相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6374件 5537~5540件目を表示

2015年10月02日米の雇用統計への様子見から金相場は小幅続落↓一方、パラジウムは今後の需要増加を意識され一段高へ↑

【金相場】1日のNY金相場は、2日に発表される9月の米雇用統計を控え様子見ムードが広がる中、持ち高調整を目的とした売りに押され小幅続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1113.70ドル(-1.50ドル)と、ほぼ横ばい圏ながら小幅に値を下げ、5日続落して取引きを終了。序盤の金相場は、朝方発表された米の経済指標(9月のISM製造業景況指数)が、市場予想を下回り低調な内容となった事から、外為市場ではドルがユーロに対して売られた事による割安感や、景気の先行きに対する警戒感から買いが先行した。また、米の株価が軟調に推移した事による資金流入もあって上げ幅を拡大。一時この日の高値1118.50ドルまで上昇する場面もあった。ただ、米雇用統計の発表を2日に控え、積極的な商いを手控える向きが強かったほか、前日に発表されたADP雇用関連指数が良好な内容となった事による警戒感から、買い一巡後は売り戻しが優勢となり、結局小幅安で取引きを終えた。市場では、年内利上げの可能性を見極めたいとの思惑から、2日の雇用統計内容に注目が集まっている。

国内の金相場はほぼ横ばいながら小幅に値を下げたNY市場を映して続落。小売ベースでは1gあたり4,685円(-6円)と、小幅ながら値を下げ5日続落となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

10/02   4685円 (-6円)

10/01   4691円 (-43円)

09/30   4734円 (-15円)

09/29   4749円 (-87円)

09/28   4836円 (-4円)

09/25   4840円 (+67円) ※最高値

09/24   4773円 (+23円)

09/18   4750円 (+14円)

09/17   4736円 (+73円)

09/16   4663円 (-18円) ※最安値

直近10営業日の金相場平均価格:4,746円/g





【パラジウム相場】1日のNYパラジウム相場は、引き続きガソリン車需要への増加観測や、米の自動車販売数の増加を好感され急反発。中心限月の12月限は1トロイオンス679.40ドル(+28.45ドル)と、中心終値では先月25日に付けた直近高値(667.60ドル)を上抜いて、7月2日相場(694.15ドル)以来3カ月ぶりの高値で取引きを終了。この日のパラジウムは、売りが優った昨日相場の反動から買い戻しが入ったほか、発表された中国の製造業PMIが上昇した事を好感され序盤より堅調に推移した。また、ガソリン価格の低下を背景に米の自動車販売台数が2005年7月以来(およそ10年ぶり)の高水準となった事を好感されたほか、引き続きドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正操作問題から、ガソリン車需要の増加を見込んだ買いに支えられ上げ幅を拡大。一時この日の高値682.55ドルまで上昇した。その後は、株安や、原油相場の反落、軟調に推移している金・プラチナの値動きを眺め、パラジウムも上値を抑えられる場面もあったが、ドル安による割安感から買いを集め、引けまで高値圏を維持して取引きを終えた。他貴金属が軟調に推移した中、需要増加を背景に価格水準を一段切り上げたこの日のパラジウムは、7月2日相場以来(3ヶ月ぶり)の高値となった。

国内のパラジウムは海外相場が急騰した事を受けて、大きく値を伸ばし反発。買取では1gあたり2,921円(+92円)と、直近高値を付けた先月28日相場(2,884円/g)を上抜き、小売りでは2,900円台に乗せるなど、7月15日相場以来の高値となりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

10/02   2921円 (+92円) ※最高値

10/01   2829円 (-16円)

09/30   2845円 (+43円)

09/29   2802円 (-82円)

09/28   2884円 (+55円)

09/25   2829円 (-38円)

09/24   2867円 (+232円)

09/18   2635円 (-43円)

09/17   2678円 (+49円)

09/16   2629円 (+54円) ※最安値

直近10日間のパラジウム相場平均価格:2,792円/g



現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:00現在の金相場は1トロイオンス1113.30ドル、パラジウムは677.75ドル、為替は1$120円00銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年10月02日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,685円(-6円)、パラジウム2,921円(+92円)、銀63.72円(±0円)、プラチナ3,889円(-17円)と、国内貴金属は海外相場の値動きを映して売り買いまちまち。金はほぼ横ばいながら引き続きNY市場が軟調に推移した事を映して、国内でも小幅に値を下げ5日続落。銀は前日比変わらずとなり、プラチナは引き続き売りが優勢となり続落。一方、パラジウムは今後の需要増加を見込んだ買いや、米国の自動車販売台数の増加を受けて海外相場が急反発。国内でも大きく値を上げ先月28日に付けた直近高値を上抜いて、7月15日相場以来の高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年10月02日1日 海外貴金属相場

【1日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1113.70ドル(-1.50ドル)

銀:1451.10セント(-0.70セント)

パラジウム:679.40ドル(+28.45ドル)

プラチナ:905.20ドル(-3.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年10月01日16:10現在の金・パラジウム・為替相場

16:10現在の金相場は1トロイオンス1113.75ドル、パラジウムは656.90ドル、為替は1$120円10銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6374件 5537~5540件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら