相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5345件 1081~1084件目を表示

2019年05月31日国内貴金属はプラチナを除いて堅調地合いに↑金は続伸し、パラジウムは約1ヵ月ぶりの高値を更新。

【金相場】30日のNY金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げ観測が浮上したことなどを背景に買われ上伸。中心限月の8月限は1トロイオンス1292.40ドル(+6.10ドル)と、15日相場以来およそ2週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。米商務省が朝方に発表した2019年1-3月期の実質GDP(国内総生産)改定値では、個人消費支出(PCE)物価指数のコアが1.0%上昇と、速報値の1.3%上昇から下方修正されたほか、4月の米中古住宅販売成約指数は市場の予想に反して低下するなど、米経済指標では景気の向かい風が強まっていることが示された。また、クラリダFRB副議長はこの日、ニューヨークで講演し、インフレ率がFRBの目標2%を長期的に下回れば、「FRBは適切な金融政策運営スタンスを考慮に入れるだろう」と発言。利下げを含めた金融緩和を検討する考えを示唆した。これを受けて、FRBによる次の一手は利下げになるのではないかとの観測が浮上し、金は買いが優勢となった。 また、米中貿易懸念から米国株が安寄りした事も支援材料となり、買いが活発化する展開となった。ただ、外国為替市場ではドル高・ユーロ安基調が継続し、ドル建てで取引される金商品に割高感が生じたため、相場の上値は限定的だった。

国内の金相場は、利下げ観測の思惑からNY相場が買い優勢で推移した事を映して上伸。小売ベースでは1gあたり4,943円(+28円)と、プラス圏で推移し続伸しました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

05/31  4943円 (+28円)

05/30  4915円 (+9円)

05/29  4906円 (-39円)

05/28  4945円 (+16円)

05/27  4929円 (-9円)

05/24  4938円 (+12円)

05/23  4926円 (-20円)

05/22  4946円 (+17円)

05/21  4929円 (-8円)

05/20  4937円 (-18円)

直近10日間の金相場平均価格:4,931円/g


【パラジウム相場】30日のNYパラジウム相場は、FRBによる利下げ観測が浮上したほか、他貴金属の上昇が好感され急騰。中心限月の9月限は1トロイオンス1365.70ドル(+21.80ドル)と、4営業日続伸し、中心終値では4月30日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値を付けて取引きを終了。この日のパラジウムは、前日まで3連騰していた反動から、序盤は利益確定の売りなども出やすく安寄りした。しかし、売り一巡後は引き続き供給への先行き不安が意識され、安値では買い戻しが入ったほか、FRBによる利下げ観測が浮上すると相場は一気に急騰。ドル高・株安にも関わらず、上げ幅を拡大したパラジウムは、一時1370ドル超まで値を伸ばした。その後、一部で調整売りが出る場面もあったが、金など他貴金属の上昇が意識され、そのまま高値圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、約1ヵ月ぶりの高値を記録したNY相場高を映して上伸。小売では1gあたり5,292円(+38円)と、月初来高値を抜いて、先月26日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

05/31  5,292円 (+38円)

05/30  5,254円 (+33円)

05/29  5,221円 (±0円)

05/28  5,221円 (+37円)

05/27  5,184円 (+60円)

05/24  5124円 (-33円)

05/23  5157円 (-37円)

05/22  5194円 (-27円)

05/21  5221円 (+64円)

05/20  5,157円 (-59円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,203円/g


10:40現在の金相場は1トロイオンス1293.85ドル、パラジウムは1366.20ドル、為替は1$109円36銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月31日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金4,943円(+28円)、パラジウム5,292円(+38円)、銀58.21円(+0.22円)、プラチナ3,110円(-15円)と、国内貴金属は前日相場同様にプラチナを除いて上昇。金は利下げ観測の思惑からNY相場が2週間ぶりの高値を付けた事を映して、国内でもプラス圏で推移し上伸。また、銀も値を上げ続伸したほか、パラジウムも急騰し1ヵ月ぶりの高値となったNY相場を映して上げ幅を拡大。月初来高値を抜いて、先月26日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値更新となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月31日30日 海外貴金属相場

【30日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1292.40ドル(+6.10ドル)

銀:1449.10セント(+8.00セント)

パラジウム:1365.70ドル(+21.80ドル)

プラチナ:794.10ドル(+2.40ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年05月30日国内金相場は小反発したほか、パラジウムは上げ幅を拡大し3週間ぶりの高値圏へ浮上↑

【金相場】29日のNY金相場は、米中貿易摩擦の激化を懸念した世界的な株安を背景に、安全資産としての買いが入り上昇。中心限月の6月限は1トロイオンス1281.00ドル(+3.90ドル)と、買い優勢となり反発して取引きを終了。29日付の中国共産党機関紙・人民日報は、自国が世界最大のレアアース(希土類)生産国だと説明した上で、「米国の電子製品や軍事装備などは中国のレアアースに深く依存している」との論説を掲載。相次ぐ制裁関税などで譲歩を迫る米国に対し、レアアースの輸出制限によって報復する構えを示唆した。このため、米中「貿易戦争」が激化するのではないかとの懸念が広がり、投資家のリスク回避姿勢が強まったことから、「質への逃避先」である金が買われた。一方、外国為替市場では対ユーロでドル高が進み、ドル建ての金商品には割高感が生じたため上値は抑えられるも、 米国株安を意識した下支えからプラス圏を維持し、この日は買い優勢で取引きを終えた。

国内の金相場は、買い優勢となったNY相場を映して上昇。小売ベースでは1gあたり4,915円(+9円)と、小幅ながら値を上げ反発しました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

05/30  4915円 (+9円)

05/29  4906円 (-39円)

05/28  4945円 (+16円)

05/27  4929円 (-9円)

05/24  4938円 (+12円)

05/23  4926円 (-20円)

05/22  4946円 (+17円)

05/21  4929円 (-8円)

05/20  4937円 (-18円)

05/17  4955円 (-19円)

直近10日間の金相場平均価格:4,933円/g


【パラジウム相場】29日のNYパラジウム相場は、市場では株安などリスクオフムードが漂う中、引き続き押し目買いが入り3日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1348.60ドル(+9.10ドル)と、10日相場以来およそ3週間ぶりの高値で取引きを終了。米中貿易摩擦の激化で世界景気の先行き不透明感が強まり投資家心理が後退。米国株が軟調となる中、パラジウムも序盤は小安く推移し売りが先行した。一方、需給バランスの観点から相場は次第に買い戻しが入って反発。外国為替市場ではドル買いが進むも、パラジウムは押し目を買われ一時1349.70ドルまで上げ幅を拡大した。その後、米国株の軟調さやドル高が意識され、やや上値を重くする場面もあったが、引き続き堅調地合いを維持し、そのまま高値圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、堅調地合いが継続したNY相場を映して上伸。小売では1gあたり5,254円(+33円)と、月初の7日相場以来およそ3週間ぶりの高値となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

05/30  5,254円 (+33円)

05/29  5,221円 (±0円)

05/28  5,221円 (+37円)

05/27  5,184円 (+60円)

05/24  5124円 (-33円)

05/23  5157円 (-37円)

05/22  5194円 (-27円)

05/21  5221円 (+64円)

05/20  5,157円 (-59円)

05/17  5,216円 (+11円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,195円/g


14:10在の金相場は1トロイオンス1279.75ドル、パラジウムは1334.55ドル、為替は1$109円68銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5345件 1081~1084件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら