。

国内の金相場は、小幅ながらプラスサイドに反転したNY相場を映し3営業日ぶりに反発。買取ベースでは1gあたり7,001円(+31円)と、年初の1月6日相場(7,016円)以来およそ4ヶ月ぶりの高値を更新し、同日ぶりに大台の7,000円台に回復する展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

05/13  7,001円 (+31円)

05/13  6,970円 (-13円)

05/12  6,983円 (-5円)

05/11  6,988円 (+19円)

05/10  6,969円 (+50円)

05/07  6,919円 (+97円)

05/06  6,822円 (+66円)

04/30  6,756円 (±0円)

04/28  6,756円 (+6円)

04/27  6,750円 (+32円)

10日間の金相場平均価格:6,891円/g


【パラジウム相場】13日のNYパラジウム相場は、良好な米国経済指標や、リスク選好意欲の高まり、長期金利上昇の一服を背景に買いが入り反発。中心限月の6月限は1トロイオンス2864.60ドル(+15.60ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。この日のパラジウム相場は、高値圏から調整された前日までの軟調地合いを背景に、時間外取引きより値頃感が意識され買い戻しが先行した。また、欧州時間に入るとリスク回避ムードが一服し、株式が上昇に転じる中、押し目を買われたほか、日中取引きでは発表された米国経済指標(週間新規失業保険申請・卸売物価指数)が、それぞれ予想を上回る良好な結果となった事が材料視され上げ幅を拡大。相場は一時2901ドルまで上昇した。その後、一部で利確売りも見られ値動きを荒くするも、堅調な株式市場や、長期金利の低下、ドル高一服が意識され、この日は買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、横ばい圏ながら小幅安で推移し3日続落。買取では1gあたり11,121円(-6円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/14  11,121円 (-6円)

05/13  11,127円 (-126円)

05/12  11,253円 (-33円)

05/11  11,286円 (+60円)

05/10  11,226円 (-27円)

05/07  11,253円 (-55円)

05/06  11,308円 (+66円)

04/30  11,242円 (+99円)

04/28  11,143円 (+143円)

04/27  11,000円 (+286円)

10日間のパラジウム相場平均価格:11,196円/g


11:10現在の金相場は1トロイオンス1826.90ドル、パラジウムは2899.60ドル、為替は1$109円53銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年05月14日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金7,110円(+31円)、パラジウム11,374円(-5円)、銀108.57円(-0.22円)、プラチナ4,775円(-3円)と、国内貴金属相場は一段高となった金を除いて軟調地合いが継続。金はNY相場が小幅ながらプラスサイドに反転した事を映し、国内でも値を上げ3営業日ぶりに反発。直近高値を上抜き、年初の1月6日相場(7,125円)以来およそ4ヶ月ぶりの高値を更新。一方、銀は続落したほか、白金族のパラジウム・プラチナも海外相場では反発するも、国内では横ばい圏ながら小幅安での値動きとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年05月14日13日海外貴金属相場

【13日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1824.00ドル(+1.20ドル)

銀:2705.90セント(-18.50セント)

パラジウム:2864.60ドル(+15.60ドル)

プラチナ:1206.50ドル(-19.40ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6222件 329~332件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら