相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5496件 1309~1312件目を表示

2019年04月24日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金4,885円(-10円)、パラジウム5,524円(+11円)、銀60.69円(-0.76円)、プラチナ3,562円(-38円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて上昇。金は売りが優ったNY相場を映してマイナス圏で推移したほか、銀やプラチナも値を下げ続落。一方、パラジウムはNY相場が反発した事を受けて、国内でもプラス圏で推移し3営業日ぶりに上昇しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月24日23日 海外貴金属相場

【23日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1273.20ドル(-4.40ドル)

銀:1479.10セント(-18.40セント)

パラジウム:1375.60ドル(+5.80ドル)

プラチナ:893.80ドル(-8.40ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月23日国内金相場は小幅安に転じ反落したほか、パラジウムも軟調に推移し続落↓

【金相場】週明け22日のNY金相場は、売り買いが交錯する中、横ばいながら小幅高に振れ反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1277.60ドル(+1.60ドル)と、プラス圏に転じて取引きを終了。この日は外国為替市場では早朝からドルが対ユーロで軟調に推移。ドル建てで取引される金相場は割安感に支えられ、相場は徐々に上げ幅を拡大し堅調に推移した。また、米ホワイトハウスは昨年11月に再発動したイラン産原油禁輸の制裁に関し、日本など8カ国・地域への適用除外期限を延長しないと発表。米政府が全面禁輸を目指す方針を示したことを受け、イランをめぐる地政学的リスクが改めて意識されたことも、安全資産としての金需要を支えたもよう。しかし、その後は利益確定の売りなどが出て上げ幅を縮小すると、引けにかけては小幅な値動きとなった。

国内の金相場は、小幅ながら値を落とし反落。小売ベースでは1gあたり4,995円(-16円)と、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

04/23  4995円 (-16円)

04/22  5011円 (+10円)

04/19  5001円 (-2円)

04/18  5003円 (-11円)

04/17  5014円 (-37円)

04/16  5051円 (-4円)

04/15  5055円 (-2円)

04/12  5057円 (-34円)

04/11  5091円 (+5円)

04/10  5086円 (+8円)

直近10日間の金相場平均価格:5,036円/g


【パラジウム相場】週明け22日のNYパラジウム相場は、前2営業日の急騰を受けて利確売りに押され3営業日ぶりに反落。中心限月の6月限は1トロイオンス1369.80ドル(-28.70ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。前週2日間にわたって急騰した買いの流れを引き継ぎ、この日は時間外取引きでは堅調に推移し一時は1417.20ドルと、約1ヶ月(3月28日相場)ぶりの高値水準まで上昇した。また、外国為替市場ではドル安に振れた事も支援材料となった。しかし、通常取引きに入ると利益確定の売りが出た事で相場は売り優勢に反転し、マイナス圏に沈下した。

国内のパラジウムは、NY相場が連騰後の利確売りに押された事を映して続落。小売では1gあたり5,513円(-119円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

04/23  5513円 (-119円)

04/22  5632円 (-43円)

04/19  5675円 (+130円)

04/18  5545円 (+162円)

04/17  5383円 (-33円)

04/16  5416円 (-32円)

04/15  5448円 (+21円)

04/12  5427円 (-43円)

04/11  5470円 (+22円)

04/10  5448円 (-22円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,496円/g


11:35現在の金相場は1トロイオンス1278.65ドル、パラジウムは1379.80ドル、為替は1$111円80銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月23日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金4,995円(-16円)、パラジウム5,513円(-119円)、銀61.45円(-0.11円)、プラチナ3,600円(-26円)と、国内貴金属は総じて値を下げマイナス圏で推移。金は週明けのNY相場では小幅高に上昇したものの、国内ではマイナス圏で推移し反落。また、銀も値を落とし3営業日ぶりに反落したほか、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を下げ、プラチナは前日に付けた約1年1ヶ月ぶりの高値から一服となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5496件 1309~1312件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら