相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4950件 145~148件目を表示

2020年02月08日週末7日 海外貴金属相場

【7日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1573.40ドル(+3.40ドル)

銀:1769.20セント(-12.60セント)

パラジウム:2210.20ドル(-27.00ドル)

プラチナ:969.20ドル(+1.80ドル)

本日は当社定休日のため通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月07日18:40現在の金・パラジウム・為替相場

18:40現在の金相場は1トロイオンス1571.75ドル、パラジウムは2211.20ドル、為替は1$109円87銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月07日国内貴金属はまちまち↑↓リスクオフから金は買われた一方、パラジウムは利確売りに押され4営業日ぶりに反落。

【金相場】6日のNY金相場は、一時株高に押されるも、新型肺炎への警戒感から押し目を買われ続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1570.00ドル(+7.20ドル)と、プラス圏で取引きを終了。中国政府が6日、米国からの輸入品の一部の関税を引き下げると発表した。米中の「第1段階」の貿易合意に沿った措置だが、合意が文書通りに実行されれば、今後の米中貿易交渉が進みやすくなると受け止められ株式市場が上昇する中、金は相対的に相場を圧迫され序盤は安寄りした。しかし、新型コロナウイルスによる感染拡大の警戒感や、米連邦準備制度理事会(FRB)も緩和的な金融政策を当面の間は続けるとの見方から金を買う動きがあり、相場は次第に上昇。押し目買いも入ってプラス圏に浮上した。その後、翌日の1月米雇用統計発表を控えて様子見ムードが広がった事や、外国為替市場では対ユーロでドル高が進行した事で上値を抑えられる展開となったが、そのまま買い優勢で取引きを終えた。

国内の金相場は、買いが優ったNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり6,035円(+40円)と、6,000円台に戻し、3日に付けた直近高値水準まで再浮上しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

02/07  6035円 (+40円)

02/06  5995円 (+36円)

02/05  5959円 (-44円)

02/04  6003円 (-33円)

02/03  6036円 (+27円)

01/31  6009円 (-14円)

01/30  6023円 (+26円)

01/29  5997円 (-35円)

01/28  6032円 (+11円)

01/27  6021円 (+39円)

10日間の金相場平均価格:6,011円/g


【パラジウム相場】6日のNYパラジウム相場は、このところの高値推移に対する利確売りが出た事から軟調となり続落。中心限月の3月限は1トロイオンス2237.20ドル(-89.50ドル)と、売り優勢で取引きを終了。中国の米国製品に対する追加関税率の引き下げなどを背景に株高に振れた事を受け、パラジウムも序盤は小高く推移した。また、新型コロナウイルスによる感染拡大の動向に市場の注目が集まる中、中国が積極的に経済対策を行い、米連邦準備制度理事会(FRB)も緩和的な金融政策を当面の間は続けるとの見方から、買いに繋がった側面もあった。しかし、その後は新型肺炎への警戒感やドル高に押され軟調地合いに反転。先日4日には歴代高値まで急騰していた事による利確売りも出やすかった事で、調整される展開となった。

国内のパラジウムは、利確売りに押されたNY相場を映し上昇基調が一服。買取では1gあたり9,092円(-231円)と、4営業日ぶりに値を下げ反落しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

02/07  9092円 (-231円)

02/06  9323円 (+66円)

02/05  9257円 (+446円)

02/04  8811円 (+192円)

02/03  8619円 (-135円)

01/31  8754円 (-38円)

01/30  8792円 (+30円)

01/29  8762円 (-5円)

01/28  8767円 (-292円)

01/27  9059円 (-396円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,924円/g


13:00現在の金相場は1トロイオンス1571.15ドル、パラジウムは2228.90ドル、為替は1$109円91銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月07日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金6,122円(+39円)、パラジウム9,344円(-231円)、銀72.27円(+0.88円)、プラチナ3,847円(-76円)と、国内貴金属はNY相場を映してまちまちな展開に。金は買い優勢で引けたNY相場高を映し、国内でも堅調に推移し上伸。6,000円台に戻し、3日に付けた直近高値水準まで再浮上したほか、銀も値を伸ばし3営業日続伸。一方、白金族のパラジウム・プラチナはこのところの高値推移が意識され利確売り優勢に。それぞれ4営業日ぶりに値を下げ、上値追い一服となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4950件 145~148件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら