相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6374件 2489~2492件目を表示

2018年12月17日週末14日 海外貴金属相場

【14日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1241.40ドル(-6.00ドル)

銀:1463.70セント(-21.80セント)

パラジウム:1171.60ドル(-19.10ドル)

プラチナ:785.30ドル(-12.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年12月14日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1240.70ドル、パラジウムは1175.85ドル、為替は1$113円59銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため休業となります。週明け月曜日の相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年12月14日国内金相場は横ばいながら5日続伸したほか、パラジウムは連日で最高値記録を更新↑

【金相場】13日のNY金相場は、世界的な株価の持ち直しやドル高を背景に売られ反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1247.40ドル(-2.60ドル)と、小幅ながらマイナス圏に転じて取引きを終了。中国商務省の高峰報道官はこの日、米国との貿易協議に関する作業の進展を報告。米国産大豆の購入を確認したほか、エネルギーや自動車分野でも米産品の輸入を拡大する方針を明らかにした。これを受け、通商問題で対立する米中両国の歩み寄りに期待が高まり、この日は世界的に株価が持ち直した。また、欧州中央銀行(ECB)が、来年のユーロ圏経済の成長率および物価予測を小幅下方修正したことで、外国為替市場ではドル買い・ユーロ売りが進行。対ユーロでのドル高も金には重しとなり、相場は売りが優勢となった。ただ、来週18、19両日の連邦公開市場委員会(FOMC)開催を前に投資家の様子見姿勢も強く、一方的な方向には向かい辛く下値は限定的となった。金商品は金利を生まない資産のため、金融引き締め局面では投資先としての魅力が薄れる傾向にあるが、連邦準備制度理事会(FRB)が今回のFOMC後に示す最新の金利見通しで、来年の利上げ想定回数が減るのではないかとの思惑が相場を支えた。

国内の金相場は、横ばい圏ながら小幅高に振れ上伸。小売ベースでは1gあたり4,943円(+1円)と、横ばい圏ながら小幅上伸し5営業日続伸。前日同様におよそ6ヶ月(6月19日相場)ぶりの高値継続となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

12/14  4943円 (+1円)

12/13  4942円 (+5円)

12/12  4937円 (+11円)

12/11  4926円 (+2円)

12/10  4924円 (+31円)

12/07  4893円 (-11円)

12/06  4904円 (+8円)

12/05  4896円 (-1円)

12/04  4897円 (+33円)

12/03  4778円 (+1円)

直近10日間の金相場平均価格:4,913円/g


【パラジウム相場】13日のNYパラジウム相場は、このところの高値反動に対する利確売りやドル高に下押され3営業日ぶりに反落。中心限月の3月限は1トロイオンス1190.70ドル(-3.80ドル)と、前日までの連騰が一服し、小幅ながらマイナス圏に転じて取引きを終了。この日のパラジウムは、買い優勢となった前日相場の流れを引き継ぎ、時間外取引きでは一代高値の1199ドルまで上伸するなど堅調に推移した。ただ、前日終値では歴代高値を上抜き、史上最高値を更新するなど価格水準を切り上げていたことから利益確定売りが台頭。加えて、欧州中央銀行(ECB)が成長率予想を引き下げ、外国為替市場ではドル高・ユーロ安となったことも材料となり、相場は次第に売り優勢に反転した。

国内のパラジウムは、堅調地合いを維持して5営業日続伸。小売では1gあたり5,059円(+16円)と、連日で過去最高値を記録しました。なお、現在急騰しているパラジウムは、およそ16年5ヶ月(2002年7月相場)ぶりに、金を上回る価格で推移しております。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

12/14  5059円 (+16円)

12/13  5043円 (+65円)

12/12  4978円 (+70円)

12/11  4908円 (+48円)

12/10  4860円 (+38円)

12/07  4822円 (-124円)

12/06  4946円 (+32円)

12/05  4914円 (+87円)

12/04  4827円 (+65円)

12/03  4762円 (+21円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,912円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:10現在の金相場は1トロイオンス1245.05ドル、パラジウムは1186.70ドル、為替は1$113円51銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年12月14日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金4,943円(+1円)、パラジウム5,059円(+16円)、銀61.23円(+0.21円)、プラチナ3,251円(-23円)と、国内貴金属はプラチナを除いて堅調に推移し上伸。金はNY相場では小幅安に振れるも、国内では横ばい圏ながら小幅上伸し5営業日続伸。前日同様におよそ6ヶ月(6月19日相場)ぶりの高値継続となったほか、銀も値を伸ばし約2ヵ月半(10月3日相場)ぶりの高値を更新。また、パラジウムは5営業日続伸し上げ幅を拡大。NY相場では利確売りが出るも、国内では本日も値を伸ばし連日で過去最高値を記録しました。なお、現在急騰しているパラジウムは、およそ16年5ヶ月(2002年7月相場)ぶりに、金を上回る価格で推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6374件 2489~2492件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら