相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4851件 709~712件目を表示

2019年04月05日17:55現在の金・パラジウム・為替相場

17:55現在の金相場は1トロイオンス1292.95ドル、パラジウムは1313.75ドル、為替は1$111円71銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月05日国内貴金属は前日同様にパラジウムを除いて上昇↑金は5日続伸し、パラジウムは続落。

【金相場】4日のNY金相場は、米国雇用統計の結果を待つ動きから売り買いが交錯し横ばい圏での値動きに。中心限月の6月限は1トロイオンス1294.30ドル(-1.00ドル)と、小幅ながら値を下げて取引きを終了。米労働省が朝方発表した最新週の新規失業保険申請件数は1万件減の20万2000件と、約49年4カ月ぶりの少なさとなった。これを受けて、翌5日に発表される3月の米雇用統計に対する期待も高まり、早朝から外国為替市場でじりじりと進行していたドル買い・ユーロ売りが加速。ドル建てで取引される金商品は割高感に圧迫され、序盤は軟調となった。ただその後、ホワイトハウスが4日中に米中首脳会談の日程を発表するとの一部報道を否定。これをきっかけに、両国の貿易交渉の行方に再び不透明感が広がったほか、米雇用統計の結果に対する警戒感や安値拾いの買い戻しも入って、相場は前日終値近辺まで値を戻す展開となった。

国内の金相場は、前日と同額を値上げ上伸。小売ベースでは1gあたり5,061円(+14円)と、5営業日続伸し、先月27日相場(約1週間)ぶりの高値となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

04/05  5061円 (+14円)

04/04  50247円 (+14円)

04/03  5033円 (+9円)

04/02  5024円 (+7円)

04/01  5017円 (+19円)

03/29  4998円 (-57円)

03/28  5055円 (-37円)

03/27  5092円 (-1円)

03/26  5093円 (+38円)

03/25  5055円 (-19円)

直近10日間の金相場平均価格:5,048円/g


【パラジウム相場】4日のNYパラジウム相場は、ドル高進行や持ち高調整売りに押され続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1332.30ドル(-45.80ドル)と、大きく値を下げて取引きを終了。最新週の新規失業保険申請件数が良好な内容となった事を受け、外国為替市場ではドル買いが進行。ドル建てのパラジウムは割高感が意識され売りが先行すると、持ち高調整や手じまい売りなどが出た事で下げ幅を拡大した。一方、米中貿易協議における合意形成への期待から、リスク選好意欲が高まり米国株が上昇した事で、やや下値を支えられるも、引き続きドル高が重しとなり、この日も売り優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、売り優勢となったNY相場を映して続落。小売では1gあたり5,448円(-108円)と、大きく値を下げマイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

04/05  5448円 (-108円)

04/04  5556円 (-76円)

04/03  5632円 (+6円)

04/02  5626円 (+162円)

04/01  5464円 (+113円)

03/29  5351円 (-313円)

03/28  5664円 (-367円)

03/27  6031円 (-81円)

03/26  6112円 (+91円)

03/25  6021円 (-199円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,691円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:40現在の金相場は1トロイオンス1291.35ドル、パラジウムは1341.65ドル、為替は1$111円68銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月05日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,061円(+14円)、パラジウム5,448円(-108円)、銀61.77円(+0.11円)、プラチナ3,584円(+105円)と、国内貴金属は前日相場同様にパラジウムを除いて堅調な展開に。金はNY市場では横ばいながら小幅安で推移するも、国内ではプラス圏で推移し5営業日続伸。前日と同じ上げ幅となり、先月27日相場(約1週間)ぶりの高値となったほか、銀も上伸し金同様に先月27日相場ぶりの高値に回復。一方、パラジウムは引き続き利確売りに押されたNY相場を受けて、国内でもマイナス圏で推移し続落。反対にプラチナは大幅高となり5日続伸し、昨年5月23日相場以来およそ11カ月ぶりの高値更新となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月05日4日 海外貴金属相場

【4日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1294.30ドル(-1.00ドル)

銀:1508.40セント(-1.80セント)

パラジウム:1332.30ドル(-45.80ドル)

プラチナ:904.50ドル(+30.30ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4851件 709~712件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら