相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5842件 533~536件目を表示

2020年09月04日金相場はマイナス圏で推移し続落した一方、パラジウムはテクニカル要因から大幅高に振れ一段高に↑

【金相場】3日のNY金相場は、ドル高による割高感や、米国株の下げに対する換金売りに押され続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1937.80ドル(-6.90ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。この日発表された週間新規失業保険申請件数が市場予想より少なかった一方、7月の貿易収支は輸入の急増が響いて単月では最大の赤字幅となった。その後、米サプライ管理協会(ISM)が午前に発表したサービス業購買担当者景況指数(PMI)は市場予想とほぼ一致。これらの統計発表が一段落した時点では金は売り買いが交錯する展開だったものの、米株式相場が徐々に下げ足を速めると、損失補填を目的とした換金売りが台頭し軟調となった。また、外国為替市場ではドルが対ユーロで上昇した事も圧迫材料となったが、午後にかけては株価やユーロ・ドル相場の動向などを眺めながら、金を買い戻す動きも見られ、下げ幅を縮小した。

国内の金相場は、売りが優勢となったNY相場を映し続落。買取ベースでは1gあたり7,213円(-54円)と、値を下げマイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

09/04  7213円 (-54円)

09/03  7267円 (-66円)

09/02  7333円 (+10円)

09/01  7323円 (+31円)

08/31  7292円 (+66円)

08/28  7226円 (-40円)

08/27  7266円 (+50円)

08/26  7216円 (+25円)

08/25  7191円 (-11円)

08/24  7208円 (-55円)

10日間の金相場平均価格:7,254円/g


【パラジウム相場】3日のNYパラジウム相場は、前日の下げに対する値頃感や、テクニカル要因から買いが殺到し急反発。中心限月の12月限は1トロイオンス2321.60ドル(+54.10ドル)と、前日の下げを埋め、7月28日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。この日のパラジウムは、ドル高・ユーロ安を背景に序盤は売りが先行し小安く推移した。その後、安値反動から徐々に買い戻されるとプラス圏に浮上。テクニカル要因の買いを巻き込むと、相場は一時2415ドルと節目の2400ドルを突破し、3月5日相場(約6ヶ月)ぶりの高値まで急騰した。その後、発表された米国経済指標や、軟調な株価の動向を眺めて上値追いが一服するも、ドル買いがやや落ち着いた事から下値も限定的となり、そのまま買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、急騰し一段高となったNY相場を映し大幅反発。買取では1gあたり8,503円(+198円)と、節目の8,500円台に浮上。直近高値を上抜き、7月28日相場(約1ヶ月)ぶりの高値を更新するなど、価格水準を切り上げる展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/04  8305円 (+198円)

09/03  8305円 (-88円)

09/02  8393円 (+132円)

09/01  8261円 (+165円)

08/31  8096円 (+33円)

08/28  8063円 (+33円)

08/27  8030円 (±0円)

08/26  8030円 (-17円)

08/25  8047円 (+77円)

08/24  7970円 (-55円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,170円/g


11:05現在の金相場は1トロイオンス1946.90ドル、パラジウムは2348.70ドル、為替は1$106円19銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年09月04日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金7,306円(-54円)、パラジウム8,756円(+198円)、銀102.52円(-3.08円)、プラチナ3,460円(-64円)と、国内貴金属はパラジウムを除いてマイナス圏での値動きに。金はNY相場の値動きや為替要因から値を下げ続落したほか、銀もマイナス圏で推移し続落。また、プラチナも同様に値を落とし続落した一方、パラジウムは唯一堅調に推移し急反発。NY相場がテクニカル要因から一時2400ドルを突破し、約6ヶ月ぶりの高値水準まで急騰した事を受け、国内でも価格水準を切り上げ一段高に。節目の8,700円台に乗せ、7月28日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年09月04日3日 海外貴金属相場

【3日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1937.80ドル(-6.90ドル)

銀:2687.50セント(-52.00セント)

パラジウム:2321.60ドル(+54.10ドル)

プラチナ:889.60ドル(-14.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年09月03日国内貴金属は総して値を下げ反落↓金は4営業日ぶりに値を下げ、パラジウムは1ヶ月ぶりの高値から一服。

【金相場】2日のNY金相場は、利益確定を目的とした売りや、対ユーロでのドル高などを背景に売られ4営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1944.70ドル(-34.20ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日の金相場は、前日におよそ2週間ぶり(8月18日相場来)の高値を付けていた事から、利確売りが出やすく序盤より安寄りした。また、前日に米サプライ管理協会(ISM)が発表した8月の製造業景況指数を受けて、投資家の過度なリスク回避姿勢が後退し、安全資産としての金は売られやすかったほか、外国為替市場ではドル高・ユーロ安が進んだ事も圧迫材料となった。その後、米民間雇用サービス会社ADPが発表した8月の全米雇用統計では、市場予想を大幅に下回った事を受けて、一時金が買われる場面もあったが、買いは限定的となった。

国内の金相場は、ドル高や利確売りに押されたNY相場を映し反落。買取ベースでは1gあたり7,267円(-66円)と、4営業日ぶりに反落し、前日の約2週間ぶり(8月19日相場来)の高値から値を下げる展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

09/03  7267円 (-66円)

09/02  7333円 (+10円)

09/01  7323円 (+31円)

08/31  7292円 (+66円)

08/28  7226円 (-40円)

08/27  7266円 (+50円)

08/26  7216円 (+25円)

08/25  7191円 (-11円)

08/24  7208円 (-55円)

08/21  7263円 (+63円)

10日間の金相場平均価格:7,259円/g


【パラジウム相場】2日のNYパラジウム相場は、このところの急騰に対する利益確定売りや、ドル高を背景に圧迫され上値追いが一服。中心限月の12月限は1トロイオンス2267.50ドル(-43.60ドル)と、4営業日ぶりに反落して取引きを終了。前3営業日までに+5.2%(+120.60ドル)を付け、7月28日相場(約1ヶ月)ぶりの高値となっていた事から、この日は利益を確定する売りが出やすく序盤より軟調となった。また、外国為替市場ではドル高が進行した事も圧迫材料となった。一方、リスク選好意欲の高まりから、米国株ナスダックでは史上最高値、NYダウでは約6ヶ月半ぶりの高値水準を記録するなど、株式市場が堅調となった事で買いが入る場面もあったが、金の反落や原油安、ドル高が重しとなり、結局売り優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、利確売りやドル高に圧迫されたNY相場を映し反落。買取では1gあたり8,305円(-88円)と、前日までの急騰が一服し6営業日ぶりに反落。7月28日相場(約1ヶ月)ぶりの高値から下げる展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/03  8305円 (-88円)

09/02  8393円 (+132円)

09/01  8261円 (+165円)

08/31  8096円 (+33円)

08/28  8063円 (+33円)

08/27  8030円 (±0円)

08/26  8030円 (-17円)

08/25  8047円 (+77円)

08/24  7970円 (-55円)

08/21  8025円 (-5円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,122円/g


12:10現在の金相場は1トロイオンス1952.70ドル、パラジウムは2284.85ドル、為替は1$106円24銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5842件 533~536件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら