相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5255件 209~212件目を表示

2020年05月18日国内貴金属は軒並み堅調地合いに↑金は7日続伸し史上最高値を記録したほか、パラジウムも急伸し上げ幅を拡大。

【金相場】週末15日のNY金相場は、景気低迷の長期化や米中対立激化への懸念を背景に、買い地合いが強まり4日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1756.30ドル(+15.40ドル)と、上げ幅を拡大し、中心終値では2012年10月ぶりの高値を記録した4月14日相場(1768.90ドル)以来およそ1ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。この日発表された4月の米国小売売上高は前月比-16.4%と、過去最大の減少幅を2カ月連続で更新。また、5月のニューヨーク州製造業景況指数は-48.5と、過去最低だった前月(-78.2)から改善したものの、引き続き厳しい結果となった。これら低調な経済指標を受けて、金商品は逃避需要から買いが強まり急伸。加えて、米商務省が中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する輸出禁止措置を強化すると発表。トランプ大統領は今週、中国との断交の可能性に言及しており、米中対立激化への懸念も広がっている事が金の買いを後押しし、一段高となった。

国内の金相場は、安全資産として買われ一段高で引けた週末のNY相場を映し7日続伸と上げ幅を拡大。買ベースでは1gあたり6,603円(+88円)と、初の6,600円台に浮上。歴代高値の4月24日相場(6,516円)を大きく上抜き、史上最高値を記録しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

05/18  6603円 (+88円)

05/15  6516円 (+60円)

05/14  6455円 (+37円)

05/13  6418円 (+7円)

05/12  6411円 (+5円)

05/11  6406円 (+5円)

05/08  6401円 (+101円)

05/07  6300円 (-129円)

04/27  6504円 (-12円)

10日間の金相場平均価格:6,444円/g



【パラジウム相場】週末15日のNYパラジウム相場は、値頃感による安値拾いや、他貴金属の上昇、原油高を背景に買いが強まり急伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1857.90ドル(+59.70ドル)と、月初の1日相場(1887.10ドル)以来およそ2週間ぶりの高値で取引きを終了。この日のパラジウムは、このところの調整地合いから値頃感が意識され、時間外取引より買いが先行した。また、原油相場が中国需要の回復を背景に約2ヶ月ぶり(3月半ば)の水準に浮上した事が好感され、パラジウムも連れて急騰。相場は一時1878ドル超まで上昇し一段高となった。途中、発表された米国経済指標(4月小売売上高、5月NY州製造業景況指数)が、低調な内容となった事で下押される場面もあったが、金をはじめ他貴金属の上昇や、週末を控えた持ち高調整、押し目買いが入り、そのまま高値圏で引けた。

国内のパラジウムは、急伸し2週間ぶりの高値圏に浮上したNY相場高を映し上げ幅を拡大。買取では1gあたり7,128円(+121円)と、堅調に推移し、12日相場(1週間)ぶりの高値に値戻しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/18  7128円 (+121円)

05/15  7007円 (+66円)

05/14  6941円 (-110円)

05/13  7051円 (-160円)

05/12  7211円 (+99円)

05/11  7112円 (+50円)

05/08  7062円 (+247円)

05/07  6815円 (-473円)

04/28  7288円 (-385円)

04/27  7673円 (+176円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,129円/g


11:45現在の金相場は1トロイオンス1776.90ドル、パラジウムは1959.45ドル、為替は1$107円11銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月18日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,603円(+88円)、パラジウム7,128円(+121円)、銀62.92円(+4.18円)、プラチナ3,029円(+120円)と、国内貴金属は週末のNY市場を映し総じて一段高に。金は低調な米国経済指標や、リスク回避目的からNY相場がおよそ1ヶ月ぶりの高値を付けた事を受け、国内でも上げ幅を拡大し直近では最長の7日続伸。歴代高値の4月24日相場(6,516円)を大きく上抜き、史上最高値を記録したほか、銀も急伸し3月6日相場以来およそ2ヶ月半ぶりの高値に浮上。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に急伸し、パラジウムは1週間ぶり、プラチナは3月12日相場(3,172円)以来およそ2ヶ月ぶりの高値を付け、同日ぶりに3,000円台に回復しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月16日週末15日 海外貴金属相場

【15日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1756.30ドル(+15.40ドル)

銀:1707.00セント(+91.40セント)

パラジウム:1857.90ドル(+59.70ドル)

プラチナ:817.10ドル(+42.10ドル)

本日は当社定休日のため通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月15日17:35現在の金・パラジウム・為替相場

17:35現在の金相場は1トロイオンス1750.65ドル、パラジウムは1818.90ドル、為替は1$107円06銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5255件 209~212件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら