相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6084件 765~768件目を表示

2020年09月09日国内金相場は続落したほか、パラジウムも約6週間ぶりの高値から下げ反落↓

【金相場】週明け8日のNY金相場は、欧米株安を意識した買いが入り反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1943.20ドル(+8.90ドル)と、4営業日ぶりにプラス圏に反転して取引きを終了。この日は、欧米株安となったことで投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産としての金が買われやすかったほか、米中関係の悪化も引き続き金の支援材料となり序盤より堅調となった。ただ一方で、外国為替市場では対ユーロでドル高が進行。ドル建てで取引される金商品に割高感が生じ、上値を抑えられる場面もあった。また、10日に行われる欧州中央銀行(ECB)定例理事会を控えて様子見ムードも広がっていた。

国内の金相場は、連休が明けたNY市場では買いが優勢となるも、為替が円高に傾斜した事を受けマイナス圏へ沈下。買取ベースでは1gあたり7,190円(-28円)と、値を下げ続落となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

09/09  7190円 (-28円)

09/08  7218円 (-13円)

09/07  7231円 (+18円)

09/04  7213円 (-54円)

09/03  7267円 (-66円)

09/02  7333円 (+10円)

09/01  7323円 (+31円)

08/31  7292円 (+66円)

08/28  7226円 (-40円)

08/27  7266円 (+50円)

10日間の金相場平均価格:7,256円/g



【パラジウム相場】連休明け8日のNYパラジウム相場は、このところの急騰に対する持ち高調整や、ドル高・株安が意識され反落。中心限月の12月限は1トロイオンス2305.80ドル(-37.40ドル)と、3営業日ぶりに反落して取引きを終了。連休前の4日には終値では7月28日相場以来およそ6週間ぶりの高値を更新するなど、価格水準を切り上げ一段高となっていた。その反動から、この日は利益を確定する動きが広がり序盤より軟調となった。また、欧州株に続いて、米国株も売りが優勢となるとパラジウムも連れ安となったほか、外国為替市場ではドル高・ユーロ安に振れた事も圧迫材料となり、この日はマイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、利確売りが出た連休明けのNY相場を映し上値追いが一服。買取では1gあたり8,432円(-104円)と、直近高値(7月28日相場以来およそ6週間ぶり)を付けた前日相場から値を落とし反落しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/09  8432円 (-104円)

09/08  8536円 (+38円)

09/07  8498円 (-5円)

09/04  8305円 (+198円)

09/03  8305円 (-88円)

09/02  8393円 (+132円)

09/01  8261円 (+165円)

08/31  8096円 (+33円)

08/28  8063円 (+33円)

08/27  8030円 (±0円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,312円/g


12:30現在の金相場は1トロイオンス1941.05ドル、パラジウムは2304.80ドル、為替は1$105円95銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年09月09日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金7,283円(-27円)、パラジウム8,684円(-105円)、銀101.86円(-1.21円)、プラチナ3,482円(-32円)と、国内貴金属は総じて値を下げマイナス圏へ。金は連休明けのNY市場では買いが優勢となり反発上昇したものの、国内では為替要因からマイナス圏で推移し続落。また、銀も値を下げ3営業日ぶりに反落したほか、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれマイナス圏に転じ、パラジウムは直近高値(7月28日相場以来およそ6週間ぶり)を付けた前日相場から値を落とし上値追いが一服、プラチナは3営業日ぶりに反落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年09月09日連休明け8日 海外貴金属相場

【8日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1943.20ドル(+8.90ドル)

銀:2699.10セント(+27.90セント)

パラジウム:2305.80ドル(-37.40ドル)

プラチナ:910.30ドル(+12.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年09月08日国内金相場はマイナス圏に転じ反落↓一方、パラジウムは反発し約6週間ぶりの高値に浮上↑

【金相場】7日のNY金相場はレイバーデーの祝日で休場。

国内の金相場は、マイナス圏に転じ反落。買取ベースでは1gあたり7,218円(-13円)と、値をを下げ行って来いの様相となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

09/08  7218円 (-13円)

09/07  7231円 (+18円)

09/04  7213円 (-54円)

09/03  7267円 (-66円)

09/02  7333円 (+10円)

09/01  7323円 (+31円)

08/31  7292円 (+66円)

08/28  7226円 (-40円)

08/27  7266円 (+50円)

08/26  7216円 (+25円)

10日間の金相場平均価格:7,259円/g



【パラジウム相場】7日のNY市場はレイバーデーの祝日で休場。

国内のパラジウム相場は、プラス圏に反転し上昇。買取では1gあたり8,536円(+38円)と、値を上げ、7月28日相場以来およそ6週間ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/08  8536円 (+38円)

09/07  8498円 (-5円)

09/04  8305円 (+198円)

09/03  8305円 (-88円)

09/02  8393円 (+132円)

09/01  8261円 (+165円)

08/31  8096円 (+33円)

08/28  8063円 (+33円)

08/27  8030円 (±0円)

08/26  8030円 (-17円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,272円/g


16:15現在の金相場は1トロイオンス1936.90ドル、パラジウムは2337.05ドル、為替は1$106円25銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6084件 765~768件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら