相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6292件 321~324件目を表示

2021年06月12日週末11日海外貴金属相場

【11日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1879.60ドル(-16.80ドル)

銀:2814.60セント(+11.50セント)

パラジウム:2780.80ドル(+3.10ドル)

プラチナ:1151.10ドル(+5.10ドル)

本日は当社定休日のため通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年06月11日19:10現在の金・パラジウム・為替相場

19:10現在の金相場は1トロイオンス1896.50ドル、パラジウムは2794.55ドル、為替は1$109円48銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年06月11日国内貴金属はまちまち↑↓金は買い優勢に転じ3営業日ぶりに反発した一方、パラジウムは軟調地合いとなり3日続落。

【金相場】10日のNY金相場は、米物価指標の上振れを受けて買い戻され小幅続伸。中心限月の8月限は1トロイオンス1896.40ドル(+0.90ドル)と、横ばい圏ながら上伸して取引きを終了。この日の金相場は、時間外取引では売りが先行し安寄りした。一方、朝方発表された5月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.0%上昇と、12年9カ月ぶりの大幅な伸びとなった。これを受けて、インフレヘッジ目的などからの金買いが膨らみ、それまでの下げ幅を一掃。また、FRBは現行の金融緩和策を当面は維持するとの見方が台頭した事で長期金利が低下した事も買い材料となったほか、欧州中央銀行(ECB)が政策金利を据え置き、大規模な金融緩和策の維持を決定したことも支援材料となり、相場は一時1900ドル台に浮上する場面もあった。

国内野村金相場は、小幅続伸したNY相場を映し反発。買取ベースですは1gあたり7,268円(+20円)と、3営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

06/11  7,268円 (+20円)

06/10  7,248円 (-26円)

06/09  7,274円 (-12円)

06/08  7,286円 (+4円)

06/07  7,282円 (+44円)

06/04  7,238円 (-97円)

06/03  7,335円 (+47円)

06/02  7,288円 (-15円)

06/01  7,303円 (-19円)

05/31  7,322円 (+23円)

10日間の金相場平均価格:7,284円/g



【パラジウム相場】10日のNYパラジウム相場は、良好な米国経済指標や、前日までの下げに対する買い戻しが入り4営業日ぶりに反発。中心限月の9月限は1トロイオンス2777.70ドル(+4.90ドル)と、プラス圏に転じて取引きを終了。この日のパラジウムは、軟調となった前日相場の流れを引き継ぎ時間外取引では小安く推移した。一方、朝方発表された米週間新規失業保険申請件数は6週連続で減少し、景気回復ペースの加速を印象付ける内容となったほか、5月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比上昇率が12年9カ月ぶりの高い伸びとなり、米国の景気回復を示す内容となった事が買い材料となり、相場は次第に買い優勢となりプラス圏に反転。加えて、欧米経済の活動再開による景気回復への期待感や、原油相場が約2年8ヵ月(2018年10月中旬)ぶりの高値となった事、前日までの下げに対する反動買いから、相場は一時2786ドルまで上げ幅を拡大する場面もあった。その後、買い一巡後はドルの値動きを眺めて上値を抑えられるも、下値では押し目買いに支えられ、この日は買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、NY市場では買いに転じるも円高要因から国内では値を落とし3日続落。買取では1gあたり10,637円(-55円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/11  10,637円 (-55円)

06/10  10,692円 (-110円)

06/09  10,802円 (-83円)

06/08  10,885円 (±0円)

06/07  10,885円 (-49円)

06/04  10,934円 (-61円)

06/03  10,995円 (+66円)

06/02  10,929円 (+66円)

06/01  10,863円 (+44円)

05/31  10,819円 (+44円)

10日間のパラジウム相場平均価格:10,844円/g


14:35現在の金相場は1トロイオンス1893.30ドル、パラジウムは2770.60ドル、為替は1$109円42銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年06月11日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金7,377円(+20円)、パラジウム10,890円(-55円)、銀111.98円(+0.55円)、プラチナ4,556円(-4円)と、国内貴金属はまちまち。金はNY相場が小幅高に振れ続伸した事を映し、国内でもプラス圏で推移し3営業日ぶりに反発。また、銀も堅調に推移し続伸した一方、白金族のパラジウム・プラチナは共にマイナス圏での値動きとなり3日続落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6292件 321~324件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら