相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

相場情報

HOME > 相場情報

総数6208件 2501~2504件目を表示

2018年10月05日NY相場の値動きを映して、国内貴金属は総じてマイナス圏へ↓

【金相場】4日のNY金相場は、全体的に方向感に乏しく売り買いが交錯。中心限月の12月限は1トロイオンス1201.60ドル(-1.30ドル)と、横ばい圏ながら小幅続落して取引きを終了。この日の金相場は、売りが優勢となった前日相場の反動から序盤は買い戻しが入り上昇した。また、米国株安を受けてリスク回避目的の買いが入った事も相場を後押しし、一時1210.70ドルまで値を上げる場面もあった。ただ、その後はドル高再燃や、翌日の米国雇用統計発表を控えた手じまい売りも出た事で、午後にかけてマイナス圏に沈下した。

国内の金相場は、小幅ながら値を下げたNY相場を映して続落。小売ベースでは1gあたり4,787円(-19円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

10/05  4787円 (-19円)

10/04  4806円 (-5円)

10/03  4811円 (+53円)

10/02  4758円 (+4円)

10/01  4754円 (+49円)

09/28  4705円 (-22円)

09/27  4727円 (-32円)

09/26  4759円 (+23円)

09/25  4736円 (-30円)

09/21  4766円 (+31円)

直近10日間の金相場平均価格:4,761円/g


【パラジウム相場】4日のNYパラジウム相場は、ドル高や株安を背景に売りが優り反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1045.50ドル(-7.50ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。この日のパラジウムは、買いが優った前日相場の反動から序盤より売りが先行し小安く推移した。また、この日は米国株価が軟化した事や、ドルが堅調となった事も圧迫材料となったほか、このところの高値推移(1月下旬以来およそ8ヶ月ぶりの高値水準)による利益確定売りも出やすかった。途中、ドル高一服を受けて押し目を買われるも上昇は小幅となり、結局マイナス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、売り優勢となったNY相場を映して反落。小売では1gあたり4,260円(-27円)と、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

10/05  4260円 (-27円)

10/04  4287円 (+32円)

10/03  4255円 (-21円)

10/02  4276円 (-54円)

10/01  4330円 (-27円)

09/28  4357円 (+91円)

09/27  4266円 (+33円)

09/26  4233円 (±0円)

09/25  4233円 (+54円)

09/21  4179円 (+70円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,268円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:25現在の金相場は1トロイオンス1198.50ドル、パラジウムは1050.80ドル、為替は1$114円37銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年10月05日本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は小売ベースで金4,787円(-19円)、パラジウム4,260円(-27円)、銀60.69円(-0.33円)、プラチナ3,365円(-13円)と、国内貴金属は軟調となったNY相場を映して総じてマイナス圏で推移。金は小幅安に振れたNY相場を映して、国内でも値を落とし続落。また、銀・パラジウム・プラチナもそれぞれ値を下げ、銀とプラチナは金同様に続落し、パラジウムは反落となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年10月05日4日 海外貴金属相場

【4日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1201.60ドル(-1.30ドル)

銀:1459.00セント(-8.00セント)

パラジウム:1045.50ドル(-7.50ドル)

プラチナ:824.50ドル(-11.20ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2018年10月04日国内貴金属はパラジウムを除いて反落↓

【金相場】3日のNY金相場は、イタリア財政への不安が後退した事で、投資家心理が改善したほか、ドル高に相場を圧迫され反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1202.90ドル(-4.10ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。この日はイタリア政府が財政赤字や債務の削減にオープンな姿勢を示したことで、外国為替市場では未明にユーロ高・ドル安に振れて金は買いが先行した。しかし、その後は株式相場が上昇するなどリスクオンムードとなった事で、安全資産としての金買いは一服。加えて発表された米国経済指標(9月ADP雇用統計・9月ISM非製造業景況指数)が、それぞれ良好な内容となり、ドルが上昇する中で金は相場を圧迫され、結局マイナス圏で取引きを終えた。

国内の金相場は、ドル高に押されたNY相場を映して小幅安。小売ベースでは1gあたり4,806円(-5円)と、小幅ながらマイナス圏に転じ4営業日ぶりに反落しました。

《直近10日間の金相場価格推移(小売)》

10/04  4806円 (-5円)

10/03  4811円 (+53円)

10/02  4758円 (+4円)

10/01  4754円 (+49円)

09/28  4705円 (-22円)

09/27  4727円 (-32円)

09/26  4759円 (+23円)

09/25  4736円 (-30円)

09/21  4766円 (+31円)

09/20  4735円 (+13円)

直近10日間の金相場平均価格:4,756円/g


【パラジウム相場】3日のNYパラジウム相場は、イタリア財政への不安後退から、投資家心理が改善する中で買いが入り上昇。中心限月の12月限は1トロイオンス1053.00ドル(+2.30ドル)と、小幅ながら3営業日ぶりに反発して取引きを終了。イタリア政権は欧州連合(EU)に譲歩し、2021年の財政赤字を国内総生産(GDP)の2%に減らすことを約束する見込みと報じられた事から、外国為替市場ではユーロ買いが先行。割安感が意識されたほか、投資家心理が改善した事も追い風となり序盤より堅調に推移した。その後、発表された米国経済指標が良好な内容となり、ドル高に転じる場面では相場を圧迫されるも、米株式市場が過去最高値を更新するなど堅調となった事が下支えとなり、そのままプラス圏で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、買いが優ったNY相場を映して上昇。小売では1gあたり4,287円(+32円)と、4営業日ぶりに値を上げ反発しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(小売)》

10/04  4287円 (+32円)

10/03  4255円 (-21円)

10/02  4276円 (-54円)

10/01  4330円 (-27円)

09/28  4357円 (+91円)

09/27  4266円 (+33円)

09/26  4233円 (±0円)

09/25  4233円 (+54円)

09/21  4179円 (+70円)

09/20  4109円 (+81円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:4,253円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。12:15現在の金相場は1トロイオンス1198.50ドル、パラジウムは1050.80ドル、為替は1$114円37銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数6208件 2501~2504件目を表示

メールでのご注文はこちら

FAXでのご注文はこちら

歯科スクラップ金属の集荷手配(クロネコヤマト集荷依頼)はこちら