相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6823件 613~616件目を表示

2021年09月17日国内貴金属はパラジウムを除いてマイナス圏へ。金は続落した一方、パラジウムは値を伸ばし続伸↑

【金相場】16日のNY金相場は、総じて良好な米国経済指標や、対ユーロでのドル高が重しとなり続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1756.70ドル(-38.10ドル)と、売り優勢で取引きを終了。米労働省が朝方発表した週間の新規失業保険申請は、3週間ぶりに悪化したが、引き続き低水準となった。一方、米商務省が発表した8月の小売売上高は、前月比0.7%増と、市場予想の0.8%減に反し、2カ月ぶりのプラスとなった。米国経済回復ペースの底堅さを確認される中、金の売りが活発化した。また、量的金融緩和策の早期縮小への警戒感を背景とした長期金利や対ユーロでのドルの上昇も、金の割高感を強め、相場の圧迫要因となった。ただ市場の次の関心は、来週開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)に向かっており、売り一巡後は1755ドル近辺で動意に乏しい展開となった。

国内の金相場は、軟調となったNY相場を映し続落。買取ベースでは1gあたり6,764円(-130円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

09/17  6,764円 (-130円)

09/16  6,894円 (-54円)

09/15  6,948円 (+19円)

09/14  6,929円 (+30円)

09/13  6,899円 (-27円)

09/10  6,926円 (-4円)

09/09  6,930円 (-25円)

09/08  6,955円 (-72円)

09/07  7,027円 (-6円)

09/06  7,033円 (+43円)

10日間の金相場平均価格:6,931円/g


【パラジウム相場】16日のNYパラジウム相場は、前日に続き最近の調整地合いによる値頃感が意識され買いが継続。中心限月の12月限は1トロイオンス2021.50ドル(+29.90ドル)と続伸し、節目の2,000ドル台に戻して取引きを終了。この日のパラジウム相場は、値頃感から買い戻しに転じた前日相場の流れを引き継ぎ、時間外取引より買いが先行し堅調となった。また、8月の米国小売売上高が予想外に増加し、米国経済回復ペースの底堅さが確認された事も買い材料となった。途中、ドルが対ユーロで上昇した事から下押される場面もあったが、押し目買いなどに支えられ、この日もプラス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、堅調となったNY相場を映し続伸。買取では1gあたり7,821円(+44円)と、値を伸ばし、プラス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/17  7,821円 (+44円)

09/16  7,777円 (+110円)

09/15  7,667円 (-391円)

09/14  8,058円 (-220円)

09/13  8,278円 (-176円)

09/10  8,454円 (-253円)

09/09  8,707円 (-478円)

09/08  9,185円 (-110円)

09/07  9,295円 (-72円)

09/06  9,367円 (+61円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,461円/g


11:50現在の金相場は1トロイオンス1798.60ドル、パラジウムは2052.85ドル、為替は1$109円30銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年09月17日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金6,873円(-130円)、パラジウム8,074円(+44円)、銀92.73円(-3.52円)、プラチナ3,756円(-51円)と、国内貴金属はパラジウムを除いてマイナス圏での値動きに。金はNY相場が軟調となった事を受け、国内でも値を下げ続落したほか、銀やプラチナもマイナス圏に転じ反落。一方、パラジウムは2000ドル台に戻すなど堅調なNY相場を映し続伸。本日唯一の上昇推移となり値を伸ばす展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年09月17日16日 海外貴金属相場

【16日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1756.70ドル(-38.10ドル)

銀:2279.40セント(-100.70セント)

パラジウム:2021.50ドル(+16.00ドル)

プラチナ:923.30ドル(-7.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年09月16日国内貴金属はまちまち↑↓金は3営業日ぶりに反落した一方、パラジウムは8営業日ぶりに反発し調整地合いが一服。

【金相場】15日のNY金相場は、堅調な米経済指標を受けて売り優勢となり3営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1794.80ドル(-12.30ドル)と、マイナス圏での値動きで取引きを終了。朝方発表されたニューヨーク州製造業景況指数が市場予想を大幅に上回ったことで、米国株が上昇する中、金は相場を圧迫され売りが先行した。また、前日には約2週間ぶりの高値を付けた事もあって、目先の利益を確定する目的の売りも出やすかった。ただ、外国為替市場では、対ユーロでドル安が優勢となった事で、相対的に金への割安感につながり下値は限定的だった。一方、前日に発表された米消費者信頼感指数(CPI)が市場予想よりも弱い内容だったこともあり、市場では強弱感が交錯。来週開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)の行方を見極めたいとの思惑もあり、終盤にかけては小動きなレンジでもみ合う展開となった。

国内の金相場は、マイナス圏に転じたNY相場を映し3営業日ぶりに反落。買取ベースでは1gあたり6,894円(-54円)と、3営業日ぶりに値を下げ、前日に付けた1週間ぶりの高値から値を落とす展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

09/16  6,894円 (-54円)

09/15  6,948円 (+19円)

09/14  6,929円 (+30円)

09/13  6,899円 (-27円)

09/10  6,926円 (-4円)

09/09  6,930円 (-25円)

09/08  6,955円 (-72円)

09/07  7,027円 (-6円)

09/06  7,033円 (+43円)

09/03  6,990円 (-22円)

10日間の金相場平均価格:6,953円/g


【パラジウム相場】15日のNYパラジウム相場は、最近の弱地合いによる安値拾いや、米国の製造業指数が大幅に改善したことで景気の減速懸念が和らいだ事による買い戻しから7営業日ぶりに反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1991.60ドル(+16.00ドル)と、調整地合いが一服して取引きを終了。この日のパラジウム相場は、売り優勢となった前日相場の流れを引き継ぎ時間外取引では軟調となり安寄りした。しかし、その後に発表された9月のNY連銀製造業景況指数が市場予想を大幅に上回り急上昇し、新規受注と出荷が大幅に持ち直したほか、販売価格は過去最高を更新するなど堅調な結果となった事を受け、投資家心理が改善。米国株が上昇するとパラジウムも買い戻しが旺盛となり反発した。また、最近の調整による売り過剰感から安値拾いも入りやすかったほか、ドルが対ユーロで軟調となった事も材料となり、この日は7営業日ぶりにプラス圏で取引きを終えた。なお、引け後の時間外取引でも買いの勢いは衰えず、11時現在では節目の2,000ドル台を超えて2051ドルまで急伸中。

国内のパラジウム相場は、買い戻されたNY相場を映し8営業日ぶりに反発。買取では1gあたり7,777円(+110円)と、プラス圏に反転し、前日までの調整地合いが一服する展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/15  7,667円 (-391円)

09/14  8,058円 (-220円)

09/13  8,278円 (-176円)

09/10  8,454円 (-253円)

09/09  8,707円 (-478円)

09/08  9,185円 (-110円)

09/07  9,295円 (-72円)

09/06  9,367円 (+61円)

09/03  9,306円 (-106円)

09/02  9,411円 (-115円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,773円/g


11:50現在の金相場は1トロイオンス1798.60ドル、パラジウムは2052.85ドル、為替は1$109円30銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6823件 613~616件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら