相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5417件 141~144件目を表示

2020年08月20日国内金相場は4営業日ぶりに反落し上昇が一服した一方、パラジウムは堅調地合いを維持し4営業日続伸↑

【金相場】19日のNY金相場は、ドルの上昇などをきっかけに利食い売りが活発化し3営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1970.30ドル(-42.80ドル)と、3営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。朝方の金相場は2000ドルの節目付近で小動きな展開となる中、世界的な株高基調やドル相場の下げ止まりを眺め、利益確定の売りがやや先行していた。その後、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を午後に控え、外国為替市場でドルの買い戻しが活発になると、ドル建てで取引される金商品は割高感に押され軟調となった。また、トランプ米政権と議会の間で調整が難航している追加経済対策について、5000億ドル程度の小規模な救済案で合意する可能性が伝わったことも、投資家のリスク警戒感を和らげ、金相場の圧迫材料となった。
その後、引け後に米連邦準備理事会(FRB)が発表したFOMC議事要旨(7月28~29日開催分)では、コロナ感染による米経済への悪影響が「中期的には経済見通しにとってかなり深刻なリスクになる」との見解で一致していたことがわかり、米景気回復の遅れが懸念された。一方、長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)など、新たな緩和策に前向きではないことが分かり、発表後は下げ幅を広げる展開となった。

国内の金相場は、ドル高要因や利確売りに押されたNY相場を映し反落。買取ベースでは1gあたり7,200円(-214円)と、4営業日ぶりに値を下げ、上昇一服となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

08/20  7200円 (-214円)

08/19  7414円 (+29円)

08/18  7385円 (+125円)

08/17  7260円 (+53円)

08/12  7207円 (-353円)

08/11  7560円 (-116円)

08/07  7676円 (+117円)

08/06  7559円 (+43円)

08/05  7516円 (+152円)

08/04  7364円 (-8円)

10日間の金相場平均価格:7,414円/g


【パラジウム相場】19日のNYパラジウム相場は、ドルの買い戻しや利益確定売りに押され続落。中心限月の12月限は1トロイオンス2179.10ドル(-49.20ドル)と、マイナス圏で推移して取引きを終了。この日はのパラジウムは、時間外取引では利確売りが先行して安寄りした。また、外国為替市場ではドルが主要通貨に対して上昇した事を受け、ドル建てのパラジウムは割高感が意識されたほか、軟調な他貴金属の値動きを眺めてパラジウムも連れ安となった。一方、ニューヨーク市の新型コロナウイルスの陽性率が、3月に感染のパンデミックが始まって以降では最も低くなった事や、フロリダ州でも感染者数の増加率が鈍化した事が好感され下支えられる場面もあったが、午後に控えたFOMC議事要旨を見極めたいとした様子見ムードから手仕舞い売りに押され、そのままマイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、堅調地合いを維持し4営業日続伸。買取では1gあたり8,030円(+11円)と、11日相場ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

08/20  8030円 (+11円)

08/19  8019円 (+44円)

08/18  7975円 (+33円)

08/17  7942円 (+203円)

08/12  7739円 (-484円)

08/11  8223円 (+28円)

08/07  8195円 (+187円)

08/06  8008円 (+203円)

08/05  7805円 (+55円)

08/04  7750円 (+50円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,969円/g


14:15現在の金相場は1トロイオンス1961.80ドル、パラジウムは2194.55ドル、為替は1$106円07銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月20日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金7,293円(-214円)、パラジウム8,283円(+11円)、銀102.74円(-2.75円)、プラチナ3,592円(-51円)と、国内貴金属はパラジウムを除いて上昇が一服。金はドル高要因や利確売りに押されたNY相場を映し、国内でもマイナス圏に反転し4営業日ぶりに反落したほか、銀も同様に4営業日ぶりに値を下げ反落。また、プラチナも値を落とし3営業日ぶりにマイナス圏に反転した一方、パラジウムは唯一の上昇となり4営業日続伸となりました。なお、パラジウムは8月に入って+418円(+5.2%)と価格水準を切り上げており、12日相場を除いた全日で上昇中。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月20日19日 海外貴金属相場

【19日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1970.30ドル(-42.80ドル)

銀:2734.00セント(-73.50セント)

パラジウム:2179.10ドル(-49.20ドル)

プラチナ:956.30ドル(-19.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年08月19日国内貴金属は軒並み堅調地合いを維持し上伸↑パラジウムは3日続伸し、大台の8,000円台に再浮上。

【金相場】18日のNY金相場は、ドル安・ユーロ高に伴う割安感から買われ続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス2013.10ドル(+14.40ドル)と、10日相場ぶりの高値となり、同日ぶりに大台の2000ドル台に乗せて取引きを終了。ドルの総合的な価値を示すドル指数が2018年5月以来(約2年3カ月ぶり)の水準に下落するなど、ドル安が進行してる事を受け、金商品は割安感から買われやすく序盤より堅調となった。また、米連邦準備制度理事会(FRB)が低金利政策を続ける見通しであるほか、米中の緊張再燃で逃避需要が高まった事も支援材料となり上げ幅を拡大。相場は一時2024ドル超まで買われるなど一段高となった。ただ、一部で利益を確定する売りや、FRBの19日に発表する米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨への様子見も広がった事で、買い一巡後は小動きな展開となった。

国内の金相場は、買いが継続したNY相場を映し上伸。買取ベースでは1gあたり7,414円(+29円)と、3日続伸し、7,400円台に値戻す展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

08/19  7414円 (+29円)

08/18  7385円 (+125円)

08/17  7260円 (+53円)

08/12  7207円 (-353円)

08/11  7560円 (-116円)

08/07  7676円 (+117円)

08/06  7559円 (+43円)

08/05  7516円 (+152円)

08/04  7364円 (-8円)

08/03  7372円 (+176円)

10日間の金相場平均価格:7,431円/g


【パラジウム相場】18日のNYパラジウム相場は、全体的に小動きな流れの中、小幅安に転じ小反落。中心限月の9月限は1トロイオンス2228.30ドル(-5.50ドル)と、小幅ながらマイナス圏に転じて取引を終了。この日のパラジウムは、急反発した前日相場の反動から序盤より反落し安寄りした。その後、ドル安の進行や、他貴金属の上昇を受け買い戻しに転じるも、一部で利確売りが出た事や、FOMCの議事要旨を控えて手じまい売りとなり、結局小幅安で引けた。

国内のパラジウムは、堅調地合いを維持し3日続伸。買取では1gあたり8,019円(+44円)と、大台の8,000円台に乗せ、11日相場以来およそ1週間ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

08/19  8019円 (+44円)

08/18  7975円 (+33円)

08/17  7942円 (+203円)

08/12  7739円 (-484円)

08/11  8223円 (+28円)

08/07  8195円 (+187円)

08/06  8008円 (+203円)

08/05  7805円 (+55円)

08/04  7750円 (+50円)

08/03  7700円 (+88円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,936円/g


13:25現在の金相場は1トロイオンス2006.80ドル、パラジウムは2199.65ドル、為替は1$105円57銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5417件 141~144件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら