相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5267件 225~228件目を表示

2020年05月15日国内貴金属は軒並み値を上げ上昇↑金は過去最高値水準に再浮上したほか、パラジウムもプラス圏に転じ3営業日ぶりに反発。

【金相場】14日のNY金相場は、低調な内容の米国経済指標や米中対立激化への懸念を背景に、買い地合いが強まり3日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1740.90ドル(+24.50ドル)と、直近高値を抜いて、4月23日相場以来およそ3週間ぶりの高値を更新して取引きを終了。前日の米国FRB議長の発言をきっかけに、この日の金相場は時間外取引より買いが先行し小高く推移した。その後、日中取引では、1週間の新規失業保険申請件数が発表され、298万1000件と前週統計を下回ったものの、以前として高水準を維持する結果となった事から金買いが活発化。加えて、トランプ米大統領がTVインタビューで、中国との断交の可能性もあると示唆したことで、リスク回避としての金買いが旺盛となり、上げ幅を拡大する展開となった。

国内の金相場は、引き続き買い優勢となったNY相場を映し6日続伸。買取ベースでは1gあたり6,515円(+60円)と、過去最高値を記録した4月24日相場(6,516円)水準と並び、3週間ぶりの高値に値戻しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

05/15  6516円 (+60円)

05/14  6455円 (+37円)

05/13  6418円 (+7円)

05/12  6411円 (+5円)

05/11  6406円 (+5円)

05/08  6401円 (+101円)

05/07  6300円 (-129円)

04/27  6504円 (-12円)

04/24  6516円 (+46円)

04/23  6470円 (+105円)

10日間の金相場平均価格:6,436円/g


【パラジウム相場】14日のNYパラジウム相場は、原油高や他貴金属の上昇、安値拾いが入った事で買われ反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1798.20ドル(+7.50ドル)と、プラス圏に転じて取引きを終了。この日のパラジウムは、軟調となった前日相場の安値反動から時間外取引より買いが先行し小高く推移した。その後、ドルの戻りや、米中対立への警戒感が意識され、上げ幅を縮小する場面もあったが、需給バランスの改善から原油相場が約5週間ぶりの高値に回復した事で、パラジウムも連れ高となり再度上昇。加えて、前日のパウエルFRB議長の講演で、景気低迷が長期化する恐れがあると警告し、追加の財政出動の必要性が示唆されたほか、他貴金属の上昇、下げてスタートした米国株が切り返した事も支援材料となり、結局買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、プラス圏に反転したNY相場を映し反発。買取では1gあたり7,007円(+66円)と、3営業日ぶりに値を上げ、7000円台に値戻す展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/15  7007円 (+66円)

05/14  6941円 (-110円)

05/13  7051円 (-160円)

05/12  7211円 (+99円)

05/11  7112円 (+50円)

05/08  7062円 (+247円)

05/07  6815円 (-473円)

04/28  7288円 (-385円)

04/27  7673円 (+176円)

04/24  7497円 (+44円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,166円/g


11:55現在の金相場は1トロイオンス1748.75ドル、パラジウムは1819.30ドル、為替は1$107円35銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月15日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金6,624円(+60円)、パラジウム7,260円(+66円)、銀62.92円(+1.21円)、プラチナ3,029円(+7円)と、国内貴金属は総じて堅調に推移し上昇。金は低調な内容となった米国経済指標や、インフレヘッジとして買われたNY相場を映し、国内でも上げ幅を拡大し直近では最長の6日続伸。過去最高値を記録した4月24日相場(6,516円)水準と並び、3週間ぶりの高値となったほか、銀も上げ幅を拡大し3月12日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値に浮上。また、本日は白金族のパラジウム・プラチナも共に堅調に推移し、パラジウムは3営業日ぶりに反発し、プラチナは小幅ながら続伸となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月15日14日 海外貴金属相場

【14日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1740.90ドル(+24.50ドル)

銀:1615.60セント(+48.50セント)

パラジウム:1798.20ドル(+7.50ドル)

プラチナ:775.00ドル(+5.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年05月14日17:30現在の金・パラジウム・為替相場

17:30現在の金相場は1トロイオンス1728.55ドル、パラジウムは1805.80ドル、為替は1$106円85銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5267件 225~228件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら