相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5345件 753~756件目を表示

2019年11月01日1日 海外貴金属相場

【1日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1514.80ドル(+18.10ドル)

銀:1806.70セント(+20.00セント)

パラジウム:1755.60ドル(-35.60ドル)

プラチナ:933.70ドル(+3.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年10月31日NY相場の値動きを映し、国内貴金属は軒並み上昇↑パラジウムは歴代高値を抜いて、史上最高値を再更新。

【金相場】30日のNY金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策決定を控えて持高調整買いが入り3営業日ぶりに反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1496.70ドル(+6.00ドル)と、買い優勢で取引きを終了。FRBはこの日、連邦公開市場委員会(FOMC)の2日目の議論を開始。3会合連続となる利下げ決定がほぼ確実視される中、金利を生まない資産である金には買いが入りやすかった。ただ、会合終了後に公表されるFOMC声明やパウエルFRB議長の記者会見で、今後の政策運営方針について手掛かりを得たいとの思惑が強く、買い一巡後は様子見の展開となった。
その後引け後に公表されたFOMC声明では、市場の予想通り0.25%の追加利下げを決定。一方、政策運営の先行きについては「景気拡大の持続へ適切な行動をとる」との従来の文言を削除し、経済情勢を見極めた上で「適切な政策金利の道筋を評価する」と明記した。これを受けて、FRBが追加緩和に慎重な姿勢を強めたとの観測も広がり、金相場は清算値確定後に売り買いが交錯した。

国内の金相場は、買い優勢となったNY相場を映してプラスサイドに反転。買取ベースでは1gあたり5,696円(+27円)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/31  5696円 (+27円)

10/30  5669円 (-24円)

10/29  5693円 (-30円)

10/28  5723円 (+15円)

10/25  5708円 (+40円)

10/24  5668円 (+18円)

10/23  5650円 (-9円)

10/21  5659円 (-15円)

10/18  5674円 (+4円)

10/17  5670円 (+24円)

10日間の金相場平均価格:5,681円/g


【パラジウム相場】30日のNYパラジウム相場は、米金融政策の決定を控えてポジション調整的な買いが入り急反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1792.10ドル(+37.00ドル)と、28日に記録した歴代高値を大きく上抜き、史上最高値を再更新して取引きを終了。この日は米連邦公開市場委員会が(FOMC)の結果を前に、利下げ観測を見越した買いが優勢となり序盤より堅調に推移した。また、米中通商貿易への楽観的な見方が広がったほか、米国株価が堅調に推移した事も好感され、パラジウムも上げ幅を拡大。加えて、年末に向けた供給逼迫への先行き不安や、テクニカル要因からも買いが膨らみ相場は一時1800ドル圏内まで急騰するなど一代高値を記録した。

国内のパラジウムは、一代高値を更新するなど急騰したNY相場を映して上げ幅を拡大。買取では1gあたり6,947円(+121円)と、29日に記録した歴代高値を上抜いて、史上最高値を再更新しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/31  6947円 (+121円)

10/30  6826円 (-77円)

10/29  6903円 (+138円)

10/28  6765円 (-17円)

10/25  6782円 (+116円)

10/24  6666円 (+11円)

10/23  6655円 (-44円)

10/21  6699円 (-22円)

10/18  6721円 (-50円)

10/17  6771円 (+143円

10日間のパラジウム相場平均価格:6,774円/g


11:00現在の金相場は1トロイオンス1502.10ドル、パラジウムは1792.15ドル、為替は1$108円66銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年10月31日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,783円(+27円)、パラジウム7,111円(+121円)、銀71.39円(+0.11円)、プラチナ3,637円(+2円)と、堅調となったNY市場を映して、国内貴金属も軒並み値を上げ反発。金はFOMC結果を控えた持高調整買いが入ったNY相場を受け、国内でも値を上げ3営業日ぶりに反発したほか、銀も同様にプラス圏に転じ3営業日ぶりに上昇。また、本日白金属のパラジウム・プラチナも共に値を上げ、パラジウムは急反発。29日に付けた歴代高値を上抜いて、史上最高値を再更新するなど、価格水準を切り上げる展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年10月31日30日 海外貴金属相場

【30日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1496.70ドル(+6.00ドル)

銀:1786.70セント(+3.60セント)

パラジウム:1792.10ドル(+37.00ドル)

プラチナ:930.60ドル(+5.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5345件 753~756件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら