相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5842件 545~548件目を表示

2020年09月01日週明け31日 海外貴金属相場

【31日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1978.60ドル(+3.70ドル)

銀:2859.40セント(+80.40セント)

パラジウム:2279.30ドル(+47.80ドル)

プラチナ:937.90ドル(-2.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月31日国内貴金属は軒並み上昇↑金は約2週間ぶりの高値となり、パラジウムは3週間ぶりの高値圏へ上伸。

【金相場】週末28日のNY金相場は、FRBの新指針を受け、金利が付かない資産である金の投資妙味が増すとの見方が改めて意識されたほか、ドル安の流れが買いを集め急反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1974.90ドル(+42.30ドル)と、18日相場以来およそ1週間半ぶりの高値で取引きを終了。なお、週間では+27.30ドル(+1.4%)と、3週ぶりにプラスで越週となった。米連邦準備制度理事会(FRB)は前日、インフレ目標を柔軟化する新方針を決定。超低金利政策が長期間維持されるとの見方からリスク投資意欲が高まる中、同日の金相場は下落していた。しかし、低金利環境で物価が上昇すれば、市場に大量に供給された資金の逃避先として金塊が選好されるとして見直され、相場は朝方にかけて買い戻しに反転。また、外国為替市場ではドルがユーロなど主要通貨に対して全面安となったことも金への割安感につながり、昼ごろには一時1983.00ドルまで急伸する場面もあった。

国内の金相場は、急反発した週末のNY相場を映し反発。買取ベースでは1gあたり7,292円(+66円)と、19日相場以来およそ2週間ぶりの高値となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

08/31  7292円 (+66円)

08/28  7226円 (-40円)

08/27  7266円 (+50円)

08/26  7216円 (+25円)

08/25  7191円 (-11円)

08/24  7208円 (-55円)

08/21  7263円 (+63円)

08/20  7200円 (-214円)

08/19  7414円 (+29円)

08/18  7385円 (+125円)

10日間の金相場平均価格:7,266円/g



【パラジウム相場】週末28日のNYパラジウム相場は、前日の下げに対する反動や、株高などリスク選好意欲の高まりを背景に買われ急反発。中心限月の12月限は1トロイオンス2231.50ドル(+41.00ドル)と、節目の2200ドルを超えて、中心終値では17日相場以来およそ2週間ぶりの高値で取引きを終了。この日のパラジウムは、売りが優勢となった前日相場の安値反動を受け、序盤より買い戻しが先行した。また、外国為替市場では主要通貨に対してドル安が進み、ドル建てで取引されるパラジウムの割安感が意識されたほか、27日に米連邦準備理事会(FRB)が低金利政策の長期化に向けた新たな政策指針を発表し、米国景気の回復を後押しするとの見方も相場を後押しし急伸。株式市場ではS&P500種は6営業日連続で過去最高値を更新し、ナスダック総合指数もこの日最高値を更新するなど、堅調となった事も意識され、パラジウムも一段高の展開となった。なお、週間では2週連続でプラスで越週となり、2週の上げ幅は+87.70ドル(+3.9%)

国内のパラジウムは、一段高となった週末のNY相場を映し上伸。買取では1gあたり8,096円(+33円)と、前営業日と同額を値上げ、11日相場以来およそ3週間ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

08/31  8096円 (+33円)

08/28  8063円 (+33円)

08/27  8030円 (±0円)

08/26  8030円 (-17円)

08/25  8047円 (+77円)

08/24  7970円 (-55円)

08/21  8025円 (-5円)

08/20  8030円 (+11円)

08/19  8019円 (+44円)

08/18  7975円 (+33円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,029円/g


12:40現在の金相場は1トロイオンス1983.05ドル、パラジウムは2244.90ドル、為替は1$105円46銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月31日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金7,385円(+66円)、パラジウム8,349円(+33円)、銀106.26円(+2.53円)、プラチナ3,555円(+7円)と、堅調となった週末のNY相場を映し、国内貴金属は軒並み上昇。金は週末のNY相場が買い戻され大幅反発した事を映し、国内でも大きく値を上げ反発。19日相場以来およそ2週間ぶりの高値となったほか、銀も大幅高に振れ、11日相場以来およそ3週間ぶりの高値を更新。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ堅調となり、パラジウムは前営業日と同額を値上げ、11日相場以来およそ3週間ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月29日週末28日 海外貴金属相場

【28日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1974.90ドル(+42.30ドル)

銀:2761.00セント(-42.40セント)

パラジウム:2197.80ドル(+38.60ドル)

プラチナ:940.00ドル(+11.90ドル)

本日は当社定休日のため通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5842件 545~548件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら