相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4952件 429~432件目を表示

2019年09月25日金・パラジウムはそれぞれ上値追いの展開となり、共に史上最高値を更新↑

【金相場】24日のNY金相場は、米政治不安などを意識した買いが入り上伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1540.20ドル(+8.70ドル)と、中心終値では2013年4月11日相場(およそ6年5ヵ月ぶり)の高値を記録した4日相場(3週間)ぶりの高値で取引きを終了。この日発表された9月の米国消費者信頼感指数が市場予想を下回ったことから、ドル安に振れる中、金は割安感が意識され買いが入った。また、トランプ米大統領が国連で中国の通商慣行を厳しく非難したことや、大統領弾劾を巡る不透明感を受け、投資家が運用リスクを回避する動きを強めたことで、金への逃避需要が旺盛となり、この日も堅調地合いの展開となった。

国内の金相場は、一段高となったNY相場を映して3営業日続伸。小売ベースでは1gあたり5,751円(+16円)と、歴代高値を記録した5日相場と並び、史上最高値水準に再浮上しました。

《10日間の金相場価格推移(小売)》

09/25  5751円 (+16円)

09/24  5735円 (+61円)

09/20  5674円 (+9円)

09/19  5665円 (-22円)

09/18  5687円 (+22円)

09/17  5665円 (-13円)

09/13  5678円 (+35円)

09/12  5643円 (+35円)

09/11  5608円 (-14円)

09/10  5622円 (-14円)

10日間の金相場平均価格:5,673円/g


【パラジウム相場】24日のNYパラジウム相場は、ドル安や供給不安の高まりを背景に買い地合いが継続して上伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1646.40ドル(+20.80ドル)と、4営業日続伸し、前日に続いて史上最高値を記録して取引きを終了。9月米消費者信頼感指数が市場予想を下回ったこと、トランプ米大統領が国連で中国の通商慣行を厳しく非難したこと、大統領弾劾を巡る不透明感を受け、外国為替市場ではドル安が進行。ドル建てのパラジウムは、割安感が意識され買いが先行した。また、供給逼迫を背景に、前日には一代高値を更新した勢いを引き継ぎ、上げ幅を拡大。そのまま堅調地合いを維持し、20ドル以上の上げ幅で引けた。

国内のパラジウムは、一代高値を再更新するなど堅調となったNY相場を映して上伸。小売では1gあたり6,339円(+27円)と、連日で歴代高値を更新となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

09/25  6339円 (+27円)

09/24  6312円 (+129円)

09/20  6183円 (+114円)

09/19  5665円 (-22円)

09/18  5687円 (+22円)

09/17  5665円 (-13円)

09/13  5678円 (+35円)

09/12  5643円 (+35円)

09/11  5608円 (-14円)

09/10  5622円 (-14円)

10日間のパラジウム相場平均価格:6,103円/g


12:10現在の金相場は1トロイオンス1531.25ドル、パラジウムは1645.10ドル、為替は1$107円36銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年09月25日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,751円(+16円)、パラジウム6,339円(+27円)、銀72.25円(-0.32円)、プラチナ3,638円(-35円)と、国内貴金属はNY相場の値動きや為替動向からまちまちの展開に。金はNY相場が引き続き堅調な地合いとなり価格水準を切り上げた事から、国内でも上げ幅を拡大し一段高に。歴代高値を記録した5日相場と並び、史上最高値水準に再浮上し、銀は3営業日ぶりに値を下げ上値追いが一服。また、本日はプラチナも3営業日ぶりに反落した一方、パラジウムは供給逼迫への警戒感が意識され、NY相場同様に史上最高値を更新しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年09月25日24日 海外貴金属相場

【24日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1540.20ドル(+8.70ドル)

銀:1862.80セント(-8.30セント)

パラジウム:1646.40ドル(+20.80ドル)

プラチナ:955.40ドル(+1.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年09月24日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,735円(+61円)、パラジウム6,312円(+129円)、銀72.57円(+2.81円)、プラチナ3,673円(+78円)と、連休明けの国内貴金属は軒並み上伸し直近高値を更新。金は週末・週明けのNY相場が一段高に振れた事を映して、国内でも大幅続伸し一段高に。歴代最高値を記録した5日相場(3週間)ぶりの高値に次いで、2番目の高値を更新。また、銀も大幅に値を伸ばし金同様に5日相場(約3週間)ぶりの高値を更新。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を伸ばし、パラジウムは急騰。3月22日に付けた歴代高値を大幅に上抜き、史上最高値を記録しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4952件 429~432件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら