相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6893件 149~152件目を表示

2022年06月24日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金8,768円(-120円)、パラジウム8,168円(-88円)、銀103.29円(-2.64円)、プラチナ4,481円(-93円)と、国内貴金属はNY相場の値動きを映し、総じてマイナス圏での値動きに。金はNY相場が売り優勢となった事を受け、国内でもマイナス圏で推移し5営業日ぶりに反落。前日までの連騰が一服したほか、銀も値を下げ続落。また、白金族のパラジウム・プラチナも値を落とし、パラジウムは4営業日ぶりに反落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2022年06月24日23日海外貴金属相場

【23日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1829.80ドル(-8.60ドル)

銀:2104.20セント(-37.90セント)

パラジウム:1824.10ドル(-13.80ドル)

プラチナ:904.40ドル(-22.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2022年06月23日国内貴金属はまちまちの展開に↑↓金は4日続伸し約1週間半ぶりの高値となり、パラジウムは値動き無しの横ばい。

【金相場】22日のNY金相場は、横ばい圏ながら小安く推移し3営業日続落。中心限月の8月限は1トロイオンス1838.40ドル(-0.40ドル)と、小幅に値を下げて取引きを終了。パウエルFRB議長は上院銀行委員会の証言で、歴史的な高インフレ抑制に向けて利上げを継続する意向を改めて表明。積極的な金融引き締め政策への警戒感から、金への資金流入が鈍った。ただ取引終盤にかけては、米長期金利の低下に伴い対ユーロでドルが下落。ドル建て商品である金の割安感が意識され、下値では買いも入りもみ合いの展開となった。世界的なインフレ高進への警戒感が強まる中、同日にはバーキン・リッチモンド連銀総裁やエバンズ・シカゴ連銀総裁、ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁らの講演が予定されており、FRB高官の発言に注目が集まっている。

国内の金相場は、NY市場では小幅安で引けるも、円安要因から国内ではプラス圏で推移し4日続伸。買取ベースでは1gあたり8,778円(+18円)と、13日相場以来およそ1週間半ぶりの高値となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

06/23  8,778円 (+18円)

06/22  8,760円 (+34円)

06/21  8,726円 (+3円)

06/20  8,723円 (+103円)

06/17  8,620円 (-24円)

06/16  8,644円 (+45円)

06/15  8,599円 (+15円)

06/14  8,584円 (-275円)

06/13  8,859円 (+171円)

06/10  8,688円 (-42円)

10日間の金相場平均価格:8,698円/g


【パラジウム相場】22日のNYパラジウム相場は、世界的な景気減速への警戒感からリスク回避ムードに押され反落。中心限月の9月限は1トロイオンス1837.90ドル(-24.80ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は22日、上院銀行委員会の証言で「インフレ低下に向け、しっかり取り組む」と述べ、利上げを継続する意向を改めて表明した。急速なペースでの利上げに伴う景気後退の可能性が意識され、原油や株式相場が軟調となる中、パラジウムも連安となり売りが優勢となった。

国内のパラジウム相場は、NY相場では売りが優るも、為替が円安に傾斜した事から下げを埋めて横ばい推移。買取では1gあたり8,817円(±0円)と、値動きなしの展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

06/23  8,817円 (±0円)

06/22  8,817円 (+83円)

06/21  8,734円 (+44円)

06/20  8,690円 (-22円)

06/17  8,712円 (±0円)

06/16  8,712円 (+99円)

06/15  8,613円 (+148円)

06/14  8,465円 (-555円)

06/13  9,020円 (+16円)

06/10  9,004円 (-159円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,758円/g


11:20現在の金相場は1トロイオンス1845.90ドル、パラジウムは1853.70ドル、為替は1$135円0銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2022年06月23日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金8,888円(+19円)、パラジウム9,256円(±0円)、銀105.93円(-1.10円)、プラチナ4,574円(-44円)と、国内貴金属はまちまちな展開に。金はNY市場では横ばい圏ながら小幅安で推移したものの、国内では円安要因からプラス圏で推移し4日続伸。前日同様に13日相場以来およそ1週間ぶりの高値となった一方、銀・プラチナはマイナス圏に転じ反落。なお、パラジウムは値動き無しの横ばい推移となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6893件 149~152件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら