相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5255件 1165~1168件目を表示

2019年03月15日国内金相場は3営業日ぶりに反落↓一方、パラジウムは上伸し歴代最高値水準に再浮上↑

【金相場】14日のNY金相場は、ドル高による割高感や、英国のEU離脱期限延期への楽観的見方から金買い需要が後退。中心限月の4月限は1トロイオンス1295.10ドル(-14.20ドル)と、3営業日ぶりに反落して取引きを終了。時間外取引きではポンド反落でドル安が一服したことや、中国経済に対する懸念から人民元が下落したことを受けて、金を売る動きが旺盛となり安寄りした。一方、この日発表された米国の1月新築住宅販売件数が市場予想を下回った事から、金は一時的に買い戻されるも、英国議会で欧州連合(EU)離脱延期を図る動議が賛成多数で可決されるとの見方が広がり、リスク選好意欲の高まりから逃避目的としての金買い需要は減少し、この日は3営業日ぶりに売り優勢で引けた。
なお、引け後では動議への賛成は412、反対は202で動議は可決された。

国内の金相場は、利確売りが出たNY相場を映して高値追いが一服。小売ベースでは1gあたり5,068円(-29円)と前日の上げを戻し、3営業日ぶりに反落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

03/15  5068円 (-29円)

03/14  5097円 (+23円)

03/13  5074円 (+28円)

03/12  5046円 (-6円)

03/11  5052円 (+20円)

03/08  5032円 (-6円)

03/07  5038円 (-13円)

03/06  5051円 (+14円)

03/05  5037円 (-32円)

03/03  5069円 (-45円)

直近10日間の金相場平均価格:5,056円/g


【パラジウム相場】14日のNYパラジウム相場は、投資家のリスク回避姿勢の一服や、押し目を買われ4営業日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1514.60ドル(+7.90ドル)と、月初来高値を抜いて、過去最高値を記録した2月26日相場(1519.70ドル)ぶりの高値水準に戻して取引きを終了。序盤は中国景気の悪化から、同国株の下げが意識されパラジウムも売り圧力がかかり時間外取引きでは小幅安で推移した。また、外国為替市場ではドル高が進んだほか、軟調となった他貴金属の値動きを眺めてパラジウムも相場を圧迫された。しかし、その後は英国のEU離脱期限延期への楽観的見方から相場は買い戻しに反転。米国株も下げを縮小し上昇に転じたことや、押し目買いが入ったことで、この日もプラス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、買い地合いが継続したNY相場を映して続伸。小売では1gあたり6,123円(+38円)と、過去最高値を記録した4日相場以来およそ2週間ぶりの高値となり、最高値水準に再浮上しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

03/01  6123円 (+38円)

03/14  6085円 (+27円)

03/13  6058円 (±0円)

03/12  6058円 (+102円)

03/11  5956円 (-75円)

03/08  6031円 (-44円)

03/07  6075円 (+71円)

03/06  6004円 (-60円)

03/05  6064円 (-81円)

03/03  6145円 (+60円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:6,060円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:00現在の金相場は1トロイオンス1300.05ドル、パラジウムは1519.80ドル、為替は1$111円73銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月15日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,068円(-29円)、パラジウム6,123円(+38円)、銀61.99円(-0.75円)、プラチナ3,299円(-55円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて反落。金は利確売りが出たNY相場を映して、国内でもマイナスサイドに転じ反落。前日の上げを戻し3営業日ぶりに値を下げたほか、銀も値を下げ5営業日ぶりにマイナス圏へ。また、本日はプラチナも軟調となり4営業日ぶりに反落した一方、パラジウムはNY相場高を受け、国内でも唯一の上昇となり続伸。過去最高値を記録した4日相場以来およそ2週間ぶりの高値となり、最高値水準に再浮上しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月15日14日 海外貴金属相場

【14日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1295.10ドル(-14.20ドル)

銀:1517.10セント(-28.50セント)

パラジウム:1514.60ドル(+7.90ドル)

プラチナ:827.10ドル(-14.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年03月14日国内貴金属は軒並み上昇↑金・パラジウム共に値を上げ、約2週間ぶりの高値に回復。

【金相場】13日のNY金相場は、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる混乱や、インフレ抑制を示す米経済指標を背景に買われ続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1309.30ドル(+11.20ドル)と、月初来高値を抜いて、先月末28日相場(1316.10ドル)以来およそ2週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。EUからの離脱期限が29日に迫る中、英議会下院は前日、政府とEUがまとめた離脱修正案を再度否決。これに伴い、この日は「合意なき離脱」の是非を問う採決が予定されており、市場では混迷度合いの深まりを受けて安全資産としての金買いがじりじりと進行した。また、この日朝方に発表された米国の2月卸売物価指数(PPI)が低調な内容なり、前日発表の米消費者物価指数(CPI)に続いてインフレ圧力の落ち着きが確認されたことで、利上げ先送り観測も金の買いを促した。ただ、1月の米耐久財受注は市場の減少予想に反して3カ月連続のプラスとなったため、買い一巡後は1300ドル台でのもみ合いとなった。

国内の金相場は、堅調となったNY相場を映して上伸。小売ベースでは1gあたり5,097円(+23円)と、前日相場同様に1日相場以来およそ2週間ぶりの高値に回復しました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

03/14  5097円 (+23円)

03/13  5074円 (+28円)

03/12  5046円 (-6円)

03/11  5052円 (+20円)

03/08  5032円 (-6円)

03/07  5038円 (-13円)

03/06  5051円 (+14円)

03/05  5037円 (-32円)

03/03  5069円 (-45円)

03/01  5114円 (+1円)

直近10日間の金相場平均価格:5,061円/g


【パラジウム相場】13日のNYパラジウム相場は、他貴金属の上昇やテクニカル要因から買いが入り3日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1506.70ドル(+16.70ドル)と、1500ドル台を突破し、中心終値では先月26日相場以来およそ2週間ぶりの高値で取引きを終了。この日のパラジウムは、堅調となった前日相場の流れを引き継ぎ序盤より買いが先行した。また、金やプラチナなど他貴金属の上昇を眺めて連れ高となったほか、株高などリスク選好意欲の高まりや、テクニカルな買いも入って上げ幅を拡大した。途中、発表された2月の米国卸売物価指数(PPI)が市場予想ほど上昇せず、冴えない内容となった事でやや値を落とす場面もあったが、同時に利上げ停止観測が改めて強まったことや、ドルの軟化を受けた買い支えがあって、高値圏を維持する展開となった。

国内のパラジウムは、一段高となったNY相場を映して上昇。小売では1gあたり6,085円(+27円)と、過去最高値を記録した4日相場(5,983円)ぶりの高値となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

03/14  6085円 (+27円)

03/13  6058円 (±0円)

03/12  6058円 (+102円)

03/11  5956円 (-75円)

03/08  6031円 (-44円)

03/07  6075円 (+71円)

03/06  6004円 (-60円)

03/05  6064円 (-81円)

03/03  6145円 (+60円)

03/01  6085円 (+64円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:6,056円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:10現在の金相場は1トロイオンス1306.55ドル、パラジウムは1505.20ドル、為替は1$111円53銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5255件 1165~1168件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら