相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5898件 1113~1116件目を表示

2020年01月31日国内金相場は反落したほか、パラジウムもマイナス圏での値動きに↓

【金相場】30日のNY金相場は、新型肺炎の感染拡大懸念を背景に安全資産としての資金流入が続き続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1589.20ドル(+13.20ドル)と、直近高値の27日相場を上抜き、中心終値では2013年4月1日以来およそ7年ぶりの高値で取引きを終了。新型コロナウイルスによる肺炎の感染者は中国本土で8000人を超え、少なくとも170人が死亡。本土以外の19カ国・地域でも感染者が確認され、世界保健機関(WHO)は30日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるかどうかを判断する緊急委員会を再招集した。感染拡大のピークが見通せない状況が続く中、企業活動の停止や移動制限などの措置が相次いでおり、市場は中国や世界経済への悪影響を懸念。前日には米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が新型肺炎に対する警戒感を示し、安全資産とされる金商品には逃避目的の買いが集まり、この日は約7年ぶりの高値となった。

国内の金相場は、マイナス圏に転じ反落。買取ベースでは1gあたり6,009円(-14円)と、値を下げ反落しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/31  6009円 (-14円)

01/30  6023円 (+26円)

01/29  5997円 (-35円)

01/28  6032円 (+11円)

01/27  6021円 (+39円)

01/24  5982円 (-19円)

01/23  6001円 (+14円)

01/22  5987円 (-33円)

01/21  6020円 (+14円)

01/20  6006円 (+19円)

10日間の金相場平均価格:6,006円/g


【パラジウム相場】30日のNYパラジウム相場は、安値拾いや、テクニカル要因から買いが広がり上げ幅を拡大。中心限月の3月限は1トロイオンス2215.70ドル(+13.50ドル)と、3営業日続伸し、先週24日相場以来およそ1週間ぶりの高値で取引きを終了。この日のパラジウムは、前2日間の上昇を受けた利確売りが出たほか、新型肺炎の感染拡大への懸念が広がっている事も意識され、序盤は売りが先行した。しかし、その後は安値拾いから買い戻しが台頭。ドル安に振れたほか、テクニカルな買いが入りプラス圏に浮上すると、一時2254.40ドルまで買いが広がった。

国内のパラジウムは、マイナス圏で推移し反落。買取では1gあたり8,754円(-38円)と、値を落とし反落となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/31  8754円 (-38円)

01/30  8792円 (+30円)

01/29  8762円 (-5円)

01/28  8767円 (-292円)

01/27  9059円 (-396円)

01/24  9455円 (-335円)

01/23  9790円 (+434円)

01/22  9356円 (-462円)

01/21  9818円 (+127円)

01/20  9691円 (+742円)

10日間のパラジウム相場平均価格:9,247円/g


現在の金相場は1トロイオンス1584.35ドル、パラジウムは2209.70ドル、為替は1$108円88銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月31日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金6,096円(-14円)、パラジウム8,952円(-38円)、銀71.83円(+0.99円)、プラチナ3,744円(+11円)と、国内貴金属はまちまちな展開に。金はNY市場では買いが広がるも、円高要因から国内ではマイナス圏に転じ反落したほか、パラジウムも小幅安に振れ反落。一方、銀とプラチナは値を上げ、銀は続伸、プラチナは反発となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月31日30日 海外貴金属相場

【30日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1589.20ドル(+13.20ドル)

銀:1799.20セント(+50.50セント)

パラジウム:2215.70ドル(+13.50ドル)

プラチナ:980.50ドル(+5.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月30日国内金相場は反発し6,000円台に再浮上したほか、パラジウムもプラス圏に転じ5営業日ぶりに反発↑

【金相場】29日のNY金相場は、新型肺炎への影響拡大が意識され小反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1570.40ドル(+0.60ドル)と、横ばい圏ながら小幅高で取引きを終了。時間外取引のアジア市場で1562.00ドルまで一旦売られたが、新型のコロナウイルスによる肺炎患者は増加しており、死者も増えていることから、安全逃避的な金買いは縮小せず、日中取引きに入ると買い戻しが活発化しプラス圏に浮上した。一方、午後に米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策発表や、パウエルFRB議長の記者会見を控えている事から買い一巡後は様子見ムードが広がり引けにかけては動意に乏しい展開となった。その後、通常取引き終了後の時間外取引では、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が「新型コロナウイルスなど不確実性は残る」との見方を示したことから、安全資産としての金需要が旺盛となり1577.70ドルまで買いが広がった。

国内の金相場は、引け後に上げ幅を拡大したNY相場を映し反発。買取ベースでは1gあたり6,023円(+26円)と、プラス圏に転じ再度6,000円台に浮上しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/30  6023円 (+26円)

01/29  5997円 (-35円)

01/28  6032円 (+11円)

01/27  6021円 (+39円)

01/24  5982円 (-19円)

01/23  6001円 (+14円)

01/22  5987円 (-33円)

01/21  6020円 (+14円)

01/20  6006円 (+19円)

01/17  5987円 (-8円)

10日間の金相場平均価格:6,006円/g


【パラジウム相場】29日のNYパラジウム相場は、供給逼迫への警戒感から押し目を買われ上伸。中心限月の3月限は1トロイオンス2202.20ドル(+17.10ドル)と、節目の2200ドル台に戻して取引きを終了。この日のパラジウムは、安値拾いから買いが優勢となった前日相場の流れを引ぎ、一時2233ドル超まで買われるなど序盤より堅調に推移した。その後、日中取引きに入ると一部で利益を確定する動きが広がり売り押される場面もあったが、金の戻りや供給逼迫への先行き懸念、ドルが軟調になる場面では割安感も意識され、結局2200ドル台を維持して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、堅調に推移したNY相場を映して上昇。買取では1gあたり8,822円(+60円)と、5営業日ぶりに値を上げ、調整地合いが一服となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/30  8822円 (+60円)

01/29  8762円 (-5円)

01/28  8767円 (-292円)

01/27  9059円 (-396円)

01/24  9455円 (-335円)

01/23  9790円 (+434円)

01/22  9356円 (-462円)

01/21  9818円 (+127円)

01/20  9691円 (+742円)

01/17  8949円 (+171円)

10日間のパラジウム相場平均価格:9,247円/g


12:00現在の金相場は1トロイオンス1584.35ドル、パラジウムは2209.70ドル、為替は1$108円88銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5898件 1113~1116件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら