相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5592件 165~168件目を表示

2020年10月29日16:10現在の金・パラジウム・為替相場

16:10現在の金相場は1トロイオンス1885.35ドル、パラジウムは2170.10ドル、為替は1$104円36銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月29日総じて売り優勢の展開となったNY相場を映し、国内貴金属も軟調な展開が継続。

【金相場】28日のNY金相場は、ドル高要因やリスク回避の高まりを受けた換金目的としての売りに圧迫され4営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1879.20ドル(-32.70ドル)と、9月25日相場以来およそ1ヶ月ぶりの安値に戻して取引きを終了。欧州を中心に新型コロナウイルス感染の再拡大が懸念される中、外国為替市場では対ユーロでドル高が進行。これを受けて、ドル建てで取引される金商品に割高感が生じ、金は売られやすい展開となった。また、欧米株価が大幅安となり投資家のリスク回避姿勢が高まったが、金は損失補填目的の売りに圧迫され軟調となった。また、米国大統領選挙や、米国の追加経済対策の行方に関心が高まる中、一部で結果を織り込む向きもあった。一方、市場関係者には、29日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、ECBが予想されているよりも一段と踏み込んだ対策を強いられ、米連邦準備制度理事会(FRB)もそれほど違わない状況に置かれているとの思惑から、依然として、金相場の長期的な上昇を期待する向きもある。

国内の金相場は、ドル高の進行や換金目的として売られたNY相場を映し軟調な展開に。買取ベースでは1gあたり6,890円(-95円)と、マイナス圏で推移し続落となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/29  6890円 (-95円)

10/28  6985円 (-27円)

10/27  7012円 (+30円)

10/26  6982円 (-29円)

10/23  7011円 (-54円)

10/22  7065円 (-27円)

10/21  7092円 (+34円)

10/20  7058円 (+20円)

10/19  7038円 (-12円)

10/16  7050円 (+43円

10日間の金相場平均価格:7,018円/g


【パラジウム相場】28日のNYパラジウム相場は、リスク回避のドル買い進行や、欧米株価の急落を背景に圧迫され3営業日続落。中心限月の12月限は1トロイオンス2250.60ドル(-103.30ドル)と、金同様に約1ヶ月(9月25日相場)ぶりの安値に戻して取引きを終了。欧州での新型コロナウイルスの感染再拡大を嫌気し、この日はリスク回避姿勢が一層高まり、安全資産としてのドル買いが進行。ドル建てのパラジウムは他貴金属同様に割高感が意識されたほか、欧米株式が売り一色となった事も相場の圧迫材料となり下げ幅を拡大した。また、米国大統領選挙が来週3日に迫っている事や、先行き不透明な追加経済対策も投資家心理を冷やす格好となった。市場では米国大統領選のほか、翌29日の欧州中央銀行(ECB)理事会に関心が高まり、ECBが予想されているよりも一段と踏み込んだ対策を打ち出すとの見方も広がっている。

国内のパラジウム相場は、ドル高進行やリスク回避姿勢の高まりを背景に圧迫されたNY相場を映し6日続落。買取では1gあたり8,338円(-215円)と、マイナス圏で推移し、約1ヶ月(9月28日相場)ぶりの安値に値戻す展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/29  8338円 (-215円)

10/28  8553円 (-104円)

10/27  8657円 (-28円)

10/26  8685円 (-49円)

10/23  87%4円 (-55円)

10/22  8789円 (-55円)

10/21  8844円 (+176円)

10/20  8668円 (+38円)

10/19  8630円 (-55円)

10/16  8685円 (+33円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,658円/g


10:30現在の金相場は1トロイオンス1884.70ドル、パラジウムは2254.95ドル、為替は1$104円38銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月29日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金6,999円(-96円)、パラジウム8,591円(-214円)、銀89.32円(-3.19円)、プラチナ3,329円(-32円)と、国内貴金属は売りが広がったNY相場を映し、総じて軟調な展開に。金はNY相場がドル高の進行や、リスク回避姿勢の高まりを受けた換金売りに押された事を受け、国内でもマイナス圏で推移し続落。また、銀も大きく値を下げ6営業日続落したほか、パラジウムも同様に6日続落し、9月28日相場(約1ヶ月)ぶりの安値に値戻す展開に。プラチナは3日続落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年10月29日28日 海外貴金属相場

【28日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1879.20ドル(-32.70ドル)

銀:2335.90セント(-121.10セント)

パラジウム:2250.60ドル(-103.30ドル)

プラチナ:875.00ドル(-11.80ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5592件 165~168件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら