相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5685件 1353~1356件目を表示

2019年06月28日27日 海外貴金属相場

【27日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1412.00ドル(-3.40ドル)

銀:1529.40セント(-8.10セント)

パラジウム:1538.90ドル(+13.20ドル)

プラチナ:817.50ドル(+0.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月27日国内貴金属は軒並み値を上げプラス圏へ反転↑

【金相場】26日のNY金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅利下げ期待の後退や、リスク回避姿勢の和らぎなどを受けて5営業日ぶりに反落。中心限月の8月限は1トロイオンス1415.40ドル(-3.30ドル)と、前日に付けた約5年10ヶ月ぶりの高値から一服し、マイナス圏に転じて取引きを終了。パウエルFRB議長は25日の講演で、早期利下げに踏み切る用意があることを改めて強調。ただ、引き下げのタイミングには言及しなかった。セントルイス連銀のブラード総裁は同日、米メディアとのインタビューで、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で想定されている程の大きな利下げは必要ないとの考えを表明した。FRB高官が相次いで大幅利下げについて慎重な姿勢を示したことを受けて、利下げムードがやや後退。最近の強気基調から、前日には約5年10カ月ぶりの高値水準となっていた事もあって利益確定の売りも出やすく、朝方から軟調な展開となった。このほか、米中通商交渉をめぐっては、ムニューシン米財務長官がこの日、「妥結への道筋がある」と発言。20カ国・地域首脳会議に合わせて、米中首脳会談が前進するのではとの思惑から、投資家のリスク姿勢が幾分和らいだことも、相場の上値を抑える結果となった。

国内の金相場は、横ばい圏ながらプラスサイドに転じ小反発。小売ベースでは1gあたり5,300円(+2円)と、小幅ながら値を上げ反発しました。米国の利下げ観測や地政学的リスクの高まりを背景に、6月に入って大幅に価格水準を切り上げている金相場は、月間では本日までに+357円/g(+6.8%)と急伸。約4年5ヵ月(2015年1月下旬相場)ぶりの高値水準で推移しております。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

06/27  5300円 (+2円)

06/26  5298円 (-42円)

06/25  5340円 (+65円)

06/24  5275円 (+55円)

06/21  5220円 (+88円)

06/20  5132円 (+21円)

06/19  5111円 (+23円)

06/18  5088円 (+2円)

06/17  5086円 (-6円)

06/14  5092円 (+28円)

直近10日間の金相場平均価格:5,194円/g


【パラジウム相場】26日のNYパラジウム相場は、利確売りやドル安一服を背景に4営業日ぶりに反落。中心限月の9月限は1トロイオンス1525.70ドル(-6.80ドル)と、前日に付けた3月25日相場来(3ヶ月ぶり)の高値から一服して取引きを終了。前日には約3ヶ月ぶり(3月25日相場来)の高値を付けるなど急騰していた事から、この日は時間外取引きより利益確定を目的とした売りに押され安寄りした。また、米連邦準備理事会(FRB)の大幅利下げが否定され、外国為替市場ではドル高に振れたことも相場の圧迫要因となった。ただ、売り一巡後は米中首脳会談に対する期待感から、投資家のリスク選好意欲が高まると買い戻しが活発化。押し目買いからプラス圏に浮上すると、一時は1535ドルまで上昇する場面もあった。

国内のパラジウムは、プラスサイドに反転し上昇。小売では1gあたり5,794円(+27円)と、値を上げ反発しました。6月に入って大幅に価格水準を切り上げているパラジウムは、月間では本日までに+670円/g(+11.9%)と一段高。約3ヶ月(3月下旬相場)ぶりの高値水準で推移しております。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

06/27  5,794円 (+27円)

06/26  5,767円 (-75円)

06/25  5,842円 (+108円)

06/24  5,734円 (+81円)

06/21  5,653円 (-65円)

06/20  5,718円 (+16円)

06/19  5,702円 (+108円)

06/18  5,594円 (±0円)

06/17  5,594円 (+59円)

06/14  5,535円 (+108円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,693円/g


11:05現在の金相場は1トロイオンス1409.15ドル、パラジウムは1521.80ドル、為替は1$107円86銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月27日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,300円(+2円)、パラジウム5,794円(+27円)、銀60.26円(+0.22円)、プラチナ3,157円(+42円)と、国内貴金属は総じて値を上げ反発。金はNY市場では利確売りから5営業日ぶりに反落したものの、国内では円安要因からプラス圏に転じ小反発。また、銀も値を上げ反発したほか、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を上げプラスサイドに反転。パラジウムはNY相場が歴代最高値水準(今年3月相場来)から後退し上値追いが一服するも、円安の進行を受けて国内ではプラス圏で推移し反発。また、プラチナも前日の下げを埋めて上昇しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月27日26日 海外貴金属相場

【26日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1415.40ドル(-3.30ドル)

銀:1529.40セント(-0.60セント)

パラジウム:1525.70ドル(-6.80ドル)

プラチナ:816.60ドル(+6.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5685件 1353~1356件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら