相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6893件 1441~1444件目を表示

2020年11月10日週明け9日 海外貴金属相場

【9日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1854.40ドル(-97.30ドル)

銀:2370.10セント(-196.10セント)

パラジウム:2499.20ドル(-0.80ドル)

プラチナ:867.40ドル(-32.00ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年11月09日週末のNY相場高を映し、国内貴金属は軒並み一段高へ↑金は約3週間ぶりの高値を付け、パラジウムは8,800円台に浮上。

【金相場】週末6日のNY金相場は、米政治の不透明感が後退しつつあり、外国為替市場でドル売りが進むと金は買いが入り上伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1951.70ドル(+4.90ドル)と、中心終値では9月18日相場以来およそ7週間ぶりの高値で取引きを終了。なお、週間では+71.80ドル(+3.82%)となった。開票作業が続く米大統領選をめぐり、金融市場は、民主党のバイデン前副大統領の勝利を織り込む動きとなり、ドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される金商品に割安感が生じ、序盤より買いが先行した。また、週末を控えた持ち高調整買いも入り金相場は一時1961.80ドルまで上げ幅を拡大する場面もあった。ただその後は一部で利益確定売りや、ドル安一服を受けて上げも一服の展開となった。

国内の金相場は、買い地合いが継続した週末のNY相場を映し上伸。買取ベースでは1gあたり7,062円(+14円)と、値を伸ばし、10月22日相場以来およそ3週間ぶりの高値となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

11/09  7,062円 (+14円)

11/06  7,048円 (+76円)

11/05  6,972円 (-31円)

11/04  7003円 (+107円)

11/02  6896円 (+40円)

10/30  6856円 (-34円)

10/29  6890円 (-95円)

10/28  6985円 (-27円)

10/27  7012円 (+30円)

10/26  6982円 (-29円)

10日間の金相場平均価格:6,971円/g


【パラジウム相場】週末6日のNYパラジウム相場は、ドル安進行や、リスク選好意欲の高まり、テクニカル要因を背景に急速に買いが強まり暴騰。中心限月の12月限は1トロイオンス2500.00ドル(+116.40ドル)と、大幅に上振れ6営業日続伸。大台の2500ドル台に乗せ、中心終値では史上最高値を記録した2月27日相場(2711.70ドル)以来およそ8ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。この日のパラジウムは、買い地合いが継続した前日相場の流れを引き継ぎ、序盤より堅調に推移した。また、米政治の不透明感が後退しつつあり、外国為替市場では対主要通貨でのドル売りが進行。ドル建のパラジウムは割安感が意識されたほか、投資家のリスク選好意欲の高まりから米国株が急伸した事で、パラジウムも連れ高となり上げ幅を拡大。加えてテクニカルな買いも巻き込み、相場は一時2512.90ドルと価格水準を切り上げる展開となった。なお、上伸した6日間の上げ幅は+301.50ドル(+12%)となった。

国内のパラジウム相場は、およそ8ヶ月ぶりの高値で引けた週末のNY相場を映し急騰。買取では1gあたり8,872円(+319円)と、節目の8,800円台に浮上。連日で大幅高の伸びとなり、10月13日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値を更新しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

11/09  8872円 (+319円)

11/06  8553円 (+226円)

11/05  8327円 (-61円)

11/04  8388円 (+220円)

11/02  8168円 (-11円)

10/30  8179円 (-159円)

10/29  8338円 (-215円)

10/28  8553円 (-104円)

10/27  8657円 (-28円)

10/26  8685円 (-49円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,472円/g


13:00現在の金相場は1トロイオンス1963.80ドル、パラジウムは2478.30ドル、為替は1$103円53銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年11月09日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金7,172円(+15円)、パラジウム9,124円(+319円)、銀96.80円(+1.87円)、プラチナ3,367円(+10円)と、国内貴金属は急伸し買い地合いが強まった週末のNY相場を映し、軒並み上げ幅を拡大し一段高へ。金は週末のNY相場がおよそ7週間ぶりの高値を付けるなど堅調に推移した事から、国内でも値を伸ばす展開となり10月22日相場以来およそ3週間ぶりの高値となったほか、銀も大幅続伸し9月18日相場以来およそ2ヶ月半ぶりの高値を更新。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を伸ばし、パラジウムはNY相場が史上最高値を記録した2月27日相場(約8ヶ月半)ぶりの高値を付けるなど一段高となった事から、国内でも連日で急騰し9,100円台へ。10月13日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年11月07日週末6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1951.70ドル(+4.90ドル)

銀:2566.20セント(+47.10セント)

パラジウム:2500.00ドル(+116.40ドル)

プラチナ:899.40ドル(-0.50ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行なっておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6893件 1441~1444件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら