相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6474件 881~884件目を表示

2021年01月20日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金6,834円(+31円)、パラジウム8,877円(-22円)、銀95.59円(+0.99円)、プラチナ4,074円(-19円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金は連休明けのNY相場が堅調に推移した事から、国内でも値を伸ばし続伸したほか、銀もプラス圏で推移し続伸。一方、白金族のパラジウム・プラチナはそれぞれ値を下げ、パラジウムは3日続落、プラチナは反落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月20日19日 海外貴金属相場

【19日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1840.20ドル(+10.30ドル)

銀:2532.00セント(+45.40セント)

パラジウム:2365.00ドル(-30.10ドル)

プラチナ:1092.00ドル(+2.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月19日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金6,803円(+69円)、パラジウム8,899円(-22円)、銀94.60円(+1.76円)、プラチナ4,093円(+50円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて反発。金はNY市場では祝日のため休場だったものの、時間外取引きでの伸びを映し、国内でも堅調に推移し反発したほか、銀も値を上げプラス圏に反転。また、プラチナも値を上げ反発した一方、パラジウムは唯一の下げとなり続落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月19日週明け18日 海外貴金属相場

キング牧師誕生記念日のため休場。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6474件 881~884件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら