相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5084件 401~404件目を表示

2019年12月12日11日海外貴金属相場

【11日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1475.00ドル(+6.90ドル)

銀:1684.90セント(+14.70セント)

パラジウム:1885.10ドル(+16.00ドル)

プラチナ:939.50ドル(+16.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月11日16:30現在の金・パラジウム・為替相場

16:30現在の金相場は1トロイオンス1468.95ドル、パラジウムは1877.15ドル、為替は1$108円74銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月11日国内貴金属は軒並み上昇↑金は4営業日ぶりに反発し、パラジウムは史上初の7,200円を突破。

【金相場】10日のNY金相場は、米金融政策発表を控えた様子見や、米中協議を巡る報道が交錯し売り買いが交錯するも、ドル安による割安感から買いが優り3営業日ぶりに反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1468.10ドル(+3.20ドル)と、プラス圏に転じて取引きを終了。米政権による対中制裁関税第4弾の発動見送りで米中が調整していると伝わり、米中摩擦への懸念が薄れて時間外取引きでは売りが優勢となった。一方、米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長が「制裁関税の発動はまだテーブルの上にある」と述べたと伝わったこともあり、協議進展に対する不透明感から次第に金を買い戻す動きが活発化。加えて外国為替市場ではドル安に振れた事も割安感に繋がり、相場はプラス圏に反転した。ただ、買い一巡後は、翌11日の連邦公開市場委員会(FOMC)結果を見極めたいとした様子見ムードから薄商いとなり、小動きな展開となった。

国内の金相場は、買いが優ったNY相場を受けて上昇。買取ベースでは1gあたり5,590円(+25円)と、4営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

12/11  5590円 (+25円)

12/10  5565円 (±0円)

12/09  5565円 (-55円)

12/06  5620円 (-11円)

12/05  5631円 (+6円)

12/04  5625円 (+29円)

12/03  5596円 (-27円)

12/02  5623円 (+25円)

11/29  5598円 (+4円)

11/28  5594円 (-3円)

10日間の金相場平均価格:5,601円/g


【パラジウム相場】10日のNYパラジウム相場は、ドル安やテクニカル要因から買いが継続し5営業日続伸。中心限月の3月限は1トロイオンス1869.10ドル(+12.50ドル)と、連日で歴代高値を上抜いて、史上最高値を再更新して取引きを終了。国際貿易環境の速やかな改善は期待できないことや、米国の金融政策を見極める必要があることから、様子見ムードも広がり易かったが、需給バランスを意識した買いやドル安による割安感が意識され、パラジウムはこの日も序盤より堅調に推移。また、他貴金属の上昇やテクニカルな買いも入り、この日も最高値を更新して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、一代高値を記録したNY相場を映して一段高に。買取では1gあたり7,211円(+72円)と、初の7,200円を突破し大幅続伸。前日に続いて歴代高値を抜いて、史上最高値を再更新しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/11  7211円 (+72円)

12/10  7139円 (+27円)

12/09  7112円 (±0円)

12/06  7112円 (-5円)

12/05  7117円 (+71円)

12/04  7046円 (-16円)

12/03  7062円 (+16円)

12/02  7046円 (-11円)

11/29  7057円 (+66円)

11/28  6891円 (+94円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,089円/g


13:30現在の金相場は1トロイオンス1468.45ドル、パラジウムは1875.60ドル、為替は1$108円75銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月11日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,677円(+25円)、パラジウム7,408円(+71円)、銀66.88円(+0.44円)、プラチナ3,611円(+94円)と、国内貴金属は軒並み値を上げ堅調な展開に。金はNY相場がプラス圏に振れた事を受け、国内でも値を上げ4営業日ぶりに反発したほか、銀もプラス圏に反転し3営業日ぶりに上昇。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ堅調に推移し、パラジウムは一代高値を再更新。NY相場が最高値を記録した事から、国内でも上げ幅を拡大し史上初の7,200円台を突破するなど、価格水準を切り上げる展開となりました。プラチナは5営業日ぶりに反発し、11月22日相場(約3週間)ぶりの高値に回復。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5084件 401~404件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら