相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5592件 1277~1280件目を表示

2019年06月20日金相場は2月26日相場以来およそ4ヶ月ぶりの高値を付けたほか、パラジウムは3月27日相場(約3ヶ月)ぶりの高値を更新。

【金相場】19日のNY金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策決定を目前に控えて、様子見ムードが広がり横ばい圏での値動きに。中心限月の8月限は1トロイオンス1348.80ドル(-1.90ドル)で取引きを終了。今月末開催の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ、米中首脳会談が開かれる見通しとなったことを受け、安全資産とされる金は早朝にかけて軟調に推移した。しかし、午後にFRBが公表する連邦公開市場委員会(FOMC)声明と、FOMC参加者による景気・金利見通し、さらにはパウエルFRB議長による記者会見での発言を見極めたいとの思惑が強まったため、次第に買い戻しが入り、じりじりと下げ幅を縮める展開となった。FRBが午後に公表したFOMC声明は、これまで「忍耐強く」据え置くとしていた政策金利について、年内に引き下げに動く公算が大きいことを示唆。これを受けて、米長期金利が低下し、ドル売りが活発化する中、金利を生まない資産である金商品は買われ、一時1360ドル超まで上昇した。

国内の金相場は堅調な展開を維持して3日上伸。小売ベースでは1gあたり5,132円(+21円)と、2月26日相場以来およそ4ヶ月ぶりの高値を付け、一段高となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

06/20  5132円 (+21円)

06/19  5111円 (+23円)

06/18  5088円 (+2円)

06/17  5086円 (-6円)

06/14  5092円 (+28円)

06/13  5064円 (+21円)

06/12  4958円 (+1円)

06/11  5042円 (-28円)

06/10  5070円 (+10円)

06/07  5060円 (+10円)

直近10日間の金相場平均価格:5,079円/g


【パラジウム相場】19日のNYパラジウム相場は、投資家のリスク選好意欲の高まりや、ドル安の進行、年内利下げ観測が追い風となり急伸。中心限月の9月限は1トロイオンス1492.60ドル(+19.30ドル)と、3月26日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を更新し、1500ドル圏内まで上昇して取引きを終了。この日のパラジウムは、一段高となった前日相場の流れを引き継ぎ、序盤より買いが先行した。また、今月末開催の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ、米中首脳会談が開かれる見通しとなったことを受け投資家心理が改善。リスク選好意欲の高まりや、需給バランスの観点、ドル安進行やテクニカルな買いが入り、相場は一段と上げ幅を拡大した。その後、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策決定を午後に控えて、やや様子見ムードが広がるも買い地合いは継続し、そのまま高値圏で取引きを終えた。現在価格水準を切り上げて推移しているパラジウムは、月間ではこの日までに+161.60ドル(+10.8%)となった。

国内のパラジウムは、引き続き堅調となったNY相場を映して上伸。小売では1gあたり5,718円(+16円)と、3月27日相場(約3ヶ月)ぶりの高値を更新し、価格水準を切り上げる展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

06/20  5,718円 (+16円)

06/19  5,702円 (+108円)

06/18  5,594円 (±0円)

06/17  5,594円 (+59円)

06/14  5,535円 (+108円)

06/13  5,427円 (+76円)

06/12  5,351円 (+43円)

06/11  5,308円 (+70円)

06/10  5238円 (+49円)

06/07  5189円 (+70円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,466円/g


13:50現在の金相場は1トロイオンス1380.55ドル、パラジウムは1499.70ドル、為替は1$107円65銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月20日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,132円(+21円)、パラジウム5,718円(+16円)、銀59.94円(+0.11円)、プラチナ3,153円(+7円)と、国内貴金属は前日相場同様に軒並み値を上げ上伸。金は引け後に買い戻されたNY相場高を映して、国内でも堅調地合いとなり上げ幅を拡大。2月26日相場以来およそ4ヶ月ぶりの高値を付け一段高となったほか、銀も値を伸ばし前日同様に5月8日相場(1ヶ月半)ぶりの高値を継続。また、白金族のパラジウム・プラチナも共に値を伸ばし続伸。パラジウムはNY相場が一段高となった事を映して、国内でも上げ幅を拡大し3月27日相場(約3ヶ月)ぶりの高値を更新。価格水準を切り上げる展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月20日19日 海外貴金属相場

【19日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1348.00ドル(-2.70ドル)

銀:1495.80セント(-3.50セント)

パラジウム:1492.60ドル(+19.30ドル)

プラチナ:805.00ドル(+3.00ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年06月19日国内貴金属は軒並み上昇↑金は3か月半ぶりの高値を付け、パラジウムは急騰。

【金相場】18日のNY金相場は、米欧による金融緩和策への期待を追い風に買いが優勢となり反発。中心限月の8月限は1トロイオンス1350.70ドル(+7.80ドル)と、年初来高値(2月20日相場、1347.90ドル)を抜いて、昨年4月18日相場以来およそ1年2ヶ月ぶりの高値を記録して取引きを終了。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がこの日の講演で、追加金融緩和の可能性を示唆したことを受け、金商品は序盤より買いが先行した。また、米連邦準備制度理事会(FRB)が18-19両日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で、景気減速リスクを回避するために「予防的利下げ」が必要かどうかを議論する見通しであることも、金利を生まない資産である金にとっては支援材料となり、一時1358.50ドルまで上げ幅を拡大した。その後、トランプ米大統領が中国の習近平国家主席と電話会談したことを明らかにした上で、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて米中首脳会談を行うと表明したため、米中間の貿易交渉妥結への期待が浮上。投資家のリスク選好意欲が高まったことから、安全資産とされる金買いは一服となり、相場は朝方に一旦上げ幅を縮小した。ただ、米欧の金融緩和への期待に支えられた買い戻しの勢いは根強く、売りが一巡した後は再び堅調地合いで推移した。

国内の金相場は、NY相場が約1年2カ月ぶりの高値を記録した事で上げ幅を拡大。小売ベースでは1gあたり5,111円(+23円)と、3月1日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値を付け、価格水準を一段切り上げる展開となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

06/19  5111円 (+23円)

06/18  5088円 (+2円)

06/17  5086円 (-6円)

06/14  5092円 (+28円)

06/13  5064円 (+21円)

06/12  4958円 (+1円)

06/11  5042円 (-28円)

06/10  5070円 (+10円)

06/07  5060円 (+10円)

06/06  5050円 (+20円)

直近10日間の金相場平均価格:5,071円/g


【パラジウム相場】18日のNYパラジウム相場は、ECBドラギ総裁の発言や、リスク選好意欲の高まりを受け急反発。中心限月の9月限は1トロイオンス1473.30ドル(+17.80ドル)と、直近高値を抜いて、3月26日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を更新して取引きを終了。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が18日の講演で、追加緩和の可能性を示唆したことを受け、パラジウムは他貴金属同様に未明から買いが先行し上昇した。また、この日から始まった米連邦公開市場委員会(FOMC)で、早期の金利引き下げの姿勢が示される期待も追い風となったほか、米国株の上昇、米中間の貿易交渉妥結への期待感が浮上した事も買い材料となり、相場は一気に1482.80ドルまで急騰した。その後、一部で利益を確定する動きが出たことで上げ幅をやや縮小するも、投資家のリスク選好意欲の高まりや、テクニカル要因からも買い支えられ、そのまま高値水準で引けた。

国内のパラジウムは、一段高となったNY相場を映して急伸。小売では5,702円(+108円)と、大幅高となり3月27日相場(約3ヶ月)ぶりの高値を更新。金同様に価格水準を一段切り上げる展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

06/19  5,702円 (+108円)

06/18  5,594円 (±0円)

06/17  5,594円 (+59円)

06/14  5,535円 (+108円)

06/13  5,427円 (+76円)

06/12  5,351円 (+43円)

06/11  5,308円 (+70円)

06/10  5238円 (+49円)

06/07  5189円 (+70円)

06/06  5119円 (-54円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,406円/g


11:50現在の金相場は1トロイオンス1479.55ドル、パラジウムは1446.80ドル、為替は1$108円45銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5592件 1277~1280件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら