相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5216件 517~520件目を表示

2019年12月19日国内金相場は値動き無しの横ばい推移となった一方、パラジウムは利確売りに押され続落↓

【金相場】18日のNY金相場は、ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感などに圧迫され小反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1478.70ドル(-1.90ドル)と、マイナス圏に反転して取引きを終了。新規の取引材料に乏しく、対ユーロでのドル相場の動きを眺めた商いが中心となった。この日の外国為替市場ではドル買い・ユーロ安がじりじりと進行。午前にドルがユーロに対して軟化した場面では金を買い戻す動きも見られ、一時プラス圏に浮上した。ただ、先週、米中両政府が貿易協議「第1段階」の正式合意を発表し、英国が来年1月末に欧州連合(EU)を離脱する見通しが強まったことで、市場ではリスク選好ムードが回復している事もあって、相場を圧迫された金は次第にマイナスサイドに反転した。しかし、いずれも最終決着していないことから、先行き不透明感は払拭されず、金相場は底堅さを保っている。また、米下院がこの日夜に行うトランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐる弾劾訴追案の採決を前に様子見姿勢も強く、全般的に商いは薄い展開となった。

国内の金相場は、前日比変わらずの展開に。買取ベースでは1gあたり5,670円(±0円)と、値動き無しの横ばい推移となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

12/19  5670円 (±0円)

12/18  5670円 (-1円)

12/17  5671円 (+13円)

12/16  5658円 (+34円)

12/13  5624円 (+4円)

12/12  5620円 (+30円)

12/11  5590円 (+25円)

12/10  5565円 (±0円)

12/09  5565円 (-55円)

12/06  5620円 (-11円)

10日間の金相場平均価格:5,625円/g


【パラジウム相場】18日のNYパラジウム相場は、前日同様にこのところの急騰に対する利確売りに押され続落。中心限月の3月限は1トロイオンス1896.20ドル(-22.40ドル)と、売り優勢で取引きを終了。米中貿易協議の合意や、英国への先行き不透明感が緩和するなど市場ではリスク選好ムードが回復する中、パラジウムは前週まで連日で最高値記録を更新するなど、このところの急騰に対する利確売りが優勢となり序盤より軟調となった。また、外国為替市場ではドル買いが進んだ事もあって、割高感が意識され易く相場の圧迫材料となった。

国内のパラジウムは、利確売りが出たNY相場を映して続落。買取では1gあたり7,403円(-61円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

12/19  7403円 (-61円)

12/18  7464円 (-148円)

12/17  7612円 (+159円)

12/16  7453円 (-44円)

12/13  7497円 (+242円)

12/12  7255円 (+44円)

12/11  7211円 (+72円)

12/10  7139円 (+27円)

12/09  7112円 (±0円)

12/06  7112円 (-5円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,326円/g


11:10現在の金相場は1トロイオンス1481.20ドル、パラジウムは1899.85ドル、為替は1$109円60銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月19日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,757円(±0円)、パラジウム7,601円(-60円)、銀68.86円(+0.11円)、プラチナ3,704円(+32円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はNY相場では小幅安に転じ反落するも、国内では値動きがなく前日比変わらずの横ばい。一方、パラジウムは、この所の急騰に対する利確売りに押され前日同様マイナス圏で推移した一方、銀・プラチナは値を上げ反発しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月19日18日海外貴金属相場

【18日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1478.70ドル(-1.90ドル)

銀:1704.90セント(-2.30セント)

パラジウム:1896.20ドル(-22.40ドル)

プラチナ:935.70ドル(+5.90ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2019年12月18日本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金5,757円(-1円)、パラジウム7,661円(-149円)、銀68.75円(-0.22円)、プラチナ3,762円(-6円)と、国内貴金属は高値反動から前日相場とは反転し総じてマイナス圏へ。金はNY相場では小幅高に転じるも、国内では小幅安に転じ6営業日ぶりに反落したほか、銀も6営業日ぶりに値を下げ反落。また、本日白金族のパラジウム・プラチナも共に値を下げ、パラジウムは前日の急騰から戻し最高値記録が一服。プラチナも小幅ながら前日の上げを値戻す展開となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5216件 517~520件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら