相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5202件 1277~1280件目を表示

2019年01月09日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金4,901円(-5円)、パラジウム5,124円(+102円)、銀62.20円(+0.10円)、プラチナ3,215円(-1円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はリスクオン地合いからNY相場がマイナス圏に転じた事を映して、国内でも値を落とし小反落。一方、銀は前日の下げを埋めてプラス圏に反転したほか、パラジウムは歴代高値更新となったNY相場の急騰を映し上げ幅を拡大。直近高値の昨年12月14日相場(5,059円)を抜いて史上最高値を記録し、価格水準を切り上げる展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年01月09日8日 海外貴金属相場

【8日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1285.90ドル(-4.00ドル)

銀:1571.30セント(-4.30セント)

パラジウム:1261.40ドル(+21.20ドル)

プラチナ:821.80ドル(-2.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年01月08日17:30現在の金・パラジウム・為替相場

17:30現在の金相場は1トロイオンス1285.15ドル、パラジウムは1247.30ドル、為替は1$108円95銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年01月08日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金4,906円(+24円)、パラジウム5,022円(±0円)、銀62.10円(-0.1円)、プラチナ3,216円(+15円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はNY相場がプラス圏で推移した事を映して、国内でも値を上げ反発。また、プラチナも堅調地合いが継続し4日続伸。昨年12月14日相場以来およそ3週間ぶりの高値となった一方、銀は小幅安に反転し3営業日ぶりに反落。本日パラジウムは前日比変わらずの横ばいとなり、高止まりとなっております。なお、史上最高値圏で推移するなど現在高騰中のパラジウムは、およそ16年6ヶ月(2002年7月相場)ぶりに金相場を上回る価格水準で推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5202件 1277~1280件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら