相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6222件 801~804件目を表示

2020年10月28日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金7,095円(-26円)、パラジウム8,805円(-105円)、銀92.51円(-0.33円)、プラチナ3,361円(-16円)と、国内貴金属はNY市場の値動きや円高要因から総じて値を下げ軟調に推移。金はNY相場では買い地合いが継続し3日続伸したものの、国内では為替が円高に傾斜した事を受け反落。また、銀やパラジウム、プラチナもそれぞれ値を落とし、マイナス圏での値動きとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月28日27日 海外貴金属相場

【27日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1911.90ドル(+6.20ドル)

銀:2457.00セント(+15.00セント)

パラジウム:2353.90ドル(-14.80ドル)

プラチナ:886.80ドル(+9.40ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月27日国内金相場は前日の下げを埋め4営業日ぶりに反発した一方、パラジウムは軟調地合いが継続し4日続落。

【金相場】週明け26日のNY金相場は、ドル高に上値を抑えられるも、リスクを敬遠する動きからわずかに買いが優勢となり小幅続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1905.70ドル(+0.50ドル)と、前日同様に横ばい圏ながらプラス圏で推移して取引きを終了。欧米での新型コロナウィルス感染再拡大を受け、投資家にリスクを回避する動きが広がり金は序盤より小高く推移した。また、米国株が軟調となった事も買い材料となるも、外国為替市場ではユーロ売り・ドル買いが進んだ事で割高感が意識されたほか、米国の追加経済対策の行方や、米大統領選挙を来週に控えて、積極的なポジション形成は避けたいとの思惑から、この日も方向感を欠く展開となり小幅高で引けた。

国内の金相場は、週明けのNY相場が小幅ながら上伸した事を受け上昇。買取ベースでは1gあたり7,012円(+30円)と、前日の下げを埋め戻し、4営業日ぶりに反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/27  7012円 (+30円)

10/26  6982円 (-29円)

10/23  7011円 (-54円)

10/22  7065円 (-27円)

10/21  7092円 (+34円)

10/20  7058円 (+20円)

10/19  7038円 (-12円)

10/16  7050円 (+43円

10/15  7007円 (-11円)

10/14  7018円 (-92円)

10日間の金相場平均価格:7,033円/g


【パラジウム相場】週明け26日のNYパラジウム相場は、リスク回避の動きやドル高を背景に相場を圧迫され反落。中心限月の12月限は1トロイオンス2368.70ドル(-29.90ドル)と、マイナス圏に反転して取引きを終了。この日のパラジウムは、リスク回避の流れから時間外取引より売りが先行し安寄りした。また、欧州では新型コロナ感染の第2波に見舞われている事から、逃避目的としてのドル買い・ユーロ売りが進行。ドル建てのパラジウムは他貴金属同様に割高感が意識されたほか、米国株の下げも圧迫材料となり軟調となった。その後、売り一巡後は、米国の追加経済対策の行方や、米大統領選挙を来週に控えて、様子見ムードが広がる展開となった。

国内のパラジウム相場は、売り優勢に反転した週明けのNY相場を映しマイナス圏へ。買取では1gあたり8,657円(-28円)と、値を落とし4営業日続落となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/27  8657円 (-28円)

10/26  8685円 (-49円)

10/23  87%4円 (-55円)

10/22  8789円 (-55円)

10/21  8844円 (+176円)

10/20  8668円 (+38円)

10/19  8630円 (-55円)

10/16  8685円 (+33円)

10/15  8652円 (-5円)

10/14  8657円 (-237円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,700円/g


10:50現在の金相場は1トロイオンス1911.05ドル、パラジウムは2379.80ドル、為替は1$104円79銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月27日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金7,121円(+30円)、パラジウム8,910円(-27円)、銀92.84円(-0.55円)、プラチナ3,377円(-38円)と、国内貴金属は金を除いてマイナス圏へ。金は週明けのNY相場が小幅続伸した事などから、国内でもプラス圏に反転し4営業日ぶりに反発。前日の下げを埋め戻した一方、銀やパラジウム、プラチナは海外相場が軟調となった事を受けて、マイナス圏での値動きとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6222件 801~804件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら