相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数4950件 673~676件目を表示

2019年06月05日17:10現在の金・パラジウム・為替相場

17:10現在の金相場は1トロイオンス1337.80ドル、パラジウムは1343.65ドル、為替は1$108円23銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月05日金は直近最長の5日続伸し1ヵ月半ぶりの高値を更新↑また、パラジウムも3営業日ぶりに反発。

【金相場】4日のNY金相場は、株高が重しとなるも、米国利下げ観測の高まりを背景に買いが入り小幅上伸。中心限月の8月限は1トロイオンス1328.70ドル(+0.80ドル)と、横ばい圏ながら5営業日続伸し、中心終値では前日同様に2月27日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は4日、米中貿易摩擦などの動向を注視していると強調。景気減速の兆候が表れれば、利下げを含めた金融緩和に踏み切る考えを示唆した。これを受けて、FRBによる利下げ期待が広がったことから、金への買いが旺盛となった。また、貿易摩擦への警戒感も意識され、安全資産として金を求める動きも見られた。ただ、約3カ月ぶりの高水準を付けるなど、このところの急騰から利益確定の売りも出やすかったほか、堅調スタートとなった米国株式相場が次第に上げ幅を拡大したことから、相場を圧迫される場面も見られ、午後は上値の重い展開となった。

国内の金相場は、小幅ながら買い優勢となったNY相場を映して5日上伸。小売ベースでは1gあたり5,030円(+11円)と、連日で直近高値を抜いて、前日同様4月16日相場以来およそ1ヶ月半ぶりの高値となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

06/05  5,030円 (+11円)

06/04  5019円 (+48円)

06/03  4971円 (+28円)

05/31  4943円 (+28円)

05/30  4915円 (+9円)

05/29  4906円 (-39円)

05/28  4945円 (+16円)

05/27  4929円 (-9円)

05/24  4938円 (+12円)

05/23  4926円 (-20円)

直近10日間の金相場平均価格:4,952円/g


【パラジウム相場】4日のNYパラジウム相場は、利下げ観測が好感され、米国株が堅調となった事が買い材料となり急反発。中心限月の9月限は1トロイオンス1340.80ドル(+25.80ドル)と、大幅高となり、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。前2日間が軟調となった事から、この日は値ごろ感が意識され序盤より買い戻しが先行した。また、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長による講演発言を受け、利下げ期待が広がったことから米国株が上昇。投資家のリスク回避姿勢の後退からパラジウムも連れ高となり、相場は一時1348ドル超まで上げ幅を拡大した。その後、ドルの値動きを眺めて高値一服となるも、引き続き堅調な株式相場が支えとなり、そのまま買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、値ごろ感から急反発したNY相場を映して3営業日ぶりに上昇。小売では1gあたり5,173円(+60円)と、プラス圏に反転しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

06/05  5,173円 (+60円)

06/04  5,113円 (-11円)

06/03  5,124円 (-168円)

05/31  5,292円 (+38円)

05/30  5,254円 (+33円)

05/29  5,221円 (±0円)

05/28  5,221円 (+37円)

05/27  5,184円 (+60円)

05/24  5124円 (-33円)

05/23  5157円 (-37円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,186円/g


13:00現在の金相場は1トロイオンス1329.55ドル、パラジウムは1338.75ドル、為替は1$108円11銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月05日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,030円(+11円)、パラジウム5,173円(+60円)、銀58.86円(+0.33円)、プラチナ3,196円(-10円)と、国内貴金属はプラチナを除いて買い優勢の展開に。金は利下げ観測への思惑からNY相場が高値水準を維持し上伸した事を映して、国内でも値を伸ばし5営業日続伸。連日で直近高値を抜いて、前日同様4月16日相場以来およそ1ヶ月半ぶりの高値となったほか、銀も値を上げ続伸。また、本日パラジウムはNY相場が大きく反発した事から、国内でも堅調に推移し3営業日ぶりに反発。プラチナは小幅安に振れ反落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月05日4日 海外貴金属相場

【4日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1328.70ドル(+0.80ドル)

銀:1476.90セント(+2.90セント)

パラジウム:1340.80ドル(+25.80ドル)

プラチナ:819.10ドル(-1.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4950件 673~676件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら