相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5104件 3869~3872件目を表示

2016年03月04日18:00現在の金・パラジウム・為替相場

18:00現在の金相場は1トロイオンス1270.15ドル、パラジウムは543.60ドル、為替は1$113円76銭前後の値動きで推移しております。

明日土曜日は当社定休日のため、休業となっております。また、今夜は米の雇用統計発表が控えており、内容によっては貴金属・為替相場共に大きく値動く場合が御座いますので、週明けの相場動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年03月04日海外相場高を映して、国内貴金属は上昇↑金は8か月ぶりの高値を付け、パラジウムは5日続伸。

【金相場】3日のNY金相場は、低調な内容となった米国経済指標や、ドル安・ユーロ高を背景に買いが強まり大幅続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1258.20ドル(+16.40ドル)と、年初来高値を更新し、中心終値では2015年2月5日(1262.70ドル)以来およそ1年1カ月ぶりの高値を付けて取引きを終了。この日の金相場は、全体的に冴えない内容となった米の経済指標を受けて金買いが活発化。ドル安の進行による割安感も魅力に映り堅調地合いとなった。労働省が朝方発表した米国週間新規失業保険申請件数が市場予想を上回り増加した事や、1月製造業受注が予想を下回る伸びにとどまったほか、2月ISM非製造業景況指数(総合)が前月から低下し、同雇用指数も悪化したことを受けて、ドル安・ユーロ高となるなかで金は上げ幅を拡大。また、最近の指標悪化を受けて、同国景気への懐疑的な見方や、世界的な景気先行き不安がくすぶる中、安全資産としての金に資金が流入しやすくなっている事も上昇を後押しする要因となった。その後、この日の高値1261.30ドルを付けた後は、翌4日の雇用統計に関心が移りはじめ小動きな展開となるも、引けまで高値圏を維持して取引きを終えた。

国内の金相場は、一段高となった海外相場を映して大幅続伸。小売ベースでは1gあたり5,011円(+75円)と、連日で年初来高値を上抜き、昨年7月7日相場以来およそ8ヶ月ぶりの高値を付けました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

03/04   5011円 (+75円) ※最高値

03/03   4936円 (+29円)

03/02   4907円 (+18円)

03/01   4889円 (+22円)

02/29   4867円 (-25円)

02/26   4892円 (+74円)

02/25   4818円 (-12円)

02/24   4830円 (+49円)

02/23   4781円 (-58円) ※最安値

02/22   4839円 (-40円)

直近10日間の金相場平均価格:4,877円/g


【パラジウム相場】3日のNYパラジウム相場は、ドル安や他貴金属の上昇を好感され大幅反発。中心限月の6月限は1トロイオンス542.20ドル(+26.90ドル)と大きく反発し、年初の1月4日に付けた544.20ドル以来およそ2ヶ月ぶりの高値を付けて取引きを終了。この日のパラジウムは、売りが優った前日相場の反動から序盤より買いが先行。また、中国株が上昇するなど安心感が伝わった事や、ドルがユーロに対して軟調に推移していた事も材料視され相場はプラス圏で推移した。一方で、発表された米の経済指標が軒並み低調な内容となった事が意識されるも、外為市場ではドル売り・ユーロ買いが進行した事が割安感を与え、相場は急伸。同様に値を伸ばした金やプラチナの値動きを眺めた追随買いや、テクニカル要因から買われ上げ幅を拡大。年初に付けた高値圏まで急騰するなど一段高となった。その後は、ドルや、原油相場、株式市場の値動きを眺めて売り買いが交錯するも、引けまで堅調地合いを維持して取引きを終えた。

国内のパラジウムは、急騰したNY市場を映して上げ幅を拡大。小売では1gあたり2,224円(+86円)と、直近では最長の5日連続高(1月19日-25日相場来)と、先月2日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値に値戻しましました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

03/04   2224円 (+86円) ※最高値

03/03   2138円 (+5円)

03/02   2133円 (+103円)

03/01   2030円 (+5円)

02/29   2025円 (+22円)

02/26   2003円 (±0円)

02/25   2003円 (-43円) ※最安値

02/24   2046円 (-6円)

02/23   2052円 (-10円)

02/22   2062円 (-27円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:2072円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:40現在の金相場は1トロイオンス1262.70ドル、パラジウムは541.05ドル、為替は1$113円68銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年03月04日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,011円(+75円)、パラジウム2,224円(+86円)、銀62.96円(+0.86円)、プラチナ3,832円(+51円)と、国内貴金属は堅調地合いとなった海外相場高を映して総じて上昇。金はNY相場がおよそ1年1ヶ月ぶりの高値を付けるなど一段高となった事から、国内相場も堅調に推移。連日で年初来高値を上抜き、昨年7月7日相場以来およそ8ヶ月ぶりの高値を更新。また、パラジウムも5日続伸し上げ幅を拡大。NY相場が年初の高値水準まで戻した事を映して、国内でも一段高となり先月2日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値へ。その他、銀は3日上伸し、プラチナはプラスに転じる展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2016年03月04日3日 海外貴金属相場

【3日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1258.20ドル(+16.40ドル)

銀:1514.60セント(+12.40セント)

パラジウム:542.20ドル(+26.90ドル)

プラチナ:942.70ドル(+6.50ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5104件 3869~3872件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら