相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5843件 277~280件目を表示

2021年01月05日15:40現在の金・パラジウム・為替相場

15:40現在の金相場は1トロイオンス1949.30ドル、パラジウムは2402.80ドル、為替は1$102円93銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月05日連休明けの国内貴金属は軒並み値を伸ばし一段高へ↑金は約2ヶ月ぶり、パラジウムは約1ヵ月ぶりの高値を更新。

【金相場】年明け4日のNY金相場は、ドル安による割安感が意識されたほか、米政治不安などが材料視され4日続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1946.60ドル(+51.50ドル)と、節目の1900ドル台に乗せ、中心終値では昨年11月6日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。米金融緩和の長期化観測に加えて新型コロナウイルス感染拡大に対応する9000億ドル規模の米追加経済対策が成立し、外国為替市場では、ドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される金商品に割安感が強まり買いが殺到。相場は節目の1900ドルを突破すると、一時1948.70ドルまで上げ幅を拡大した。このほか、米議会上院の多数派を決するジョージア州での決選投票を翌5日に控え、今後の政権運営に関する不透明感が投資家心理を圧迫し、米国株が軟調となると安全資産として金を買う動きが活発となり、価格水準を切り上げる展開となった。

国内の金相場は、年末年始のNY相場が堅調となった事を映し急伸。買取ベースでは1gあたり7,015円(+184円)と、3営業日続伸し上げ幅を拡大。。昨年11月9日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を付け、同日ぶりに大台の7,000円台に浮上する展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/05  7,015円 (+184円)

12/25  6,831円 (+20円)

12/24  6,811円 (+31円)

12/23  6,780円 (-45円)

12/22  6,825円 (-32円)

12/21  6,857円 (+28円)

12/18  6,829円 (+49円)

12/17  6,780円 (+46円)

12/16  6,734円 (+65円)

12/15  6,669円 (-33円)

12/14  6,702円 (-21円)

12/11  6,723円 (-8円)

10日間の金相場平均価格:6,813円/g



【パラジウム相場】年明け4日のNYパラジウム相場は、リスクオフの流れや、利確売りに押され3営業日ぶりに反落。中心限月の3月限は1トロイオンス2391.20ドル(-62.60ドル)と、売り優勢で取引きを終了。前営業日の昨年末(31日)には、米金融緩和の長期化観測に加えて新型コロナウイルス感染拡大に対応する9000億ドル規模の米追加経済対策が成立した事を受け、ドル安やテクニカル要因から買いが殺到し終値では2453.80ドルを付け、11月10日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を記録していた。この日は、その反動から序盤より利確売りが出たほか、翌5日に行われる米上院多数派を決する南部ジョージア州での2議席をめぐる決選投票が波乱要因として警戒されており、米国株が軟調となるなど投資家心理がリスクオフとなった事でパラジウムも売りが優勢となり、3営業日ぶりにマイナス圏に転じて取引きを終えた。

国内のパラジウムは、連休中のNY相場が堅調となった事を受け上伸。買取では1gあたり8,575円(+33円)と、4営業日続伸し、パラジウムは昨年12月3日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/05  8575円 (+33円)

12/25  8542円 (+138円)

12/24  8404円 (+44円)

12/23  8360円 (+22円)

12/22  8338円 (-165円)

12/21  8503円 (+60円)

12/18  8443円 (+11円)

12/17  8432円 (+44円)

12/16  8388円 (+28円)

12/15  8360円 (-99円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,435円/g


13:00現在の金相場は1トロイオンス1949.15ドル、パラジウムは2399.50ドル、為替は1$103円04銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月05日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金7,124円(+183円)、パラジウム8,827円(+33円)、銀101.75円(+4.18円)、プラチナ3,934円(+100円)と、連休明けの国内貴金属は軒並み値を伸ばし一段高へ。金は年末年始のNY相場が堅調に推移し、4日の終値では約2ヶ月ぶりの高値を更新するなど一段高となった事を映し、国内でも急伸し3日続伸。昨年11月9日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を付けたほか、銀も+4%超と急騰し、昨年9月18日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値を更新。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を伸ばし共に4営業日続伸。パラジウムは昨年12月3日相場以来(約1ヶ月ぶり)、プラチナは昨年2月21日相場(約10ヶ月半)ぶりの高値を付け、価格水準を切り上げる展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2021年01月05日年明け4日 海外貴金属相場

【4日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1946.60ドル(+51.50ドル)

銀:2736.40セント(+95.20セント)

パラジウム:2391.20ドル(-62.60ドル)

プラチナ:1071.50ドル(-7.70ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5843件 277~280件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら