相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5202件 2065~2068件目を表示

2018年03月05日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金4,907円(-4円)、パラジウム3,747円(±0円)、銀63.61円(-0.11円)、プラチナ3,655円(-21円)と、国内貴金属は堅調に推移した週末のNY相場高を映すも、為替が円高に進んだ事で上げを相殺されパラジウムを除いてマイナス圏で推移。金は横ばい圏ながら小幅安に振れ4営業日続落し、銀もマイナスサイドに沈下。また、プラチナも金同様に4営業日続落した一方で、パラジウムのみ値動きがなく横ばい推移となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月03日週末2日 海外貴金属相場

【2日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1323.40ドル(+18.20ドル)

銀:1646.60セント(+19.00セント)

パラジウム:986.50ドル(+13.30ドル)

プラチナ:965.10ドル(+7.30ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月02日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1319.60ドル、パラジウムは988.85ドル、為替は1$105円65銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年03月02日売り優勢となったNY市場を映して、国内貴金属も総じて軟調に推移↓

【金相場】1日のNY金相場は、米利上げペースの加速観測が引き続き重しとなり売りが継続。中心限月の4月限は1トロイオンス1305.20ドル(-12.70ドル)と、マイナス圏で推移し、3営業日続落して取引きを終了。パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長はこの日、上院銀行委員会で証言し、米経済について「完全雇用の状態に極めて近い」と述べ、緩やかな利上げが適切との考えを改めて示した。パウエル氏は27日の下院金融サービス委員会での議会証言では、トランプ政権による景気浮揚策で「インフレ率が目標に向かうとの自信が深まった」と発言。FRBはこれまで今年3回の利上げを想定しているが、市場では4回に加速するのではとの観測が広がり始めているため、金利を生まない金商品には売り圧力がかかり、軟調な展開となった。また、外国為替市場では引き続きドル高・ユーロ安基調が続いたことも金商品には割高感をもたらし、相場を下押しする要因となった。ただ、米国株の大幅続落を受けて安全逃避的な買いも入っており、引け後には1322.30ドルまで戻している。

国内の金相場は、米国の利上げ拡大観測や、ドル高要因に圧迫されたNY相場の値動きを映して軟調地合いが継続。小売ベースでは1gあたり4,911円(-17円)と、値を落とし3日続落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

03/02   4911円 (-17円)

03/01   4928円 (-36円)

02/28   4964円 (-42円)

02/27   5006円 (+19円)

02/26   4987円 (+1円)

02/23   4986円 (-26円)

02/22   5012円 (+2円)

02/21   5020円 (-21円)

02/20   5031円 (+7円)

02/19   5024円 (-10円)

直近10日間の金相場平均価格:4,986円/g


【パラジウム相場】1日のNYパラジウム相場は、米国株の大幅下落や、利上げペースの拡大観測、トランプ大統領が関税賦課を表明した事に伴う先行き警戒感が意識され大幅反落。中心限月の6月限は1トロイオンス973.20ドル(-64.40ドル)と、中心終値では先月14日相場(約2週間)ぶりに1000ドルを割り込んで取引きを終了。この日のパラジウムは、引き続き米国の利上げ加速を意識したドル買いの流れに相場を圧迫され序盤より売りが先行した。また、日本や欧州株に続いて、米国株も軟調スタートするなど投資家心理が後退。株価につられる形でパラジウムも売りが進んだほか、米政権が鉄鋼やアルミニウムの関税を引き上げる方針を発表した事で、自動車価格の押し上げに繋がるのではとの思惑も下押し要因となり、下げ幅を広げる展開となった。なお、この日のプラチナの清算値は957.80ドル(-30.30ドル)と反反落。1日時点での両銘柄の価格差は15.40ドル(パラジウム高)となった。

国内のパラジウムは、大幅反落したNY市場を映して売りが継続。小売では1gあたり3,747円(-211円)と、このところの高値水準から一段下げ、2月9日相場(約3週間)ぶりの安値に値戻しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

03/02   3747円 (-211円)

03/01   3958円 (-27円)

02/28   3985円 (-54円)

02/27   4039円 (+43円)

02/26   3996円 (+38円)

02/23   3958円 (+38円)

02/22   3920円 (-43円)

02/21   3963円 (+43円)

02/20   3920円 (-32円)

02/19   3952円 (+102円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:3,944円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:25現在の金相場は1トロイオンス1318.50ドル、パラジウムは987.40ドル、為替は1$106円08銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5202件 2065~2068件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら