相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5099件 2173~2176件目を表示

2017年12月09日週末8日 海外貴金属相場

【8日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1248.40ドル(-4.70ドル)

銀:1582.30セント(+2.10セント)

パラジウム:996.40ドル(-6.55ドル)

プラチナ:ドル883.70ドル(-10.80ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月08日18:10現在の金・パラジウム・為替相場

18:10現在の金相場は1トロイオンス1251.75ドル、パラジウムは1010.25ドル、為替は1$113円49銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。また、今夜は米国の11月雇用統計発表が控えており、内容によっては貴金属・為替相場共に大きく値動く場合が御座いますので、週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月08日NY市場を映して国内金相場は軟調地合いが継続した一方、パラジウムは急伸し年初来高値水準まで再浮上↑

【金相場】7日のNY金相場は、米税制改革法案成立への楽観的な見方が根強いほか、来週の米利上げを織り込む格好で売りが優り反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1253.10ドル(-13.00ドル)と、マイナス圏に転じ、中心終値では7月末以来およそ4ヶ月ぶりの安値に戻して取引きを終了。米税制改革の審議の行方は依然不透明であるものの、年内成立への期待は根強く、この日は米国株が堅調に推移。加えて、来週予定される米連邦公開市場委員会(FOMC)で、利上げ決定を織込む形でドル買いが進んだ事も、金商品に割高感を与え相場を圧迫された。途中、中東情勢への地政学リスクへの警戒から一部買われる場面もあったが、大きな買いには繋がらず、この日はリスクオンの相場展開となった。

国内の金相場は、ドル高要因やリスク選好意欲の高まりを背景に、NY市場が売り優勢となった事を映して軟調に推移。小売ベースでは1gあたり4,956円(-28円)と、4営業日続落しました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

12/08   4956円 (-28円)

12/07   4984円 (-14円)

12/06   4998円 (-43円)

12/05   5041円 (-5円)

12/04   5046円 (+8円)

12/01   5038円 (-3円)

11/30   5041円 (-24円)

11/29   5065円 (+15円)

11/28   5050円 (+9円)

11/27   5041円 (+1円)

直近10日間の金相場平均価格:5,026円/g


【パラジウム相場】7日のNYパラジウム相場は、米税制改革の協議進展による期待感や、米国株の上昇、原油高が好感され上伸。中心限月の3月限は1トロイオンス1002.95ドル(+16.00ドル)と、1週間ぶり(1日相場)の高値に戻し、同日ぶりに1000ドル台に回復して取引きを終了。この日発表された新規失業保険申請件数が予想を下回った事や、来週予定される米FOMCで利上げを織込む動きから、外国為替市場ではドル買いが進むも、パラジウムは押し目買いからじり高となり序盤より小高く推移した。また、原油相場の上昇や、税制改革が企業利益を押し上げるとの観測に基づき米国株が上昇すると、パラジウムも上げ幅を拡大。プラチナが1年ぶりの安値圏に沈む中、パラジウムは大台の1000ドル台に再浮上した。
この日のプラチナの清算値は894.50ドル(-8.30ドル)と5日続落し、2016年12月23日以来およそ1年ぶりの安値に沈下。一方、需給バランスの観点から今年に入り大幅に価格水準を切り上げたパラジウムは約16年ぶり(2001年2月相場)の高値水準で推移し、両銘柄の価格差は12月7日時点で108.45ドル(パラジウム高)と、今年最大となった。

国内のパラジウム相場は、堅調に推移したNY相場高や円安の流れを受けて急伸。小売では1gあたり4,093円(+92円)と、年初来高値水準に再浮上する展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

12/08   4093円 (+92円)

12/07   4001円 (+38円)

12/06   3963円 (-54円)

12/05   4017円 (-87円)

12/04   4104円 (+54円)

12/01   4050円 (-5円)

11/30   4055円 (-16円)

11/29   4071円 (+102円)

11/28   3969円 (+17円)

11/27   3952円 (-38円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,028円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:10現在の金相場は1トロイオンス1250.10ドル、パラジウムは1006.75ドル、為替は1$113円32銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2017年12月08日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金4.956円(-28円)、パラジウム4,093円(+92円)、銀64.90円(-0.44円)、プラチナ3,624円(-10円)と、国内貴金属は急騰したパラジウムを除いて軟調地合いが継続。金はNY市場がドル高要因やリスク選好意欲の高まりを背景に軟化した事を受けて、国内でもマイナス圏で推移し4日続落。また、銀やプラチナもそれぞれ値を下げ、銀は4営業日、プラチナは5営業日続落と調整安の展開に。一方、パラジウムはNY相場が1000ドル台に戻すなど堅調となった事や、円安の進行もあって上げ幅を拡大。年初来高値水準に再浮上するなど一段高となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5099件 2173~2176件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら