相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数5202件 481~484件目を表示

2020年01月07日地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金6,018円(+4円)、パラジウム7,892円(+121円)、銀72.60円(+0.11円)、プラチナ3,762円(-44円)と、国内貴金属はNY相場の値動きを映しプラチナを除いて堅調地合いが継続。金はNY相場がリスク回避から買われ約7年ぶりの高値まで急伸した事から、国内でも小幅ながらプラス圏で推移し3日続伸。前日に記録した歴代高値を上抜き、史上最高値を再更新したほか、銀も3日続伸し9月24日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値を更新。また、パラジウムはNY相場が一代高値を更新するなど価格水準を切り上げた事から、国内でも上げ幅を拡大し7,700円圏内に浮上。歴代最高値を記録した2019年12月17日相場を上抜き、史上最高値を更新しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月07日週明け6日 海外貴金属相場

【6日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1568.80ドル(+16.40ドル)

銀:1817.90セント(+2.80セント)

パラジウム:1989.60ドル(+33.90ドル)

プラチナ:966.20ドル(-24.10ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月06日16:15現在の金・パラジウム・為替相場

16:15現在の金相場は1トロイオンス1579.05ドル、パラジウムは1989.45ドル、為替は1$108円05銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2020年01月06日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は小売ベースで金6,014円(+137円)、パラジウム7,771円(+258円)、銀72.49円(+0.11円)、プラチナ3,806円(+59円)と、連休明けの国内貴金属は軒並み堅調に推移し一段高に。金は年末年始のNY相場がリスクオフから買われ約4ヶ月ぶりの高値まで急騰した事から、国内でも大幅高となり一代高値を更新。6,000円台を記録し昨年末27日に付けた歴代高値を上抜き、史上最高値を更新したほか、銀も値を伸ばし9月24日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値を更新。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ堅調となり、パラジウムは急伸。史上最高値を記録した2019年12月17日相場以来およそ3週間ぶりの高値を付けるなど価格水準を切り上げたほか、プラチナは2018年2月27日相場以来およそ1年10ヶ月ぶりの高値となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数5202件 481~484件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら