相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6291件 925~928件目を表示

2020年10月02日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金7,164円(+63円)、パラジウム8,783円(+27円)、銀91.30円(+1.54円)、プラチナ3,428円(+1円)と、国内貴金属は軒並み堅調に推移。金はドル安を背景に買いが優勢となったNY相場を映し、国内でも値を上げ9月18日相場以来およそ2週間ぶりの高値となったほか、銀も値を上げてプラス圏に反転。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に堅調に推移しパラジウムは反発、プラチナは横ばい圏ながら6日続伸し、9月18日相場(約2週間)ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月02日1日 海外貴金属相場

【1日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1916.30ドル(+20.80ドル)

銀:2425.40セント(+76.00セント)

パラジウム:2328.20ドル(-2.30ドル)

プラチナ:906.00ドル(-3.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月01日国内貴金属はプラチナを除き反落↓金・パラジウムは共に3営業日ぶりに値を下げマイナス圏へ反転。

【金相場】30日のNY金相場は、米追加経済対策をめぐる協議の進展期待が高まる中、米株高などを背景に売りが出て反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1895.50ドル(-7.70ドル)と、3営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。新型コロナウイルス危機に対応した米追加経済対策をめぐり、民主党のペロシ下院議長とムニューシン米財務長官が会合を開くとの報道があり、協議の進展に期待が広がった。また、米不動産業者協会(NAR)が発表した8月の中古住宅販売仮契約指数が過去最高となった。これを受けて、米景気先行き不安が後退し、米国株価が急伸。投資家のリスク回避姿勢が後退する中、安全資産としての金は売り優勢となったただ、1900ドルの心理的な節目で安値拾いの買いも入りやすく、相場の下値は限定的だった。

国内の金相場は、リスク選好意欲の高まりを背景に相場を圧迫されマイナス圏へ。買取ベースでは1gあたり6,992円(-45円)と、3営業日ぶりに反落しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/01  7274円 (+26円)

09/30  7037円 (+50円)

09/29  6987円 (+81円)

09/28  6906円 (-23円)

09/25  6929円 (+27円)

09/24  6902円 (-140円)

09/23  7042円 (-36円)

09/18  7186円 (-36円)

09/17  7222円 (-5円)

09/16  7227円 (-47円)

10日間の金相場平均価格:7,043円/g


【パラジウム相場】30日のNYパラジウム相場は、利確売りが出やすかったものの、米国株の急伸を背景に買い支えられ上伸。中心限月の12月限は1トロイオンス2330.50ドル(+1.20ドル)と、横ばい圏ながら小幅高で推移し、3営業日続伸して取引きを終了。この日のパラジウムは、急伸した前2日間の流れを受け引き継ぎ時間外取引きより買いが先行した。また、ムニューシン米財務長官は30日、投資家向け会合で「追加経済対策の合意に向けて真剣に取り組んでおり、合意は可能だという希望を持っている」と述べた事から、早期成立への期待が浮上し投資家心理が改善。米国株が急伸するとパラジウムも連れて上伸し、相場は一時2359.10ドルまで上げ幅を拡大した。ただ、このところの急伸を受けて利益を確定する売りが出やすかったほか、ユーロ高が一服した事もあって、買い一巡後は上値を抑えられる展開となった。

国内のパラジウムは、マイナス圏に反転し上伸が一服。買取では1gあたり8,503円(-11円)と、3営業日ぶりに値を下げ、反落となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/01  8503円 (-11円)

09/30  8514円 (+148円)

09/29  8366円 (+160円)

09/28  8206円 (-61円)

09/25  8267円 (+77円)

09/24  8190円 (-38円)

09/23  8228円 (-347円)

09/18  8575円 (-170円)

09/17  8745円 (-33円)

09/16  8778円 (+225円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,437円/g


13:55現在の金相場は1トロイオンス1901.55ドル、パラジウムは2339.70ドル、為替は1$105円44銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月01日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金7,101円(-29円)、パラジウム8,756円(-11円)、銀89.76円(-2.97円)、プラチナ3,427円(+33円)と、国内貴金属はプラチナを除いて反落。金はリスク選好意欲の高まりを背景にNY相場が3営業日ぶりに値を下げた事を映し、国内でもマイナス圏に転じ3営業日ぶりに反落したほか、銀も同様に3営業日ぶりに反落。また、パラジウムも前日までの急騰が一服し3営業日ぶりに値を下げた一方、プラチナは唯一買い地合いを維持し、5日続伸となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6291件 925~928件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら