相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5842件 1029~1032件目を表示

2020年02月13日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金6,134円(+10円)、パラジウム9,372円(+138円)、銀71.28円(-0.33円)、プラチナ3,815円(-38円)と、国内貴金属はまちまちな展開に。金はNY相場が小反発した事から、国内でも値を上げプラス圏に反転した一方、銀は続落、プラチナは反落とマイナス圏へ。なお、パラジウムはNY相場の急騰をはやして国内でも上げ幅を拡大。6日相場(約1週間)ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月13日10日 海外貴金属相場

【10日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1571.60ドル(+1.50ドル)

銀:1749.70セント(-10.00セント)

パラジウム:2322.50ドル(+56.80ドル)

プラチナ:967.30ドル(-6.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月12日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金6,124円(-16円)、パラジウム9,234円(+77円)、銀71.61円(-0.22円)、プラチナ3,853円(+9円)と、祝日明けの国内貴金属はまちまち。金は11日のNY相場が5営業日ぶりに反落した事を映して、国内でも前営業日の上げを戻し4営業日ぶりに反落。このところの上昇地合いが一服したほか、銀もマイナス圏で推移し続落。一方、本日白金族のパラジウム・プラチナはそれぞれプラス圏で推移し上昇。パラジウムは堅調となった10日ー11日のNY相場高を映し、国内でも値を上げ3営業日ぶりに反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年02月12日9日 海外貴金属相場

【9日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1570.10ドル(-9.40ドル)

銀:1759.70セント(-18.80セント)

パラジウム:2265.70ドル(+15.90ドル)

プラチナ:973.50ドル(+6.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5842件 1029~1032件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら