相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5099件 949~952件目を表示

2019年04月10日国内貴金属は金を除いて反落↓パラジウムは前日の上げを戻した一方、金は小幅続伸し約2週間ぶりの高値を更新↑

【金相場】9日のNY金相場は、ドル安の流れやリスク回避姿勢の高まりを背景に買いを集め上伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1308.30ドル(+6.40ドル)と、3営業日続伸し、前日同様に中心終値では3月27日相場以来およそ2週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。米政府のボーイングへの補助金に対し、欧州連合(EU)が報復関税を準備していると表明したことを受け、米欧の貿易摩擦が激化するとの見方が強まり、リスクテーク意欲が減退。外国為替市場ではドル安が進んだ事で、金への買いが旺盛となり序盤より堅調となった。また、リビア情勢の緊張から地政学的リスクが高まった事や、国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しが弱気となり、株安が加速した事も、金にとっては買い材料となり上げ幅を拡大した。一方、トランプ大統領の利下げ要求を受け、10日公表のFOMC議事要旨で金融当局がハト派に一段と傾斜したか否かにも注目が集まり、買い一巡後は様子見の模様となった。

国内の金相場は、買い優勢となったNY相場を映して上伸。小売ベースでは1gあたり5,086円(+8円)と、前日同様に先月27日相場以来およそ2週間ぶりの高値となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

04/10  5086円 (+8円)

04/09  5078円 (+18円)

04/08  5060円 (-1円)

04/05  5061円 (+14円)

04/04  50247円 (+14円)

04/03  5033円 (+9円)

04/02  5024円 (+7円)

04/01  5017円 (+19円)

03/29  4998円 (-57円)

03/28  5055円 (-37円)

直近10日間の金相場平均価格:5,046円/g


【パラジウム相場】9日のNYパラジウム相場は、引き続き堅調地合いとなり3日続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1362.60ドル(+9.50ドル)と、約1週間ぶり(3日相場来)の高値に戻して取引きを終了。この日、外国為替市場ではドル安が進んだことから割安感が意識され序盤より買いが先行した。また、金の上昇や持ち高調整目的の買いが膨らみ、相場は一時1373ドル超まで上げ幅を拡大した。その後、リスク回避姿勢の高まりから、株価が下落した事でパラジウムも上値を重くするも、堅調な他貴金属やドル安要因が支えとなり、そのまま買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、NY市場では引き続き買い優勢で引けるも、為替要因から国内ではマイナス圏に転じ反落。小売では1gあたり5,448円(-22円)と、前日の上げをそのまま戻す展開となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

04/10  5448円 (-22円)

04/09  5470円 (+22円)

04/08  5448円 (±0円)

04/05  5448円 (-108円)

04/04  5556円 (-76円)

04/03  5632円 (+6円)

04/02  5626円 (+162円)

04/01  5464円 (+113円)

03/29  5351円 (-313円)

03/28  5664円 (-367円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,511円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。13:10現在の金相場は1トロイオンス1305.40ドル、パラジウムは1368.15ドル、為替は1$111円15銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月10日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,086円(+8円)、パラジウム5,448円(+22円)、銀61.66円(-0.44円)、プラチナ3,504円(-78円)と、国内貴金属はプラチナを除いて上昇。金は週明けのNY相場が上昇した事を映して、国内でもプラス圏で推移反発。先月27日相場以来およそ2週間ぶりの高値となったほか、銀も値を上げ金同様に3月27日相場ぶりの高値に回復。また、本日パラジウムも堅調に推移し4営業日ぶりに上昇に転じた一方、プラチナはマイナス圏に転じ7営業日ぶりに反落しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月10日9日 海外貴金属相場

【9日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1308.30ドル(+6.40ドル)

銀:1521.10セント(-0.50セント)

パラジウム:1362.60ドル(+9.50ドル)

プラチナ:899.30ドル(-13.60ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年04月09日国内貴金属はプラチナを除いて上昇↑金は約2週間ぶりの高値となり、パラジウムは4営業日ぶりに反発。

【金相場】週明け8日のNY金相場は、中国が安定したペースで金を購入していることに加え、ドル安も追い風となり上伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1301.90ドル(+6.30ドル)と、中心終値では3月27日相場以来およそ2週間ぶりの高値となり、同日ぶりに節目の1300ドルに戻して取引きを終了。この日の金相場は、外国為替市場でドル安が進んだことを背景に序盤より買いが先行し小高く推移した。また、中国人民銀行(中央銀行)が7日、3月に外貨準備のうち金の保有量を増やしたと公表。今年は中央銀行による金の購入が続くとの思惑が買いを後押しし、1300ドル台に乗せると一時1307.90ドルまで上げ幅を拡大した。その後、ドル安一服を受けてやや上値を縮小するも、米国株の下げが意識され、プラス圏を維持して取引きを終えた。市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策スタンスの手掛かりを得ようと、10日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録に関心が集まっている。

国内の金相場は、買い優勢となった週明けのNY相場を映して上昇。小売ベースでは1gあたり5,078円(+18円)と、3月27日相場以来およそ2週間ぶりの高値となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

04/09  5078円 (+18円)

04/08  5060円 (-1円)

04/05  5061円 (+14円)

04/04  50247円 (+14円)

04/03  5033円 (+9円)

04/02  5024円 (+7円)

04/01  5017円 (+19円)

03/29  4998円 (-57円)

03/28  5055円 (-37円)

03/27  5092円 (-1円)

直近10日間の金相場平均価格:5,047円/g


【パラジウム相場】週明け8日のNYパラジウム相場は、ドル安や他貴金属の上昇に促され買い優勢の展開に。中心限月の6月限は1トロイオンス1353.10ドル(+7.20ドル)と、続伸して取引きを終了。この日のパラジウムは、前週末相場同様に安値拾いが入った事から、序盤より買いが先行し上昇した。また、外国為替市場ではドル安・ユーロ高が進行した事から、ドル建てのパラジウムは割安感が意識されたほか、堅調となった金やプラチナなど他貴金属の上昇も意識され、一時1364.30ドルまで上値を伸ばす場面もあった。その後、一部で利益確定売りが出たことや、ドル安一服、株安の流れが上値を重くするも、押し目買いに下値を支えられ、この日も買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、堅調地合いが継続した週明けのNY相場を映して上昇。小売では1gあたり5,470円(+22円)と、4営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

04/09  5470円 (+22円)

04/08  5448円 (±0円)

04/05  5448円 (-108円)

04/04  5556円 (-76円)

04/03  5632円 (+6円)

04/02  5626円 (+162円)

04/01  5464円 (+113円)

03/29  5351円 (-313円)

03/28  5664円 (-367円)

03/27  6031円 (-81円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,569円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:05現在の金相場は1トロイオンス1303.55ドル、パラジウムは1348.90ドル、為替は1$111円30銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5099件 949~952件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら