相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6291件 813~816件目を表示

2020年11月19日国内金相場は続落したほか、パラジウムも軟調地合いが継続し7日続落。

【金相場】18日のNY金相場は、新型コロナウイルスのワクチン早期実用化への期待を背景に売りが出て続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1873.90ドル(-11.20ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。米製薬大手ファイザーは18日、独ビオンテックと共同開発中の新型コロナワクチンに関し、数日以内に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する計画だと発表した。米バイオ医薬品企業モデルナも今月、開発中のワクチンの臨床試験で感染予防に94.5%の有効性を確認したと公表しており、ワクチンの早期実用化により経済活動が正常化に向かうとの期待が一段と高まり、安全資産としての金需要は後退し軟調となった。ただ、売り一巡後は安値拾いの買いや、米国株がマイナスサイドに転じた事で、金は下げ幅を縮小する展開となり狭いレンジ内の取引となった。ワクチン開発進展の報で先行きに楽観的な見方が浮上する半面、欧米を中心とした新型コロナ感染の再拡大に伴う経済活動制限の強化を受け、景気回復への先行き不安もくすぶっている。

国内の金相場は、売り優勢となったNY相場を映し続落。買取ベースでは1gあたり6,827円(-63円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

11/19  6,827円 (-63円)

11/18  6890円 (-51円)

11/17  6941円 (+1円)

11/16  6,940円 (+17円)

11/13  6,923円 (+21円)

11/12  6,902円 (-31円)

11/11  6,933円 (+8円)

11/10  6,925円 (-137円)

11/09  7,062円 (+14円)

11/06  7,048円 (+76円)

10日間の金相場平均価格:6,954円/g



【パラジウム相場】18日のNYパラジウム相場は、米ファイザーのコロナワクチン候補が95%の有効性を示し、近く緊急使用許可を申請する見通しから買いが活発となり上昇。中心限月の12月限は1トロイオンス2354.00ドル(+27.50ドル)と、プラス圏に反転し、10日相場以来およそ1週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。米製薬のファイザーが18日、独ビオンテックと共同開発する新型コロナワクチンの臨床試験で、95%の予防効果を確認したと発表。数日以内に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する見通しとなり、市場では経済活動の先行きに楽観が広がった事で、パラジウムは買いが先行し一時2380ドルまで上昇した。一方で、欧米での感染再拡大に伴う経済活動制限の強化を受け、景気回復への警戒感も高まっており、買い一巡後は上値の重い展開となった。

国内のパラジウム相場は、NY相場高を映すも時間外取引での戻りや、円高要因が重しとなりマイナス圏へ。買取では1gあたり8,421円(-27円)と、値を下げ7日続落となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

11/19  8421円 (-27円)

11/18  8448円 (-72円)

11/17  8520円 (-16円)

11/16  8536円 (-66円)

11/13  8602円 (-50円)

11/12  8652円 (-396円)

11/11  9,048円 (-49円)

11/10  9,097円 (+225円)

11/09  8872円 (+319円)

11/06  8553円 (+226円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,675円/g


10:30現在の金相場は1トロイオンス1876.05ドル、パラジウムは2331.50ドル、為替は1$103円84銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年11月19日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金6,936円(-63円)、パラジウム8,673円(-28円)、銀92.07円(-0.88円)、プラチナ3,505円(+25円)と、国内貴金属はプラチナを除いてマイナス圏での値動きに。金は売り優勢となったNY相場を受け、国内でもマイナス圏で推移し続落したほか、銀も値を落とし続落。また、パラジウムはNY相場では買い優勢に反転し約1週間ぶりの高値で引けたものの、時間外取引での戻りや円高要因から国内では下げて推移し7日続落。一方、プラチナは堅調に推移し反発となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年11月19日18日 海外貴金属相場

【18日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1873.90ドル(-11.20ドル)

銀:2444.80セント(-20.30セント)

パラジウム:2354.00ドル(+27.50ドル)

プラチナ:950.90ドル(+13.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年11月18日軟調な動きとなったNY相場や為替動向から、国内貴金属も総じて値を下げマイナス圏へ↓

【金相場】17日のNY金相場は、新型コロナウイルスの感染拡大とワクチン実用化への期待が交錯し、もみ合いとなった後、4営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1885.10ドル(-2.70ドル)と、4営業日ぶりに反落して取引きを終了。米モデルナは16日、開発中のワクチン臨床試験(治験)で94.5%の有効性がみられたとの暫定結果を発表した。9割超の有効性が確認されたのは、米ファイザーと独ビオンテックの共同開発ワクチンに続く2例目。保管や輸送がファイザーのワクチンに比べ容易で、早期実用化・普及への期待が高まっている。しかし、足元では米欧などを中心に新規感染者の増加傾向に歯止めがかからず、各国政府・自治体の間で規制強化の動きが拡大している事から、安全資産とされる金は底堅く推移した。また、朝方発表の10月米小売売上高が冴えない内容となり、一時ドル安が進んだ事も買い材料となった。ただ、3日続伸の後でこの日は利益確定売りも出やすく、上値の重い取引となった。

国内の金相場は、利確売りに押され4営業日ぶりに値を下げたNY相場を映し反落。買取ベースでは1gあたり6,890円(-51円)と、4営業日ぶりにマイナス圏に転じ反落しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

11/18  6890円 (-51円)

11/17  6941円 (+1円)

11/16  6,940円 (+17円)

11/13  6,923円 (+21円)

11/12  6,902円 (-31円)

11/11  6,933円 (+8円)

11/10  6,925円 (-137円)

11/09  7,062円 (+14円)

11/06  7,048円 (+76円)

11/05  6,972円 (-31円)

10日間の金相場平均価格:6,954円/g


【パラジウム相場】17日のNYパラジウム相場は、低調な米国経済指標や株式を眺めて売り優勢となり反落。中心限月の12月限は1トロイオンス2326.50ドル(-18.60ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。この日、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、米経済の回復は「着実な」ペースで続く公算が大きいとしながらも、新型コロナウイルス感染の急増で勢いを失うリスクがあると述べ、FRBの緊急融資ファシリティーを終わらせるのは時期尚早だと付け加えた。これを受け外国為替市場ではドル売りが進行。ドル建のパラジウムは割安感が意識され買いが先行した。しかし、前日に史上最高値を更新した事もあって米国株が利確売りに転じると、パラジウムも次第に売りに反転。10月の米小売売上高が低調な内容となった事も意識され、結局この日はマイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、マイナスサイドに反転したNY相場を映し軟調地合いが継続。買取では1gあたり8,448円(-72円)と、値を下げ6営業日続落となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

11/18  8448円 (-72円)

11/17  8520円 (-16円)

11/16  8536円 (-66円)

11/13  8602円 (-50円)

11/12  8652円 (-396円)

11/11  9,048円 (-49円)

11/10  9,097円 (+225円)

11/09  8872円 (+319円)

11/06  8553円 (+226円)

11/05  8327円 (-61円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,666円/g


11:05現在の金相場は1トロイオンス1884.70ドル、パラジウムは2329.55ドル、為替は1$104円12銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6291件 813~816件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら