相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5689件 141~144件目を表示

2020年12月21日国内貴金属はプラチナを除いて上伸↑金は約1ヶ月ぶりの高値となり、パラジウムも4日続伸と上げ幅を拡大。

【金相場】週末18日のNY金相場は、横ばい圏ながら小幅に下振れ反発。中心限月の2月限は1トロイオンス1888.90ドル(-1.50ドル)と、4営業日ぶりに小反落して取引きを終了。ただ、週間では+45.30ドル(+2.4%)と、3週連続のプラスとなった。米金融緩和策の長期化観測を背景としたドル売り圧力が和らぎ、この日の外国為替市場ではドルがユーロなどの主要通貨に対して上昇。これを受けてドル建ての金商品に割高感が生じ、相場は早朝にかけて軟調に推移した。また、新型コロナウイルスのワクチン普及で、長期的な景気の持ち直しが意識された事も圧迫材料となった。しかし、現行の暫定予算の期限切れを控え、米経済対策協議が引き続き注目されると相場は次第に買い戻しに反転。以降は市場に様子見ムードが広がり、引けにかけて前日終値水準でもみ合う展開となった。

国内の金相場は、堅調地合いが継続し4日続伸。買取ベースでは1gあたり6,857円(+28円)と、月初来高値を抜いて、11月18日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

12/21  6,857円 (+28円)

12/18  6,829円 (+49円)

12/17  6,780円 (+46円)

12/16  6,734円 (+65円)

12/15  6,669円 (-33円)

12/14  6,702円 (-21円)

12/11  6,723円 (-8円)

12/10  6,731円 (-98円)

12/09  6,829円 (+20円)

12/08  6,809円 (+90円)

12/07  6,719円 (+13円)

10日間の金相場平均価格:6,766円/g



【パラジウム相場】週末18日のNYパラジウム相場は、ドル高に押される場面もあったが、テクニカル要因から買いが強まり急反発。中心限月の3月限は1トロイオンス2372.00ドル(+24.50ドル)と、中心終値では2日相場(2408.20ドル)以来およそ2週間半ぶりの高値に戻して取引きを終了。米金融緩和策の長期化観測を背景としたドル売り圧力が和らぎ、この日の外国為替市場ではドルがユーロなどの主要通貨に対して上昇。ドル建てのパラジウムは金など他貴金属同様に序盤は売りが先行した。一方、米国で今週接種が始まったファイザー製に続き、モデルナの新型コロナワクチンが2例目として近く承認される見通しとなった事で、長期的な景気の持ち直しが意識されるとパラジウムは買い戻しに反転。テクニカル要因もあって相場は一時2398ドルと、節目の2400ドル目前まで急騰する場面もあった。

国内のパラジウム相場は、一段高となった週末のNY相場を映し上げ幅を拡大。買取では1gあたり8,503円(+60円)と、4営業日続伸。11日相場以来およそ2週間ぶりの高値となり、同日ぶりに8,500円台に乗せる展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/21  8503円 (+60円)

12/18  8443円 (+11円)

12/17  8432円 (+44円)

12/16  8388円 (+28円)

12/15  8360円 (-99円)

12/14  8459円 (-55円)

12/11  8514円 (+231円)

12/10  8283円 (-143円)

12/09  8426円 (-28円)

12/08  8454円 (-110円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,426円/g


12:30現在の金相場は1トロイオンス1903.50ドル、パラジウムは2384.75ドル、為替は1$103円42銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年12月21日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金6,966円(+28円)、パラジウム8,756円(+61円)、銀97.46円(+0.22円)、プラチナ3,859円(-11円)と、国内貴金属はプラチナを除いて堅調地合いが継続。金は週末のNY相場では小幅安に転じるも、国内では上げ幅を拡大し4日続伸。月初来高値を抜いて、11月18日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値を更新したほか、銀も4連騰し9月18日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を継続。また、白金族のパラジウムも堅調に推移し4日続伸。11日相場以来およそ2週間ぶりの高値となり、同日ぶりに8,700円台に浮上しました。なお、プラチナは唯一マイナス圏に転じ反落しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年12月19日週末18日 海外貴金属相場

【18日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1888.90ドル(-1.50ドル)

銀:2603.30セント(-14.80セント)

パラジウム:2372.00ドル(+24.50ドル)

プラチナ:1043.10ドル(-7.00ドル)


本日は当社定休日のため、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年12月18日約1ヶ月ぶりの高値となったNY相場を映し、国内金相場も3連騰し上げ幅を拡大↑

【金相場】17日のNY金相場は、ドル安による割安感が意識されたほか、米経済対策協議で合意が近いとの楽観が買いを促し急騰。中心限月の2月限は1トロイオンス1890.40ドル(+31.30ドル)と、3営業日続伸し、中心終値では11月6日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値を更新して取引きを終了。前日引け後に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では、政策金利の長期据置きや、米国債などを買い入れる量的緩和策を「雇用最大化と物価安定の目標へ十分前進するまで続ける」とした長期方針を発表した。これを受けて外国為替市場では、この日もドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される金は割安感から買いが優勢となり序盤より買いが膨らんだ。また、米追加経済対策法案が週内にも成立すると見られ、大規模な財政出動による物価上昇観測から金にインフレヘッジとしての買いが入っている事で買いが旺盛となり上げ幅を拡大。相場は一時1902ドルと、節目の1900ドル台まで上値を伸ばし一段高となった。その後、ドル安一服を受けやや上値を重くする場面もあったが、予想外に低調だった米国経済指標(新規失業保険申請・フィラデルフィア連銀製造業指数)を受け金買い地合いが継続し、この日は約1ヶ月ぶりの高値圏で引けた。

国内の金相場は、約1ヶ月ぶりの高値となるなど一段高となったNY相場を映し3日上伸。買取ベースでは1gあたり6,829円(+49円)と、11月18日相場来の高値を付けていた9日相場(6,829円)と並び、約1ヶ月ぶりの高値圏まで再浮上しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

12/18  6,829円 (+49円)

12/17  6,780円 (+46円)

12/16  6,734円 (+65円)

12/15  6,669円 (-33円)

12/14  6,702円 (-21円)

12/11  6,723円 (-8円)

12/10  6,731円 (-98円)

12/09  6,829円 (+20円)

12/08  6,809円 (+90円)

12/07  6,719円 (+13円)

12/04  6,706円 (+2円)

10日間の金相場平均価格:6,753円/g



【パラジウム相場】17日のNYパラジウム相場は、売り買いが交錯する中、小幅に値を落とし反落。中心限月の3月限は1トロイオンス2347.50ドル(-0.70ドル)と、横ばい圏ながら3営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では量的緩和の長期化を示唆したことをきっかけに、外国為替市場で対主要通貨でのドル売りが加速し、パラジウムも他貴金属同様に割安感が意識され買いが旺盛となった。一方で、新型コロナウイルスの感染者、死亡者いずれも米国で記録を更新し続け、活動制限を強化する動きが広がっていることが意識され相場は次第に売りに反転。また、発表された米国経済指標が冴えない内容となった事も相場の重しとなった。ただ、追加の米経済対策が週内に成立するとみられ景気回復に伴う需要増が意識されたほか、原油高や株高、約1ヶ月ぶりの高値を付けた金相場の急騰を眺めて、底堅い動きとなった。

国内のパラジウム相場は、堅調地合いを維持し上げ幅を拡大。買取では1gあたり8,443円(+11円)と、3営業日続伸となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/18  8443円 (+11円)

12/17  8432円 (+44円)

12/16  8388円 (+28円)

12/15  8360円 (-99円)

12/14  8459円 (-55円)

12/11  8514円 (+231円)

12/10  8283円 (-143円)

12/09  8426円 (-28円)

12/08  8454円 (-110円)

12/07  8564円 (+84円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,432円/g


10:45現在の金相場は1トロイオンス1890.20ドル、パラジウムは2351.80ドル、為替は1$103円28銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5689件 141~144件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら