相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6893件 485~488件目を表示

2021年12月16日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金7,252円(+50円)、パラジウム6,770円(±0円)、銀92.40円(+0.66円)、プラチナ3,845円(+9円)と、引け後の時間外取引きの伸びを映して、国内貴金属は値動きが無かったパラジウムを除いて反発。金はFOMC後の時間外取引きでNY相場が買い戻されたほか、為替市場で円安に傾斜した事もあって、国内ではプラス圏で推移し反発。また、銀も値を上げ反発したほか、プラチナも小幅高に振れ3営業日ぶりに反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年12月16日15日 海外貴金属相場

【15日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1764.50ドル(-7.80ドル)

銀:2154.50セント(-37.90セント)

パラジウム:1551.60ドル(-71.10ドル)

プラチナ:894.20ドル(-16.70ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年12月15日軟調なNY相場の値動きを映し、国内貴金属は総じてマイナス圏での値動きに。

【金相場】14日のNY金相場は、米長期金利の上昇とドル高が重しとなり、3営業日ぶりに反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1772.30ドル(-16.00ドル)と、売りに転じて取引きを終了。米労働省が朝方発表した11月の卸売物価指数(PPI)は前月比0.8%上昇と、市場予想の0.5%を上回った。前年同月比では9.6%の上昇と、比較可能な2010年以降で最大を更新。米利上げ前倒し観測を強める内容となり、米長期金利が上昇。これを背景に外国為替市場では対ユーロでドルが堅調に推移し、金利を生まずドル建ての金商品は投資妙味が薄れ、売りが活発化した。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表やパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見を翌日に控えて様子見ムードも強く、取引終盤は動意薄となった。

国内の金相場は、マイナス圏に反転したNY相場を映し3営業日ぶりに反落。買取ベースでは1gあたり7,099円(-32円)と、値を下げマイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

12/15  7,099円 (-32円)

12/14  7,131円 (+14円)

12/13  7,117円 (+22円)

12/10  7,095円 (-47円)

12/09  7,142円 (+23円)

12/08  7,119円 (+11円)

12/07  7,108円 (+26円)

12/06  7,082円 (+46円)

12/03  7,036円 (-37円)

12/02  7,073円 (+13円)

10日間の金相場平均価格:7,100円/g



【パラジウム相場】14日のNYパラジウム相場は、インフレ高進を示す経済指標を背景に、長期金利やドルの上昇を受けて相場を圧迫。中心限月の3月限は1トロイオンス1622.70ドル(-52.00ドル)と、4営業日続落して取引きを終了。11月の米生産者物価指数(PPI)は過去最大の伸びを記録。今年最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が待たれる中、米消費者と生産者の物価指数がいずれも大幅に上昇したことから、インフレへの警戒感が再燃。投資家がリスク回避姿勢を強め米国株が軟調となったほか、長期金利とドルが上昇した事も相場の圧迫材料となった。

国内のパラジウム相場は、NY相場を映し4日続落。買取では1gあたり6,518円(-236円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/15  6,518円 (-236円)

12/14  6,754円 (-330円)

12/13  7,084円 (-149円)

12/10  7,233円 (-148円)

12/09  7,381円 (+11円)

12/08  7,370円 (±0円)

12/07  7,370円 (+143円)

12/06  7,227円 (+187円)

12/03  7,040円 (+82円)

12/02  6,958円 (-22円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,094円/g


10:40現在の金相場は1トロイオンス1779.85ドル、パラジウムは1630.60ドル、為替は1$113円70銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年12月15日本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金7,202円(-32円)、パラジウム6,770円(-237円)、銀91.74円(-1.10円)、プラチナ3,836円(-31円)と、NY相場の値動きを映し国内貴金属は総じてマイナス圏での値動きに。金はNY相場が3営業日ぶりに反落した事を映し、国内でもマイナス圏に転じ3営業日ぶりに反落。また、銀も値を下げ3営業日ぶりに反落したほか、パラジウム・プラチナはそれぞれ値を下げマイナス圏での値動きとなりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6893件 485~488件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら